就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

売れ残りや在庫処分?の福袋は損か得か?→元がとれても損する可能性が高い!

【スポンサードリンク】

毎年新年には福袋が多くのデパートなどのお店で販売されることになります。福袋の話題というと、中身のことよりは福袋の予約の不具合や買えなかった人や転売のニュースばかりを見ている気がするが、今回の話はそれとは関係ないものです。単刀直入に言って、福袋は損か得か?という問題です。福袋は在庫処分とか、売れ残りの品をつめたものという言い方がされます。それが事実か?どうかはケースバイケースになりそうだけど、福袋は損するという見方をしている人もいますね。私はどうか?というと、場合によっては損をするという見方で良いと思います。というか、私の感覚だと8割くらいは損なんじゃないか?と思います。それはなぜか?当たり前のことですけど、福袋は中が見えないからです。ミスドスターバックスの福袋など、あらかじめ中に入っているものを公開しているケースもありますが、こういう場合は損はしないと思います。というのも、中身が分かっているので、値段と中身をつりあわせて、自分にとって損か得かを確実に事前に判断できるからです。福袋では中身がわかるものやネタバレがされているものは損をする確率は極めて低いです。

 

しかし、中身が完全に分からないもの、または同じ販売元の同じ種類の福袋だが、どれを選ぶか?によって商品の中身が異なるものに関しては、損する確率が極めて高いと思います。こういうタイプの福袋で損しないケースというのはなかなかないと思う。それはどうしてか?というと、さっきと逆になりますね。中身が分からないため、事前に損か得かを判断できないからです。さらに重要なのは、結局元がとれたか?どうかという視点なのです。中に入っているものの商品価値と福袋自体の値段を比較して、元が取れた!と喜んでいる人もいますが、それは喜んで良いのか?どうか微妙だと思いますよ。転売目的で購入している人を除いて考えると、仮に買った福袋の中身からいって元がとれるものだったとしても、損得で言えば損をしている可能性が、私は高いと思います。福袋では元が取れる=得をすると考える人もいるかもしれませんけど、元がとれた(福袋の値段以上のモノが入っていた)としても、損をしているケースは多々あるからです。例えば、パソコンを必要としていない人が、10万円のパソコンが5万円で売られているお店を発見しました。このパソコンは本来の商品価値からすれば無茶苦茶お得です。しかし、この人はパソコンを買うでしょうか?と言ったら、買いませんよね?なぜか?パソコンを必要としていないからです。福袋にも同じことが言えて、仮に元がとれたと言える商品が入っていたとしても、仮に中身が完全に見えた状態で、その商品一式がその福袋と同じ値段で売られていたら、それを絶対に買ったか?と言えるかどうかです。元がとれた福袋で得をしたと言えるケースは、ここで絶対に買った!と言える人だけですよ。いくら値段が客観的に見たらお得なものでも、必要としていないものは買わないんですよ。

 

私たちがモノを買うときというのは、それを必要としているから買うわけで、必要としていなければ買わないわけです。ってことは、元はとれたとしても、その福袋の中身が見えた状態で、同じ値段でそれが売られていたら買ったか?どうか、絶対に買ったという言える人間は得をしたと言えても、迷ったりする人は損をしているケースと言えると思います。それを買わないってことは必要としていないということであり、必要としていないものを買ってしまったということなのですから。だから、例えば、10万円の家電製品が入っている福袋が5万円で売られていたとして、ある人がそれを買いました。しかし、中身はパソコンでもう持っているのに!というケースでは5万円の得ではなく、5万円(購入代金分)の損失になるわけです。だから、福袋が在庫処分や売れ残りであるとは限らないですけど、福袋は損しないどころか、損するケースの方が多い気がするんですよね。福袋は損得で言えば、中身が見えないものに関しては損をしているケースが多くあると思います。仮に元がとれていたとしても。福袋として売られているから買っているという人が多いはずで、福袋ではなく、いくつかの商品の詰め合わせとして中身が分かった状態で売られていたら、買わない人は多くいると思うのですよ。それは頭の中で無意識のうちにこれを買ったら?という損得勘定をしているからです。つまり、冷静な判断をして買わない人が多々いると思うのですが、中身が見えない福袋は損得勘定ができないので、冷静な判断をする余地がありません。そして、期待が上回ってしまい買ってしまう人が多くいるという状況だと思うのです。

 

福袋は買わない方がいいとは言いませんが、損得にこだわる人は福袋は買わない方がいいと思います。宝くじを買うみたいに夢を買うつもりで、期待の分も含めて買っているような人は別に主観的に得をしていると感じていれば、それはそれで良いと思います。福袋を買って楽しい気分を味わえることも、対価の1つになっている気もするので、損得にそこまでこだわらない人は福袋を買う価値はあると思います。でも、私はどうしても福袋の損得にこだわってしまうので、中身が見えているもの以外は買わないと思います。だから、福袋を買うべきか?福袋が向いている人は?を考えるときには、損得勘定を度外視できる人という条件がつくかもしれないです。福袋を買おうか?迷っている人は、そこを考えてみると良いと思います。福袋は売れ残りや在庫処分という声もありますし、それは正しい面もある気もします。恐らくそこに意識がいく人は損得勘定にこだわる人だと思うのです。でも、そこを気にしない人は損得よりも福袋を買う楽しさ、中身を確認する楽しさの方が重要と感じている人ではないか?と思うので、福袋に向いているのではないでしょうか?福袋は買わない方がいい場合もあるが、損得勘定は抜きにして楽しめる人もいると思うので、買った方が良いと言える人もいると思います。

 

福袋は損しないケースもありますが、多くの福袋は本人の知らないうちに損するものになっている可能性もあると思います。これはあくまでも客観的な話なので、それぞれがそこを気にしないって言うならばそれで良いと思うのです。福袋は損するか?どうかというのは客観的な側面から見てみましたが、主観的な見方もできて、それによって得をしていると言えるケースもないとは言えないので、福袋は損か得か?というのは微妙なところですけどね。でも、福袋が損か得か?というのは本来はお金の面だけで考えるべきものではないと思うのです。福袋は体感でのお得感のみではなくて、現実的なお得感があるか?どうかがポイントになると思うのです。だから、福袋がこれだけ売れているのだと思いますし、私は福袋は買わないですけど、ニュースとかで1月1日とかにデパートとかで福袋を買っている光景を見たり、Youtubeで福袋を買って、その中身を開封したりする動画を観たりすると、ちょっとうらやましい気持ちになってきますけどね。これが福袋の力なんでしょう。

 

 

 

あわせて読みたい記事