読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

面接の自己紹介の内容は何を言えばいいのか?何を言うと評価される?時間は1分くらいがちょうど良いか?

【スポンサードリンク】

就活などの面接では自己紹介を求められることもあります。自己紹介と言われても何を話せば良いのか?というのは悩むところでしょう。就活の面接での自己紹介では何を言えばいいのか?これで合否に関係するとしたらかなり慎重に内容を考えないといけません。そして、どれくらいの時間話せば良いのか?というのも気になるでしょう。面接での自己紹介の内容はそこまで合否に関係するとは思いません。ほとんど掴みだと思います。そこで何も話せないような状況になると、さすがにコミュニケーション能力に問題があるのでは?という予測も成り立ち、合否に影響を与える可能性もありますが、たいていの場合にはそんなに影響を与えるものでもない気もします。面接での自己紹介の場合には内容よりも話し方、喋り方の方が評価対象になるかもしれません。内容を吟味するような質問ではないので。面接での自己紹介では何を言えばいいのか?というのは、別に正解はないですけど、テンプレのようなものはあるでしょう。そういったものを調べてそれに沿った形で話していければ良いと思います。面接の自己紹介で話す内容はテンプレ通りでも全然構わないでしょう。具体的な内容を自分なりに多少アレンジしていければ。

 

就活の面接の自己紹介でまず話さないといけないのは名前と大学名ですか。こういったものは会社説明かの出欠確認などでも話しているかと思いますが、就活において自分の基本情報を話すときにはテンプレというか、大前提になるでしょうか。できるだけ丁寧にいった方が良いので、学部の他に学科や専攻がある場合にはどこまで添えた方が良いでしょう。また、面接の自己紹介で何を言う?というときには、時間を気にする必要もあります。短すぎてもあれですが、長すぎてもいけないので。こういった自己紹介では面接の一部になるわけですから、あまり他の質問の時間を奪わないようにしたいですね。私の感覚だと、就活などの面接の自己紹介の時間はせいぜい1分くらいを目安にすれば良いと思うのです。そうなると、名前と大学名以外で話せるとしたら3つくらいですかね?こういった面接の自己紹介で何を言うか?というのは大学と名前以外ならば、どういったものを入れても良いと思います。面接の自己紹介の内容ではテンプレのようによくある内容を入れても良いと思いますけど、自分なりにアレンジして、オリジナルのものを入れても良いと思います。

 

面接の自己紹介で何を言えばいいのか?については、大学名と名前以外では大学で学んだことですかね?面接の中で別途聞かれる聞かれる可能性のあるものは、そこで答えれば良いと思うので、話してはいけないわけではないですけど、ここで言わなくても良いのでは?という感じです。そうなると大学で何を学んだか?主な専攻は?などは大学名からの流れで自然ですし、面接の自己紹介の内容としては良いんじゃないか?と思うのです。ゼミのことでも良いでしょうし、ゼミに入っていないならば、特に関心を持った領域や授業などでも良いでしょう。そこで学んだことを会社に入ってどう生かすか?なども同時に話せたら良いかと思います。自己PRみたいな内容になりますが、自己PRとして別の話題を用意しているならば、自己紹介で話しても良いと思うのです。面接の自己紹介では何を言うか?迷う人にとっては良い材料かな?と思います。ここまで言って40秒から1分くらいかかりそうです。面接の自己紹介の時間は1分あたりを目安にするのであれば、この3つに最後軽い挨拶を添えればちょうど面接の自己紹介で1分くらいはいくのではないでしょうか?面接の自己紹介の時間はあまり長いと面接官を困惑させる可能性もあると思いますから、1分から1分半くらいまでを限度にすると良いと思います。

 

就活などの面接における自己紹介としては内容はこのあたりになると思いますが、あとは軽く趣味や休日の過ごし方、入社したときの抱負などが候補になると思います。基本的には面接の自己紹介の時間は1分から1分半くらいに収めてほしいと思うので、あらかじめ面接の自己紹介で何を言うかを考えて、その考えた内容を話したときにその時間あたりに収まる個数のことを話していけば良いでしょう。1つの項目を具体的に話しすぎると時間とられますし、内容が少ないとすぐ終わってしまいますし、それぞれにおいて3~5くらいの話題を入れて面接の自己紹介の内容を考えていくと良いと思います。面接における自己紹介というのは、掴みみたいなものですし、学生が緊張しないで話せるように、リラックスできるように用意してくれたような質問のようにも感じます。したがって、そんなに難しく考えなくても良いと思いますが、いい加減にもできないので、そこが少し難しいところになると思います。

 

面接での自己紹介は1分から1分半くらいを目安にして、主な項目を3~5個くらい用意して、それぞれを簡単に話していければ良いと思います。1分から1分半というのは、常識的に考えたらそのくらいかな?という感じなので、必ずしもそのくらいが良いとは言えません。面接官から1分でとか、2分でとか、3分でとか、時間をそれぞれ指定されるかもしれませんから。面接の自己紹介で時間を指定されなければ1分から1分半くらいが良いのでは?と思うということです。時間を指定されて長めに言われた場合にはその時間で話さないといけませんが、最大でも3分くらいでしょう。3分もかなり長いほうだと思いますけど、最大でそのくらい話せるように用意していけば良いですが、基本的には1分半くらいのものを用意しておけばたいていのケースでは持つのではないか?と思います。名前と大学学部名などは良いとしても、それ以外は同じようなことをみんな言う可能性もあります。面接での自己紹介は評価される対象になっているか?は分かりませんが、自己紹介なので、何かしら自分のキャラクターや特徴を印象付けられるようなことを混ぜていければ良いと思います。面接の自己紹介で自己PRは話す必要ないかもしれないが、何かしらの良さを印象付けられたら良いと思います。

 

 

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

 
あわせて読みたい記事