就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

少子化を子供を増やして解決する姿勢は国際競争力の無さや生産性の低さを長時間労働で補う状況と一緒

【スポンサードリンク】

少子化が叫ばれて久しいが、少子化になっているのは日本だけではない。先進国共通の課題だと言う。そういった国の中には少子化を改善させている国もあるようだが、少子化が改善すればそれで良いのか?というと、そうとも言えないでしょう。例えば、少子化時代を迎えて将来的な労働人口が減るということを踏まえて、移民を受け入れるべきだという意見があるが、それには反対する人も多くいる。例えば、治安が悪化するとか言われているけど、移民を受け入れれば少子化になっても問題ないという前提ならば、移民を受け入れることを反対している人たちは、まさに「少子化が改善されればそれで良いわけではない」と思っているということになるでしょう。つまり、少子化が改善する(少子化が問題でなくなる)としても、別のデメリットがあるならば、それは正しいとは限らないということです。そういう議論は個人的にあるべきだと思うけど、単純に出生数を増やすという策の場合、そういったデメリットはあまり議論されない。子供の数を増やして少子化問題をなんとかしようとする場合、デメリットはないということだろうか?

 

いやいや、そんなはずはない。少なくとも大人たちが感じるデメリットは少ないかもしれないが、子供たちが感じるデメリットは大きいだろう。今の日本は若い人たちに対して皺寄せがいっているという。いろいろな要素でそれを表現されるが、そういう状況を分かったうえで出生数を増やすということは、将来的に苦労する人が増えるということを意味する。しかし、子供が増えないと、すでに生まれている今の子供たちがさらに苦労することになるだろう。どっちにしても問題なのだが、どっちにしても誰かが苦労する、負担が増えるのは間違いない。今の時代に生まれた子供は将来的に重い負担を背負うのが確実ならば、子供が増えないと将来の俺たちが困るだろうという理屈は、泥棒に入られて財産を盗まれて生活が困難に陥っている人が、別の家に泥棒に入って金銭を盗み出し、生活を維持するような状況にも思えてくる。自分が被るであろう負担を誰かに押し付ける歴史を繰り返していけば、その場しのぎとしてなんとかなるとしても、永遠に根本的な問題は解決されない。言うなれば、国際競争力の無さや生産性の低さを長時間労働で補おうとする今の日本社会の状況と酷似している気がする。

 

つまり、自分が困っている状況を誰かを困らせないと維持できないとされているのが、今の日本の状況なわけだ。長時間労働が日本でも同じく問題になっているが、長時間労働がなぜ発生するか?というと、労働時間の量で他企業や他国の企業へ追いつこうとする、または追い抜かれないようにするという策の1つになっているからだ。それ自体は他企業などと差をつける1つの策としては一時的には機能するだろう。しかし、長期的に見れば成功を収められる策にはなりえない。なぜか?限界があるからだ。長時間労働をするにしても、人間が無休で働き続けたとしても、1日24時間しか働けない。1日24時間働くというのは、理論上の最大限の数字であって、現実的にはそこまでは及ばない。おまけにこの策はとろうと思えばどの企業でもとれる。つまり、それによって差がつくというのは幻想であって、差なんかついていないのである。どの企業でも同じ策をとろうと思えばとれるわけだから、現時点でとっている、とっていないの差でしかない。箱根駅伝の留学生を使う大学と状況は酷似しているかもしれない。あれだって、別に留学生を使う大学を非難する気はさらさらないが、留学生というのは1人しか使えない。そして、使っている大学は毎年決まっている。本戦に出てくる大学のうち、2,3校が多いと思う。

 

この留学生を使うという策もやろうと思えばどの大学でもできるに等しい。でも、本戦に出てくる20校のうち、2,3校しか使っていない場合が多い。それはなぜか?これも推測になるけども理由は一緒じゃないか?留学生を使うという策は全部の大学がやったら差がつかない(それぞれの留学生の能力によって実際は多少は差がつくはずだが)のだから、そこに活路を見出してはダメだということではないだろうか?つまり、いずれ差がつかない部分になってしまうならば、スカウティングや育成といった如実に差が出やすい部分に力やお金を注いだ方が建設的だろうと。そういう見方があるのではないか?と思います。日本の企業における長時間労働の問題も労働時間を長くすることで一時的には差がつくというのは誰でも思いつくと思う。しかし、そういったやり方は限界があるとともにいずれは差がどんどんなくなる部分ではないか?と思う。少子化の問題だって、出生率を努力によって上げることはとりあえず可能と言えば可能だろう。しかし、現状の出生率を例えば。2.5とかに上げるのは非常に厳しい。2.0ならなんとか・・・って気もしないでもないが、それでも難しいとは思う。それに少子化が改善しても、新たない生まれた子供が満足して生きられる世の中になっているとは限らない。現状でも不満たらたらの人が多いと思われるので、それを考慮すると、それが解消されていくともあまり思えない。

 

少子化が改善されても生まれてきた子供たちが苦労する現状は変化がないどころか、今後益々酷くなっていく可能性もあるし、少子化自体が改善されなければそれはより顕著だろう。長時間労働もそれによって企業経営が何とかいったとしても、社員の疲弊という犠牲は避けられない。少子化対策も生まれてくる子供たちが何らかの犠牲になる事態は予想ができる。その子供たちが自分らのために次世代の子供を産み続けるということもあれば、自分たちが置かれた厳しい状況を慮って、子供に苦しい思いをさせないとして子供を産まないという選択をとる人たちも増える可能性が。これは現時点でもすでに起きていることみたいだが。そうなると、少子化の改善も一時的には可能でも長期的には成功しない可能性も十分あると思うし、やっぱり国が目指すべき方向性としては子供を増やす策ではなくて、少子化を受け入れた上での社会構造の転換ではないか?と思う。識者の中にもそれを主張している人は多くいるが、ベーシックインカム論もその1つでしょうね。少子高齢化の社会で年金制度は維持が難しくても、ベーシックインカムならば問題ないとする人もいますからね。長期的に上手くいくとは思えない点と人的な大きな犠牲を払わないといけない点は、少子化対策長時間労働を行う企業も共通点が大きいように思います。

 

ベーシック・インカム入門 (光文社新書)

ベーシック・インカム入門 (光文社新書)

 

 

あわせて読みたい記事