就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活での靴下の色や柄は?黒や紺色、グレーは許容範囲でも白や赤は厳しいか?

【スポンサードリンク】

就活は本来ならばどうでも良いと思えるようなことでもすごい気になってしまうようなことがあると思うのです。それが靴下かな?と思います。靴はともかくとしても、靴下というのは特に男性はなかなか見えませんから、そんなところをこだわってどうするのか?と思う人もいると思うのですが、就活生からすると、そういった細かい部分に関してもどうしても気になってしまうのでしょう。就活での靴下の色や柄はいろいろなバリエーションがあるため、どれが良いか?というのは迷うのでしょう。就活における靴下の色は一般的には黒が多いと思います。スーツが黒というケースが多いので、それに見合う色はというと黒になるのではないでしょうか?1番違和感がない靴下の色ということになると思います。黒以外の靴下の色は、こういった色ではあまり見ません。やはり黒以外では一般的ではないという部分が意識としてあるのかもしれません。例えば、就活で靴下の色を白にしたらどうでしょうか?面接のときなどに座ると靴下の色が見えることもありますけど、黒のスーツに白の靴下は目立つかもしれないです。目立つかもしれないですけど、だからといって白が変か?というとそうとも言えないと思います。あまり多くないということはいえても不自然までは言えないかな?ただ、学生はよくても、社会人はあまり履いていない印象です。

 

したがって、就職活動では白の靴下というのは基本的にはよくないとされることも多いですね。調べればそういった情報は多く出てきます。白い靴下はある意味黒い靴下と対極に位置するものですし、小学生や中学生が履いている印象も影響しているのかもしれません。したがって、就活の靴下の色は白はやめておいた方が良いというのが言えると思います。面接をするときなどに白の靴下が見えてしまうとそれが評価にかかわる可能性があるのです。白の靴下がいけない理由というのも、別に合理的な理由があるとは思えませんが、風潮としてはそうなっているので、それに従った方が無難ということになってしまうのです。また、それ以外の色に関しても同様の見方ができるかもしれません。例えば、就活の靴下の色が赤色だったらどうでしょうか?これも非常に奇抜な色でしょう。カジュアルな場面でもあまり見ない色のため、白色の靴下のケースと同様の反応をされる可能性があります。あまりおすすめできないですね。それ以外だと、グレーなどが候補でしょうか?グレーは白や赤に比べたら就活での靴下の色としては相応しい気がします。ただ、グレーもやはり目立つんですよね。

 

黒のスーツという前提だと結構目立ちます。グレーのスーツならともかく、就活ではまず見ませんし、着る勇気を持っている人も少ないでしょう。そうなると、黒のスーツにグレーの靴下はミスマッチという気がします。就活の面接などの靴下の色として赤や白よりはまだグレーの方がマシな気もしますけど、違和感を覚える人事の人もいるかもしれません。私はならほぼ黒一択ですから、就活の靴下の色ではグレーも赤も白もまず履かないと思います。あとは紺色です。紺色は黒に比較的近い色で、濃い紺色だとパッと見て黒と違いが分からないということもあると思います。ただ、そういった見分けのつきづらい色を着用するのであれば、じゃあ最初から黒でいいんじゃない?という気もしてきますけど。黒の靴下を履いていれば不利になることもないでしょう。黒以外の靴下の色は何らかのリスクがある可能性があります。基本的にはスーツの色と同じ色の靴下を履くと1番しっくりくるのではないでしょうか?だから、紺色のスーツを着るならば紺色の靴下でも良いと思います。就活では紺色の靴下の色はあまり自然に感じないかもしれませんけど、それは紺色のスーツを着ている人が少ないからということも言える気がします。

 

人事から見たときの違和感がどれほどあるか?という部分も重要なので、スーツの色を靴下の色と合わせないといけないということはないものの、面接などをしているときに一緒に色に見えたほうが不自然さは感じられないでしょう。これは必須ではないと思いますけど、黒のスーツだったら、グレーの靴下よりも黒の靴下を履いておいた方がしっくりくるのではないか?と思いますから。就活の靴下では柄が入っているものは避けたほうが良いと思います。無地のものを履いていくようにしましょう。柄が入っているものは柄にもにもよりますけど、カジュアルな面が出すぎる場合がありますから。就活の靴下では柄ではなくて、無地のものを選んでいってほしいですけど、そのときにはこういったポイントがあるということですね。就活での靴下の色や柄の選び方はそんなに難しくはないと思いますけど、受かりたいのであればある種世間の常識みたいなものに従って方が良いのでしょう。

 

 就職活動は内定をとるのが目的なので、いかに内定をとるか?内定をとるにはどうすれば良いのか?を考えないといけません。内定をとるために必要なことは1つは情報です。言ってしまえば、採用基準のようなものが分かれば、それに合わせていければ内定の確率も多少は上がると思います。例えば、以下の本にはそういった情報が詰まっているので、1つおすすめになります。本書は人事が学生を採用するにあたって用いている採用基準のようなものを語っている点が非常に貴重なのです。人事らによる座談会のようなものが収録されており、そこにこんな学生なら欲しいとか、こんな学生はいらないとか、そういった採用活動に関しての本音を語っている箇所があるので、こういうところは就活をやっている学生からしたらかなり参考になる部分と言えるのでしょうか?欲しい学生の情報や落とされる学生の情報などの採用基準にかかわるものは多くの就活生は知らないと思うので、そういった情報をあらかじめ知っていると他のライバルに差をつけることができますし、その人事が考えている欲しい学生やいらない学生の情報に合わせた対策をしていけば、人事から見たときの魅力的な学生を演じることもできるでしょう。そういったところで少しでも内定をとれる確率が上がる可能性がありますから、良かったら参考にしてみてください。

 

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

 

 

あわせて読みたい記事