就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活での証明写真では表情や笑顔に注意?髪型が違うのは良いが前髪は長すぎないように

【スポンサードリンク】

就活では証明写真を利用してエントリーシートや履歴書に貼る写真を撮影する人もいるのではないでしょうか?証明写真でも基本的には問題ないとは思いますけど、証明写真ならではの問題もあると思われます。例えば、証明写真は表情をどうすることもできないです。というのも、証明写真を撮るときって、自分の顔は直接は見えないですよね。写真屋さんに撮ってもらうときには、写真屋さんが被写体となっている人の表情を確認できるので、それを見ながら指示を出したりしてシャッターを押せます。だから、第3者から見て魅力的な写真になりやすいかな?とは思うのですが、証明写真では表情がどうなっているのか?は確認できないまま撮影されるので、出てきた写真の表情がどうなっているか?はそのときに初めて分かります。就活で証明写真を撮るときの表情というのはかなり重要でしょう。だって、その写真がエントリーシートや履歴書に貼られるわけですから、それは審査対象にもなりますし、表情1つで魅力的か?どうかの印象が変わります。つまり、合否結果も変わることがあるので、そこが証明写真の難しいところなのです。でも、証明写真で撮っても取り直せば良いわけですけど、お金がかかりますね。何度か撮影しているうちにちゃんと表情豊かなものが撮れる可能性はありますけど、手間とお金がかかるかもしれません。

 

就活では証明写真は笑顔まではいかないまでも、それなりに明るく感じられる表情の方が良いと思うんです。満面の笑顔は逆効果な気がしますが、笑顔まではいかないような明るさが感じられる表情をしていた方が見ている側としては良い印象を持つかもしれないです。それがしづらいのが証明写真ということになりますね。写真屋さんに頼めば、写真屋さん目線の良い表情で撮ってくれると思います。就活では表情が重要なので、それが証明写真でどれだけ実現できるか?ということになります。そういったところがポイントになります。しかし、そもそも証明写真って就活で使っても良いの?という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか?就活で証明写真だと影響があるのではないか?不利になるのではないか?と思うかもしれませんが、基本的には関係ないと思われます。とは言いつつも、中には証明写真をけしからん!と思うような企業がある可能性はありますよ。でも、証明写真と写真屋さんの写真ってそんなに見分けがつくんですかね?ちょっとその辺は分かりませんが。でも、証明写真が問題か?っていうと、別に問題ではないと思います。というのも、証明写真で就活のエントリーシートや履歴書の写真を作っている人は意外と多いと思うからです。

 

 就活における証明写真は落ちる理由になることはまずないと思いますけど、注意点はあります。これは証明写真に限る話ではないですけど、髪型の問題です。就活のための証明写真と髪型が違うというのは問題ないと思うんです。エントリーシートや履歴書に貼った写真と面接などのときの髪型が違うとしても、それは別に良いと思いますよ。髪型によって人の印象は大分変わりますけど、髪型が違うということ自体は問題ないと思います。問題があるとすれば前髪です。これは面接でも就活のための証明写真でも同様ですけど前髪が長いと印象が悪くなります。前髪が長いっていうのは、よく分からないですけど、何か印象が悪くなるっていうのが人間の心理みたいですね。したがって、就活においては髪型では前髪が特に重要です。前髪の長さもそうですけど、どういったスタイルになっているか?によって顔の見え方が変わるじゃないですか?ただ、どういう前髪が良いのか?というのは人によって変わるので一概には言えませんが、とりあえず前髪が長いのは、特に目にかかっているのは問題だと思うので、それは全員に共通の知識として知っておくべきでしょう。ただし、さっきも言いましたが、就活の証明写真で髪型が面接などのときと違うことは問題ないと思いますから、そこは良いんじゃないですか?髪型が同じ方が違和感を覚えないので親切だとは思いますよ。ただ、髪型が違うことが一概に問題とも思えないのです。

 

就活における証明写真とそれ以外で髪型が違うというときに、あえて変える必要性はないと思うので、一緒にした方が良いのかもしれないですが、髪型を変えた方が良いかな?と思い始めたとかであれば、そっちの方が人事にとっても魅力的に見えてくる可能性はあるので、それでも構わないかもしれないです。そこはエントリーシートや履歴書、そして面接における合否の核心部分とは異なると思うので、気にしすぎてもしょうがないかな?とは思います。就活での証明写真では表情や笑顔になりすぎない点も重要かもしれませんが、前髪の長さも重要です。髪型が違うという部分はそこまでではないかな?と思います。証明写真で就活の写真を撮っても落ちるということはないでしょうけど、就活で証明写真を撮るときには表情、笑顔、前髪という3つは気をつけないといけないと思います。アドバイスや指摘をしてくれる人がいないので、自分で気付いていかないといけないのです。そういったところができるならば証明写真で良いとおもうのです。

 

就職活動は証明写真について悩んでいるどころではない問題が他にも多くあります。就活で内定をとるのは結構大変なので、どうすれば内定をとれるのか?を多くが考えていかないといけないと思います。そういったときに以下のような本は参考になるかもしれません。内定をとるためには1番必要なのは人事が何を考えているのか?それを知ることが重要かな?と思います。人事が学生を見るときの視点とか、採用基準といったものを知ると少しでもどういう人が内定をとりやすくなるのか?という部分も見えてくると思うのです。本書は人事らがどういう学生を欲しがっているのか?またはどういう学生はいらないと思っているのか?といった情報について載っており、こういう人事の見方を知ることができれば、自分がどういう学生像を演じることができれば、より人事に評価されて、内定をとりやすくなるのか?が見えてくる可能性があります。内定をとるには人事の採用基準という部分、つまり人事は学生のどこを見ているのか?どういう学生を採用したいと思っているのか?の情報を知って、他の就活生に差をつけることも重要です。そういったときに役立つ可能性があると思うので、良かったら参考にしてみてください。

 

 

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

 

 

あわせて読みたい記事