読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

セルフレジのメリットは大きい?評判が良い現状を見ると普及して人間の職を奪うのは確実か?

働くことへの意識
【スポンサードリンク】

マクドナルドにタッチパネル式のセルフレジが導入されているところがあるらしいが、軒並み評判らしい。私はそういったセルフレジというシステムを使ったことはないが、セルフレジなんてシステムずっと前から実は存在していたのです。例えば、地域によってはほとんど見ないかもしれないけど、無人で野菜を売っているようなところがあるわけですよ。野菜の直売所なんだけど、いわゆる店員というか、監視をする人がいないようなケースで、完全に購入者の善意に期待をしてそういう場を設けているようなケースがあって、あれもセルフレジの1つの形態になるでしょう。あとはコインロッカーとかがそうだね。あれは完全にセルフで、誰か店員が応対する間もなく、コインロッカーの支払いを利用が出来るシステムになっている。それがそれ以外の場でもどんどん普及していくという流れになるでしょう。ひろゆき氏とかも言っているけど、今後働くものの賃金が上がるということはまず考えられないとされている。世の中では最低賃金をを上げろというデモや企業が給料を上げないことに対する不満を述べている人もいるが、その願いはなかなか叶わない気がします。

 

言ってしまえば、企業にとって賃金をメリットがもはや存在しなくなっている部分がある。企業にとって賃金を上げるメリットがあるとすればなんだろうか?実はほとんどない気がする。強いて言うならば、賃金を上げれば従業員がやる気を出してくれて、仕事の能率や成果が上がるかもしれないということ。これも確実に起きるか?は分からないし、最大の問題は、上がった給料や時給に慣れてしまえば、いずれモチベーションは下がってしまう(元に戻る)ということなのです。時給や給料が上がった直後は嬉しさが半端ないかもしれないからやる気に満ちているかもしれないが、人間っていうのは慣れると感動を感じなくなる生き物で、長期的な効果は期待しづらいと思う。そうなると、企業が賃金を上げるメリットは今はほとんどない。昔は高い給料や時給で釣って、優秀な人たちを採用することできれば、それがメリットになっていたのだが、現代ではそのメリットはなくなってきているのだ。その理由はやはりロボットの存在で、ひろゆき氏が言っていたのは、ロボットは人間みたいに文句を言わないし、24時間働き続けられるし、人間よりコストかからない(場合もある)し、ということで、人間を雇わないでロボットを使っていくのは当然みたいな話をしていた。

 

つまり、ロボットを使うという切り札を企業が手に入れてしまった時点で、元々企業の方が労働者に対して立場が強かったわけだが、それが一層強気に出られるようになってしまったのだ。「お前ら文句言うなら、ロボットに切り替えてやるからな!」という切り札を使える企業は、時代が進むごとに増えていくでしょう。セルフレジは今後コンビニ、スーパー、ファミレス、ファストフード店などでどんどん普及していくと思うので、給料が上がるどころか、そもそも職がないという現象も増える可能性がある。企業が賃金を上げるメリットがないどころか、人間を雇うメリットがなくなることは恐らく必至ではないか?と思います。レジ業務っていうのは従事している人間の割合は相当高い職種になると思うのだが、それが機械に置き換わるというのは、大変な事態ですよ。先ほど挙げたマクドナルドのセルフレジはかなり評判みたいなので、利用する側にとってセルフレジのメリットが大きければ、そらどんどん普及してしまう気がします。

 

マクドナルドのセルフレジのデメリットとしてはクレジットカードに対応していないらしいので、そこが現時点での改善点か?と思われるが、恐らく消費者にとっての便利なセルフレジへとどんどん進化していけるのではないか?と思われるから、セルフレジの評判は非常に高いものになっていくのではないか?と思います。マクドナルドの話をすれば、店内の従業員ってほとんどいらなくなるのではないか?と思われる。結局、商品を作る仕事も最終的には機械のみでOKな時代もくるんじゃないか?と思うし、1つの店舗のマクドナルドで必要な人間の従業員というのはそんなに多くないんじゃないか?と思います。セルフレジは人間の雇用に対する脅威の1つでしかない。10年後や20年後になくなる職業について議論されたりすることもあるが、それらの議論の中で出てくる仕事が本当になくなるか?は分からないし、案外生き残るものもあるんじゃないか?と思う。そのときがこないと、具体的にどの職業がなくなるか?生き残るか?は分からないが、一定割合の職業はどうしても消えるだろうという予想はほぼ当たるんじゃないかな?と私は思っています。そのときに起きているのは人間が働けなくなる恐怖なのか?人間が働かなくても良いという安堵なのか?どちらの空気が世界で漂っているのか?は分からないけど、人間が働かなくても生きていける仕組みは絶対に必要だと思います。それが国民を守る義務を負っているであろう政府の責務だと思います。

 

 

ベーシック・インカム入門 (光文社新書)

ベーシック・インカム入門 (光文社新書)

 

 

あわせて読みたい記事