就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

金持ちになるには、お金持ちになる方法は他人やお金に稼いでもらうという発想が必要

【スポンサードリンク】

お金持ちになりたいならば、自分で働いてはいけない。というのが私の考えです。自分で働くってことは、資本が自分になってしまいます。自分という存在は動ける範囲、使える時間、持っている知識や経験などに限界があります。したがって、稼げる金額はたかが知れているとなる気がするのです。お金持ちになりたいならば、自分以外のものに働いてもらう必要があります。自分以外のものって何か?っていうと、1つは他人です。会社の経営者は最たる例で、彼らは従業員という他人を使って、自分1人では生み出せない利益を出しているケースが多くあるでしょう。アフィリエイトとかもそうかな?あとはお金に働いてもらうという考えもあります。お金に働いてもらう最たる例としては、投資があるでしょうか?投資に手を出すのは・・・と考えている人も多いでしょう。でも、お金に働いてもらうということは、恐らく1番やりやすいと言えるのではないか?と思います。

 

お金持ちになる方法を探している人はこの2つのうちのどちらかを実践するか?両方兼ね備えたものを実践すると良いでしょう。お金持ちになるにはとにかく自分が働いてはいけないのです。以前、ホリエモンが「自動車を現金で買う奴は馬鹿」ということを言ったことがあるようです。ネットで検索すると見つかります。え?なんで?ローンを組むより、それを買うことができる現金があるなら、ローンじゃなくて現金で買った方が得じゃない?と多くは思うでしょう。私も最初はそう思った。しかし。この発言を聞いて10秒経ったくらいで、ホリエモンの言わんとしていることが分かったのです。彼の真意は私の予想通りだったが、彼によると自動車のローンの金利は今すごい安いと。その状況で現金で買うのではなくて、ローンで自動車を買い、持っている現金を投資に回せということなのです。これはさっき出した「他人に稼いでもらう」と「お金に稼いでもらう」という2つを兼ね備えた例に近いかもしれない。ローンっていうのは、自分のお金ではないのです。借金をするということだから、他人のお金を一時的に使わせてもらうという解釈になります。つまり、自動車を買うならばローンで買うということは、他人のお金で手に入れられて、かつ自分のお金を投資に回せるということで、ホリエモンの言っていることは非常に合理的なのです。

 

しかし、この意見に関しては、理屈は分かるが、その投資に回した方で絶対に成功できるとは限らないということを言う人もいます。一般的にはこの意見は正しいものと扱われる気がします。しかし、その一般的な意見を言っている人たちの多くは、恐らく投資をやっていないと思う。これはアフィリエイトとかにも言えるんだけど、やっていない人ほど、「どうせうまくいかない」ということを言うような傾向がある気がするんですよね。でも、やってみたら案外こんなものか。と思うこともあるんじゃないか?って思うのです。私も投資はそんなに積極的にはやっていないので、偉そうなことは言えないが、世の中には100%ではないが、限りなくそれに近い形で成功すると思える投資があると思う。私はそれにちょっと手を出している。別に情報商材を売るつもりではないので安心して聞いてほしいが、私がやっている投資の手法は、そもそもライバルがほとんどいないので、結構楽にやっている面もあるが、今の世の中で存在している投資の中で言うと、不動産投資は成功確率は相当高い方になると思います。失敗する可能性は0ではないが、稀な方なんじゃないかと。あくまでも成功法則に裏付けされたやり方を実践したらの話ですが。でも、不動産投資ってみんなやらないじゃないですか?それは大金を使うためにリスクが怖いっていうのもあれば、不動産投資を始めるだけの資金がないから。って事情もあるかもしれない。

 

でも、少なくとも資金の問題に関しては、金利が安いので意外と簡単に借りられるケースが多い。普通のサラリーマンが1億円くらい投資用物件の購入費用として借りているという例もあるし、意外と借りられるものなんです。で、不動産投資は利回りが非常に高い、5~10%くらいは平均してありそうな気がする。不動産投資はまさに他人のお金を使った稼ぐケースなんですよ。本来なら持っていない自分のお金以外のお金を使って稼ぐ。しかも、自分が直接動く必要はあまりなく、借り手が勝手に収入を発生させてくれるので、不労所得に近い。まさにお金持ちになるには?の条件をかなり満たした方法なんです。不動産投資は場合によっては自分が不動産に住むことを考えると、意外とリスクが小さいんですよね。あとは信頼のおける不動産会社の人に仲介に入ってもらって、物件の選び方などをレクチャーしてもらえれば成功確率はどんどん上がると思う。リスクが0ではないので、絶対にやるべきなんて言い方はしないが、不動産投資をやっている人間とやらない人間の資産格差っていうのは、これからは出てきそうな気がします。

 

実際、フジテレビのバイキングという番組で、不動産投資で成功した人が出演していて、その成功への道のりというか、具体的な戦略を解説していたことがあるのだが、その話を聞いていた番組出演者のの坂上忍氏は「理屈では分かるけど、その勇気を持てるか?だよね!」と唸っていた。彼曰く、不動産投資で成功していた人の話は、理屈のうえでは成功できる確率がかなり高いと感じたが、そんなことよりもそんな大金を投資に回せる勇気を持てるのが1番すごいと感じたというのだ。実際、億単位のお金を動かすことにもなることあるし、そんな勇気を簡単に持てるか?というと難しいかもしれない。でも、この話って別の見方をすると、その勇気さえ持てればほぼ成功するってこと?みたいな話にも聞こえてくる。私は不動産投資に関してはそこまで詳しいわけではないので、説得力のある話はできないし、別に不動産投資を勧めるつもりもない。やるときは是非自己責任でやってもらいたいが、不動産投資を極めた人間からすると、失敗するという考えはほとんどんかったような言い方に、私は感じられた。成功者からすると、何でみんなやらないの?くらいに思っているのかもしれないです。投資をやっている人とやっていない人の温度差の問題っていうのは1つあると思うんですよ。

 

つまり、ホリエモンの意見に対して、簡単に成功する投資があるならみんなやっているよ。絶対にリスクが大きいでしょう。という意見は一般論としてはあるが、その一般論が確実に正しいか?どうかは別だと思うんですよね。アフィリエイトとかだって、やってない人が大半だと思うが、やってもどうせ稼げないということを思っている人は結構いると思いますし、私はその見方はあまり正しくないと、自分で実践して思いました。やってみると成功する人って結構いると思うし、やらないともったいないくらいに私は思っているんですけど。ホリエモンの言っていることが100%正しいとは言うつもりはないが、でも多くの人は先入観で可能性をすごい狭めているっていうのはあると思うんですよね。やれば成功する人は結構いるのに、みんなやらない。お金持ちになりたいと思うならば、常識を捨てるって大事じゃないですか?常識的に働いていたら、会社に雇用されて働くという形になると思うし、その働き方を続けていてもお金持ちになりたいという夢が叶いそうにないというのは、多くが感じていることだと思うんですよ。ってことは、お金持ちになるには?働き方から常識を捨てないといけない。そのうえでお金の稼ぎ方に関して、いろいろな常識や先入観を取っ払ってやる必要があるのではないでしょうか?常識の通りに動くってことは、みんなと同じやり方をすることになってしまうので、それだとライバルが無茶苦茶多いってことですから、条件的に厳しいのです。

 

お金持ちになる方法というのが確実にあるなら、みんなやっているという常識はみんな持っている。その中で、実際にその方法とやらを信じて行動する人はある意味非常識というか、少数派だと思うんですよ。彼らの全員が成功しているとは言わないが、成功している人の多くは彼らのような人と違う行動をする人間、非常識な人間なのです。私も非常に非常識な方法で投資をやっているが、非常識な方法だけにライバルが全然いない。だから、今のところ成功している。お金持ちになるにはすでに説明したように、自分が働いてはいけない(他人やお金に働いてもらう)ということ、そして常識にとらわれないことという2つの発想が必要だと思います。それを突き詰めていけば、いずれお金持ちになれるかもしれないのです。

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

あわせて読みたい記事