就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

集団面接や集団討論においてうなずく必要性はある?相槌は身振り手振りの一環として必要かもしれない

【スポンサードリンク】

集団討論を進めていくときには事前にポイントを頭に入れて臨んでいくことになると思いますが、集団討論は集団面接と似ている部分も多くあると思います。その1つが自分以外にも発言する人がいるので、その人の話をきちんと聞いておかないといけないということです。で、集団討論などではうなずきをしてきちんと聞いているアピールをした方が良いのか?気になる人もいると思いますが、個人的な考えを述べるとした方が良いと思います。演技でも何でも良いと思いますけど、評価にかかわる部分で言うならば、集団討論ではうなずく必要性は大きいかと思うのです。集団討論などでうなずきが必要な理由としては、結局は聞き手の気分の問題です。演技だろうが、なんだろうが、自分が話しているときに他の人が注目してくれて、うなずいてくれているというのは気分が良いというか、安心感があると思います。つまり、無関心っていうのは気分がよくないですよね。ちゃんと聞いてくれているというのは安心感があると思います。で、話している人以外がちゃんと話している人の話を聞いてますよ?というのをどうやって表現するか?というと、その人の方向を向いて適度にうなずくという行為をするということになります。

 

集団討論では身振り手振りはそんなにいらないと思います。やってはいけないわけではないですが、あえてやらないといけないものではないと思います。しかし、集団討論での身振り手振りの中で特に重要とも言えるのが相槌になると思います。集団討論での相槌は唯一必要な身振り手振りとも言えるかもしれません。集団討論も集団面接も身振り手振りはそこまで必要ではないと思います。自然に出る分に関しては良いのかな?と思いますけど、基本的にコミュニケーションに必要なモノではないと思いますから、やらないといけないとは思わない方が良いと思います。意識的にやると変な感じになることもありますから。意識的にやった方が良いとしたら集団面接や集団討論では相槌でしょう。相槌は意識的にやらないと全くできないような人は、それがもしかしたらマイナスになるかもしれません。相槌を打っているか?どうかを面接官や審査している人がチェックしているか?どうかは分かりませんけど、すでに話したようにきちんと他人の話を聞いていて、話し手に対して安心感を与えているか?どうかは非常に重要と言えます。そこが評価対象になっているか?どうかは分かりませんが、少なくともマイナスにはならないでしょう。プラスになるか?プラマイ0ということはあっても。相槌は結構打っている人が多いと思うのです。

 

相槌っていうのは面接官も割と使っているケースが多いです。相槌を打たない面接官もいますけど。相槌は相手にとってメリットをもたらすものなので、基本的には自分のためになるものではないと思います。話し手に対して、こちらはちゃんと聞いているという意思表示になるものですから、相手に安心感を与える効果のあるモノです。しかし、就職活動になると、集団討論や集団面接で相槌を打つことは自分にもメリットをもたらすことがあるわけですね。それは審査している第3者がいるからです。第3者から就活生への評価になることもあるため、集団面接や集団討論でうなずくことは重要になるのです。話してのためにやるうなずきが自分のためにもなるというのが集団面接や集団討論なので、やっておいて損はそないと思うので、やっておきましょう。ただし、注意点としては過剰にならないようにしてほしいと思います。わざとらしくならないようにするということですね。こういうところに注意してもらうと良いのではないか?と思います。ある意味、演技をするわけですよね。

 

ある意味、集団討論に関しては協調性が非常に重要と言われている面もあります。したがって、グループ全体でチームワークを発揮しないといけないという見方もできます。集団討論で協調性を発揮するというのはいろいろなやり方ができますけど、他者が話しているときに気持ちよく話せるような環境を用意するというのも、1つの協調性になるでしょう。それをグループ全員がお互いにやり合えばチームワークとしては最高でしょうし、そういったところを人事もチェックしている可能性があります。集団面接では協調性やチームワークという点はそこまで重要ではないかもしれませんが、集団討論は相槌を打つというケースなどを含めて、そこが重要視されると思います。したがって、そこを意識しておくとなればやるべきことも自ずと見えてくるのではないでしょうか?こういった理由により、集団討論では特に相槌が重要になると思います。集団面接や集団討論でのうなずきなどは身振り手振りの1つの形態になると思いますが、自然にやっていく分に関しては評価されるか?どうかは分かりませんが、少なくともやらないよりはマシだと思います。

 

集団討論や集団面接は就職活動の中でも特殊な部分を持った選考になると思います。そういった選考の対策をするときには以下の本がおすすめだと思います。集団討論や修右断面説に特化した本は少ないのですが、こちらは2つとも掲載しており、役立つ可能性があります。本書は集団討論や集団面接が個人面接などの他の選考とは明らかに違い、特殊な選考方法なので、事前に対策をしておかないと受かるのは難しいということを解説したうえで、集団面接や集団討論で良い結果を残すための具体的な対策の仕方を解説しているのですが、本番を迎えるにあたって前日までにやっておくべきことや本番当日の待合室での振舞い方のポイントなど、かなり細かいところまで教えてくれるのが特徴です。集団面接や集団討論は結構頻繁に行われる選考になると思いますから、就活生ならばこういったものを読んでおくと、より通過率が上がる可能性があります。こういった選考は自分で経験して慣れることで上手くなっていく面もありますけど、事前に必要な知識やコツを身につけておくと、その慣れるスピードがより早くなる可能性もありますから、良かったら参考にしてみてください。

 

集団面接・集団討論完全対策マニュアル

集団面接・集団討論完全対策マニュアル

 

 

あわせて読みたい記事