読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活の一般常識や時事問題で朝日キーワードはおすすめ!評判もいい!発売日は?いつ発売?

【スポンサードリンク】

就活では一般常識への対策をしようと思っている人も多くいるでしょう。いろいろな気業でこういった一般常識に関する問題が出ることがありますから。対策は必須になるかと思います。しかし、どうやって対策をしたら良いのか?という部分がわかりづらいかもしれません。基本的には就活の一般常識対策としては、SPIのように参考書を買って、それで対策をしていくのが良いと思います。そのときにどういう参考書を買っていけば良いのか?については、私も使ったことがある「朝日キーワード」というのが1つおすすめになります。非常に有名な本ですね。これを使うと、その年に出題が予想される問題のトピックや出来事が分かります。一冊の中に去年から今年にかけて、どういった出来事やニュースがあったか?というのをコンパクトにまとめています。1~2パージで1つのトピックという感じなので、多くのトピックが載っています。したがって、割とボリュームがあるので読みごたえはあると思います。朝日キーワードに関しては評判を調べてもらえると良さがより認識できるのではないでしょうか?朝日キーワードは有名な本なので口コミも多くありますから。ここでも簡単にその魅力を紹介していきたいと思います。

 

この朝日キーワードはおすすめの時事対策本であり、一般常識に関する本と言えると思うのですが、サイズもコンパクトなのでどこにでも持ち運びしやすいところが1つ魅力だと思います。そういった評判もあるのが朝日キーワードです。普通の本のサイズかな?って気もしますし、厚さもそこまではないです。だから、教科書とかと一緒に大学に持って行って、空き時間とかに読んでみるというのも良いと思うのです。そういった使いやすいという点が朝日キーワードではおすすめと言える1つのポイントになりますけど、それ以外では内容面でしょうか。載っているトピックが結構多いです。1つ1つのトピックはそこまで詳しくは載っていませんが、1ページまたは2ページということで、コンパクトに概要や要点を載せています。就活の一般常識や時事問題で狙われると思われるだろう部分を載せていると思うので、これをちゃんと読んで覚えていければ、対策としてはかなり行き届くのではないか?と思います。そんなに厚い本ではないですけど、ちゃんと読み込んでいくならば、一冊読み終わるまでに結構時間はかかるかもしれません。また、1周して終わりでは足りないでしょうから、何度も繰り返して読んでいかないといけません。

 

勉強って基本的にそういうものなので、当たり前かもしれませんけど、就活における時事対策や一般常識テストの対策は参考書を1冊繰り返し読んでいくことに尽きると思います。それでも全部の範囲をカバーすることは厳しいでしょう。分からない問題は出てくる可能性はあります。しかし、一般常識や時事問題というのはキリがないのです。問題の範囲が事実上ないです。最近の話題から出るという暗黙の了解はあるものの、最近の話題といってもほぼ無限に近いと思うのです。したがって、出来ない問題がある程度生まれてしまうのはしょうがないと思います。そういう前提で対策をしていけば良いので、本を一冊買ってそれをやっていくというので良いと思います。ただ、その一冊は何周もして読み込んでいくことが重要です。本当に中身をほとんど暗記するくらいの気持ちでやっていければと思います。実際に結構1つのトピックで書かれていることは多くあるので、全部は覚えきれないと思いますけど、要点くらいは頭に入れられると思います。それを一冊に載っているトピックに関して全てで行っていくと、就活での一般常識や時事問題でそれなりの点数がとれるのではないでしょうか?こういった問題って難しいんですけどね。

 

朝日キーワードは最新版を購入したうえで、1日2トピックくらいを読んでいって、それを何周も続けることに意味があるので、ある程度の期間を用意して始めないといけないと思います。勉強時間があまりとれないと十分な暗記ができませんから。全部を完璧イン覚える必要はないですけど、だいたいの内容は暗記していかないといけないので、ある程度の時間は欲しいところです。4年生の3月くらいから一般常識や時事問題の対策を始めるならば、年内にできれば買いたいところですね。そして、そこから何周もでいるようなペースで使っていくと。3月から就活動を始めても、いきなりそういった試験に遭遇することはないかもしれませんが。ただ、現実的には3月~就職活動はスタートとなっていますけど、その前からやっているところは結構あるので、この時期に一般常識や時事問題の試験をやっているところも普通にあると思うのですよね。したがって、朝日キーワードなどを買う時期としては早い方が良いのはその通りだと思います。朝日キーワードはいつ発売か?というと発売日は例年1月の後半くらいなので、そもそも年内には買えませんね。発売から少しずつ覚えていければ良いと思います。ただし、できるだけ毎日使っていってほしいのです。朝日キーワードは発売日に買わなくても良いかもしれませんけど、できるだけ早く購入をしてもらいたいと思います。

 

朝日キーワードはいつ発売か?というと毎年年明けの1月後半くらいみたいですから要チェックです。就活での一般常識や時事問題の対策でこの朝日キーワードは評判も良いですし、小論文対策とかでも使えると思います。小論文や作文の対策にも朝日キーワードは使えるというか、朝日キーワードで学んだ知識が小論文や作文を書くときに生きる可能性があるわけです。時事的な知識を持っておくことで、それが就活の小論文や作文で使えて、得点や評価が上がる可能性があります。朝日キーワードはおすすめの就活本になるので、自分でも評判や口コミを調べてほしいと思います。他に良い本があれば、それでも構いません。人によって向き不向きがありますから。ただ、就活の一般常識や時事対策本の中では長年知名度が高く、多くの受験生に愛用されてきた歴史があるので、私が知っている中だと朝日キーワードがおすすできるかな?と思います。朝日キーワードは発売日に買ってそこから毎日少しずつ覚えてもらうのが良いと思います。就職活動はこういった試験の対策をしたりと、面接やエントリーシートなどの対策もしたりと大変ですけど、是非頑張ってほしいと思います。

 

 

朝日キーワード2018

朝日キーワード2018

 

 

あわせて読みたい記事