読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活の面接で予想外の質問、想定外の質問がきて頭が真っ白にならないための対策

就職活動
【スポンサードリンク】

就活の面接において想定外の質問がきたらどうするでしょうか?想定してない質問がくることはよくあります。というのか、全ての質問を予想できるわけがないので、そういった質問がくることすらも想定しないといけないわけです。面接において予想外の質問がきたときにはどうやって対応すれば良いのか?1番やってはいけないのは、焦って適当に答えてしまうことです。沈黙してはいけない、長く考えすぎてはいけないという先入観が多くの就活生にありそうですけど、そこはあまり気にしない方が良い気がします。というのも、そこを気にしてしまうとあまり良い結果は出ない気がするんですよね。想定外の質問がくることは面接の前にちゃんと想定していないといけませんが、答えられなくても良いのです。というか、とりあえず答えることよりも、答えられないという対応の方が評価される可能性もあるからです。その理由は簡単なんですけど、仕事ともある程度関係してくる部分になります。仕事をしているときでも同じようなことがあると思うんですけど、焦ってしまうと冷静な判断ができないことがあります。そして、特に困るのは適当にというか、行き当たりばったりの行動をされてしまうことです。

 

そのときそのときに応じた適切な行動を冷静になって考えてから実践してもらいたいと考えるでしょうから。いわゆるいい加減な行動はとってほしくないのです。面接で想定外の質問がきたときに、実はそういったことをやってしまう可能性があって、それが焦って回答してしまうということなのです。面接というのはあまり考える時間がないというか、考えて回答しづらい雰囲気がありますが、想定外の質問がきたときに1番やってはいけないことが、それだと思います。焦って早く答えないと!と思って、出た回答がベストであるとは到底思えません。面接は早く答えたからポイントが高いとか、そういうゲームではありません。あくまでも話す内容が1番重要です。そのため、考える勇気を持って欲しいと思います。時間をかけてでも少しでも良い回答は何か?を考える姿勢を見せることが重要になるのです。そして、実際に少し時間をかけて考えた方が、それだけ良い回答になる可能性が高いと思います。面接官も想定外の質問をしているという認識はあると思いますから、答えるのが難しいということは十分分かっているのではないでしょうか?だから、時間をかけて考えても問題ないと思います。それにちゃんと考える姿勢を見せた方が評価も上がるかもしれません。

 

就活の面接では予想外の質問がくると頭が真っ白になるという人もいると思うんですけど、そうならないように日頃から訓練をしておくことも大切になります。そうしないと、いざというときに対応が難しくなりますから。そのためには結局想定と練習です。面接では絶対に想定外の質問がくるという心の準備がまず必要で、そのうえで模擬面接などを受けていくことが重要かもしれません。模擬面接で想定してない質問をちゃんとしてくれるか?という問題もありますけど、模擬面接は本番のような緊張感に慣れていくという意味でも重要です。また、本番の面接を何度も受けていくと思うので、それもやはり練習になりますし、その中で想定外質問をされたときの経験というのも役立つはずですが、前もって心の準備というのはしておいた方が良いと思います。就活の面接で頭真っ白になると、先ほど言ったような焦ってとりあえず回答しましたみたいなことになりかねませんからね。やはり焦ってとりあえず答えるくらいならば沈黙した方がマシだと思いますし、無責任な回答をするよりは、分かりませんと言った方が良いのではないか?と思うのです。焦ってはいけないのです。

 

分かりませんと答えてしまうというのは、評価を下げるのではないか?と思うかもしれませんけど、焦って回答してよく分からないことを言ってしまう方がむしろ評価を下げると思います。それに面接官としても難しい質問をしているという認識があれば、答えられないとしても評価を底まで下げることはないでしょう。むしろ、いい加減な回答をされるよりは素直に分からないと言ってくれた方が好感を覚えるかもしれないのです。したがって、いきなり答えたり、いきなり分かりませんと言うのではなく、とりあえず考えてみてほしいと思います。就活などの面接で想定外質問がきたら、まず考えてみます。それで自分なりに良い答えが出たと思ったらそれを言ってみれば良いと思いますけど、何も思い浮かばないとか、イマイチな回答しか出てこないというのであれば、そういったときには分かりませんと言ってみるのが良いのではないか?ということなのです。就活などの面接では予想外の質問がくることがありますが、頭真っ白になって焦ってしまわないように、そのときの対応の仕方は自分の中でマニュアル化しておくと良いのではないか?と思います。

 

就活などの面接では頭が真っ白になったりすると本当に適切な行動がとれなくなるので、やっぱり事前に自分の中でマニュアル化しておくことは大切ですが、面接に受かるためには面接官の考えていることをある程度読む必要があります。以下の本はそういった新卒の面接官の採用基準などについて書かれているものです。新卒の面接官が使っている採用基準がどういったものか?面接学生のどこを見ているのか?どういう学生が評価されるのか?について書かれているので、内定が欲しい学生にとってみればかなり参考になる可能性があります。面接官の採用基準が分かれば、そこに合わせるように面接対策をしていけば良いので、面接官から見たときに非常に魅力的に見える学生を演じられる可能性が上がり、やはり面接において評価される可能性が高くなるでしょう。内定を取れる確率も上がるかもしれないので、こういった本は役立つ可能性があります。良かったら参考にしてみてください。

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

 

 

あわせて読みたい記事