読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

面接官の優しい、優しすぎる態度は合格フラグ?脈あり?意地悪な厳しい態度は落ちるフラグなのか?

就職活動
【スポンサードリンク】

就活などで面接官の様子や態度というのはやはり気になります。面接官がどういう表情をしているか?とか、どういう仕草をしているか?でなんとなくその面接の結果が推測できそうな気がしますから。ただ、それは当たる保障があまりない気がするのです。これは私の体験談や他の人の体験談も合わせてのことですけど、面接官は合格フラグとかを出しているようで、あまり出していない気もするのです。面接官の言動や仕草を見て脈ありだと思っても実は不採用だったみたいなケースもありえます。面接官としても合否はあまり悟られないようにしている気がするのです。したがって、面接官の態度などを見て脈ありか?どうかを判断するのは難しいと思います。面接官はできるだけ態度に出さないようにしているのではないか?と思うのです。圧迫面接など明らかに演技をしているときを除いて、面接官の素の状態が出ているということもあるかもしれませんけど、あまりフラグととられるような態度に見えないようにしている人も多いかもしれないのです。特に厳しい感じで面接を進める面接官は少ないと思います。逆に優しすぎるという面接官に関しては演技の可能性もありますけど、素の可能性というのも十分あると思います。合格フラグに思えるような面接官は中にはいるかもしれません。ただ、それは好印象を持ってもらうためにそういった態度をあえてやっているのかもしれません。だから、意図的に態度を作っている場合には、圧迫面接を除いて割と良いように見せている可能性もあるのです。

 

面接官は例えば意地悪な質問をしてきたり、意地悪な追及をしてきたりもします。意地悪っていうのは面接を受けている側の主観でもあるので、面接官にはその気がないかもしれないのですが、面接を受けている側がそういった風に思えるようなことを仕掛けてくるケースもあります。そうい面接官からの厳しい追及を受けるとどういう印象を持つでしょうか?自分に対して良い印象を持っていないのか?だから、面接官が厳しい質問などをしてくるのか?と考えるかもしれませんけど、そうではないです。圧迫面接と言えるか?どうかは分からないような面接を受けている側からして意地悪に思える面接官の質問の仕方は、どちらかという合格フラグと言える可能性があるのです。それは結局どうしてしつこいくらいに聞いてくるのか?という部分を考えると良いと思います。面接官としては脈ありという学生に対してはいろいろな質問をしてくる理由があります。多くを知りたいからです。より多くのことを聞いたり、側面を見たりして判断材料を増やしたいと思うからこそしつこく何度も聞くと。それが面接官が意地悪に思えてくるというケースもあるかもしれませんけど、それは良い兆候であることもあると思います。合格フラグである場合もあるということなのです。

 

正確に言えば合格に期待ができる可能性が増すという言い方ができるでしょうか?しつこく聞かれるっていうのは、私はある程度面接官は好意的に思っているケースだと思うのですが、その結果受かるか?どうかは分かりません。面接官の期待の表れとは言えるかもしれないですけど、その結果受かるとまでは言えないのです。でも、面接官が意地悪だなと思われるようなケースこそ、実は期待が持てるような瞬間かもしれないのです。面接官としても脈ありとして見ている可能性がありますし、それはこちらとしても脈ありとして思って良いかもしれないのです。面接官の態度が仮に演技だとしても、面接を受けている側から見ると、何か意地悪なことをしてくるなと思ったときには、むしろ肯定的に受け止めたほうが良いこともあるかもしれません。逆に面接官が優しい態度だと個人的にはどうなんだろう?って感じもしますね。面接官が優しい態度の方がむしろ合格フラグっぽく思えるかもしれませんけど、そんなに合格を期待するほどの感じではない気がします。優しいというのも、いろいろなタイプがあると思うので、一概には言えませんけど。

 

面接官が優しい態度をしてくる理由によります。優しいのがその面接官の素の場合もありますけど、あえて優しい態度をしている場合もあります。この場合には何で意図的に面接官は優しい態度をしているのか?が重要です。よく言われているのは、採用する気がない、良い点数をつける気がないというときには、良い気分で帰ってもらうために無用なことをせずに、面接官が優しすぎるくらいの接し方をしているということが言われています。これが真実か?どうかは完全には分かりませんが、そういった戦法をとっている可能性もあるかもしれませんが、面接を受けている側からしたら、意図的なのか?どうかは分かりません。でも、意図的でないならばそれが素の状態なので、合否には関係ありません。そして、意図的ならば上記の理由でむしろ落ちる可能性が高まるということになりますから、確率論的には面接官の態度が優しすぎることは好ましくないと言えそうです。面接官の態度が優しいということは、確率論的にあまりいい兆候ではないと思います。合格フラグといったことではないと思うんですよね。そこは考えておいた方が良いでしょう。

 

就活における面接というのはいろいろな採用基準によって合否が決まっているので、何が重要か?というのは一概には言えません。しかし、面接官が用いている採用基準はある程度共通性もあるはずです。それを知ると面接が有利になる可能性もあります。以下の本はそういった新卒の面接における採用基準を示した本で、面接官が学生のどこを見ているのか?どういう学生を評価しているのか?どういう学生が受かるのか?などをポイントごとにまとめてくれています。新卒の採用面接で使われている評価基準という情報は、多くの学生は知りませんし、知る機会もないでしょう。したがって、事前にこういった本を読んでおくと少しでも情報の面において、他の就活生をリードできる可能性があります。そうすると、やはり少しでも内定をもらえる可能性が上がるかもしれません。そういったことも踏まえて新卒の面接における採用基準は重要なのです。良かったら参考にしてみてください。

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

 

 

あわせて読みたい記事