就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

公務員試験の面接で嘘は言ってはいけない?一発アウトはないが話すことがない人はどうする?

【スポンサードリンク】

公務員試験の面接においては言ってはいけないことってあるんですかね?強いて言うならば嘘にあたることはあまり言わない方が良いと言われていますよね。嘘をつくのはあまり宜しくないという雰囲気があると思います。実際、公務員試験の面接では嘘は言ってはいけないことなのでしょうか?公務員試験の面接で嘘をつくとしたら併願とかの質問に関してが多いのかもしれません。公務員試験の面接で併願状況で嘘をつく人は結構いそうです。あとはアルバイトやサークルなどでしょうか?公務員試験の面接アルバイトやサークルにおいて嘘をつくとしたら、それらをやっていないのにやっているといった内容で答えるといったことがあると思います。就職活動とかでも、アルバイトやサークルに関して嘘をついたり、話を盛る人は結構いそうですけど、公務員試験でも普通にあると思います。そもそも公務員試験の面接では嘘は言ってはいけないのか?については、明確な回答はできません。何を基準に嘘がいけないのか?というと、法律を基準にすると嘘を直接拘束するものはないでしょうね。あとは個人の倫理観とか、そういったアバウトな基準になってしまいます。倫理観というのは、決まった固定のものがあるわけではないので、各自の判断に委ねることになってしまいます。

 

だから、公務員試験の面接で併願やアルバイト、サークルで嘘をつくというのは扱いとしては微妙ということになってしまいます。公務員試験の面接では嘘は言ってはいけないのか?というと、そうとも言えないと思います。というのも、じゃあ全て本音で話して、それを良しとする人がどれだけいるのか?という話なのです。志望動機を本音で話したら、さすがにそれじゃ受からないから変えた方が良いとか、そういうアドバイスをする人は結構いると思うのです。でも、そういう人は嘘をついた方が良いというアドバイスをした方が良いということを言っているわけです。したがって、公務員試験では嘘は言ってはけないと思っている人はそこまで多くないのではないか?と思います。例えば、公務員試験の予備校では実績を作らないといけないので、受講生にはある程度合格してもらわないと困るわけですよ。そういったときに合格実績を作るためには受かってもらうことが必要なので、面接対策とかを手伝うときには受かるためのアドバイスをしていきますよね。その中には絶対に嘘が混じる気がするのです。公務員試験ではサークルやアルバイトなどで嘘をつく人は多いと思いますが、盛るという言い方をする場合もありますけど、何らかの嘘をつく人は多いと思います。嘘が良いか?どうかはともかくとして、嘘をつくことを良しとする人はそれなりにいるということです。

 

ちなみに公務員試験の面接において一発アウトのような言葉はあるのか?についても気になっている人はいるかもしれませんが、公務員試験の面接では基本的には悪口とか、暴言とかに該当するものでなければ、一発アウトはありえないと思います。だから、それこそ志望動機で公務員は安定しているからです。と言っても一発アウトににはならないと思います。それで受かった人もいるみたいですから。人によっては志望動機の捉え方は違うということでしょう。本当に公務員が安定しているのか?の問題はさておいて。公務員試験の面接は盛るみたいなことは誰もが少なからずやっていると思った方が良いですし、盛ると嘘の境界線はどこなのか?というのは非常に難しいです。公務員試験の面接でのアルバイトやサークルなどで盛るということは、民間企業ではみんなやっていて、当たり前のテクニックになっています。嘘をつくということは引け目を感じても盛るということは結構やる人は多いんですよ。そうなると、嘘をつくということと盛ることの差はどこで生まれるのか?がポイントになりそうです。

 

公務員試験の面接で話を盛ることはエピソードがないというか、そのまま話しても評価されなさそうな人が1から嘘をつくわけではないが、大分アレンジをするようなときに使う手になります。話を盛ることと嘘をつくことの違いというのは判断のしようがないですけど、話を盛ることはセーフみたいな雰囲気はあります。実際問題として話を盛ることと嘘をつくことの差は主観的なので、あってないようなものということになります。公務員試験の面接ではエピソードがない人は嘘をつくか、話を盛ることをしないと話すことがないという人もいると思うのです。ここで気になるのは公務員試験の面接では嘘を調べることはあるのか?ということではないでしょうか?そういったことはまずしないと思います。特に受験者数が多いような都庁、特別区、国家一般職、総合職、国家専門職などは特にそうです。公務員試験の面接で嘘を調べる時間的余裕はないでしょう。でも、面接を通じて嘘をついていないか?を追及するくらいはやるでしょう。話を盛る場合には追求しても分からないケースが多いように思いますけど、結局は面接官が面接中に掘り下げていってそれで嘘か?どうかを判断していくと思います。だから、嘘を調べることはしなくても、質問と返答を繰り返していくうちに嘘じゃないか?と思われる可能性はあります。嘘か?どうかを調べるのではなく、受験生の返答をもとに嘘をついているかもしれないと判断することがあるので、場合によっては嘘じゃないのに嘘だと思われる可能性があるということです。公務員試験の面接では話すことがないときに嘘をつくことがあるかもしれませんが、嘘をつく理由もないし、嘘をついていないのに嘘と判定されるリスクも少なからずあるということですね。

 

公務員試験の面接というのはどうしても話すことがないという人が出てきてしまうと思うのですが、そういったときにはどうしても嘘をついたり、話を盛ったりする必要が出てきます。公務員試験での面接は民間と似ている面もあるため、エピソードがないというケースが結構あると思います。具体的な話をもとに語らないといけないような質問が多いので、具体的なエピソードがないとどうしようもないところがあるのです。大学時代に何かしらの経験をしていないと語れないことがあるならば、何かしらエピソードを見つけてくるか?自分で考えるか?しないといけません。エピソードを自分で考えたときには質問への返しで嘘を見破られることもあるでしょうし、嘘をついていないのに嘘をついているんじゃないか?と思われることがあるので、エピソードがあるか?ないか?じゃなくて、矛盾がないように、面接官にとって合点がいくような返答をしていかないといけないとなります。嘘だと思われたら評価が下がるのか?どうかはともかくとして、嘘をついても、つかなくても、面接官は嘘だと判断することがあるというのは知っておかないといけません。嘘をつかない方が嘘だと思われる可能性は低くなると思いますから。

 

公務員試験の面接を受けるときには事前に対策をしていくことになると思いますけど、そのときに役立つ可能性があるのが以下の本です。公務員試験の面接をこれから初めて受けるという人にとっては、公務員試験の面接とはどんなものなのか?どういう内容で、流れはどうなっていて、どういう部分が見られていて、どんな対策をすれば良いのか?というと、基礎から合格を掴み取るまでのレベルまで丁寧に解説されています。したがって、これ1冊を読めば公務員試験のあらゆる事務職の試験種の面接試験で合格をつかみ取れるレベルにまで面接力を上げられると思います。また、本書には公務員試験の面接官がどういう学生を欲しがっているのか?に関しても書かれていて、スクラッチを例に解説しているページがあるのですが、それがかなり参考になる可能性があります。公務員試験の面接に受かりたい人は、面接官の心を読んで、どういう人を欲しがっているのか?どういう学生を採用したがっているのか?について知っておくと、内定を貰える可能性が高まるのではないでしょうか?

 

面接・官庁訪問の秘伝 2018年度採用版 (公務員試験)

面接・官庁訪問の秘伝 2018年度採用版 (公務員試験)

 

 

あわせて読みたい記事