就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

食品ロスは何が問題?なぜ増える?その原因と減らすには取り組みとして何をすべきなのか?

【スポンサードリンク】

「食品ロス」という言葉が最近よくニュースで聞かれる気がする。しかし、その議論の中心は廃棄されるものや食べ残しを減らそうとする動きであって、そもそも食品ロスの何が問題?という部分は全く議論されない。食品ロスを減らすには?どういった取り組みをすればいいのか?という議論がほとんどです。食品ロスがなぜ増えるのか?という議論があるのだから、多くの人にとっては食品ロスはいけないことであり、議論なんてするまでもないという思考になっている可能性もある。本当に食品ロスは何が問題なんだろうか?今回はその根本から考えていきたい。ここで取り上げる食品ロスは、主に廃棄と食べ残しの2つであるが、この2つのうち食べ残しに関しては、私は問題がないと思っている。というのも、ケースにもよるけど食べ残しというのは、イメージで問題にされている面が大きい気がします。たとえば、ご飯を食べていて、3分の1くらいを残したところでおなか一杯になってきた。でも、残したらもったいないということで食べる人がいますね。しかし、このおなか一杯の人が無理やり食べた残り3分の1のご飯というのは一体の何の役割を果たしているでしょうか?何の効果があるでしょうか?そこが問題なのです。

 

私たちって、胃の中に収めればもったいなくないが、ゴミ箱に捨てられたらもったいないという、すごい極端な二分の価値観があると思うんですけど、これは正しくないと思うんですよね。もうおなか一杯の状態で、無理に食品を口に入れるということは、この人はこの時点では食事は欲していないわけです。つまり、食事を欲していない人が食事を摂ったわけですよね。これってもったいなくないですか?つまり、国が金持ちだけに現金を配るみたいな、十分お金を持っている人が国からお金をまた与えられるという、よくわからない政策をやっている状態なのです。お腹いっぱいの人がご飯をあえて食べるというのは、お金持ちの人に国がお金を配る状態とあまり変わらない気がします。おなか一杯の人が時間が経過して、またおなかが空いてきたというときに、さっき残しておいた3分の1のご飯を食べたならば、この人は食事を欲している状態で、食事をしたので意味があると言えると思うのです。それは先ほどの例でいえば、貧困家庭にお金を配ることになるので、まだ意味があると言えると思うのです。だから、残した食事というのはとりあえず口に入れれば良いとか、もったいなくないとか、そうではないと思うんですよ。問題は、その食事が私たちに何の効果をもたらしたか?役割を果たしてくれたか?だと思うのです。おなか一杯の人が食べ残しをしないために、無理に口に入れたところで、苦痛を味わっているだけであって、食事が果たす意味ってものすごく小さい気がするのです。

 

だから、先ほど言ったみたいにおなかがすでに一杯で食べ残しをしそうという状況ならば、おなかが空くまで待てばいいとなると思うんですけど、そのときには廃棄の問題が出てくるわけです。つまり、おなかが一杯なので、ある食事量を食べ残し、それを別の機会にとっておくとなると、次の食事をするタイミングでは、作る量は少なくて済みます。さっき食べ残した分があるから。そうなると、例えばファミレスでのケースを話すと、Aさんが昼食時にB店でCというメニューを注文し、食べていたがおなか一杯になってしまい、食べ切れなかった。しかし、夕食の時間まで経過したら、食べられるようになってそれを店内で食べて帰りました。家に帰ったAさんが予定した食事よりも少ない料理を作り、それを食べてもうおなか一杯です。という状態になりますけど、こういうケースがあると、Aさんは当初予定していた夕食の食材のうち、一部を使わなくて済むので、万々歳!と思うかもしれないけど、こういうケースがあると、賞味期限が切れてしまって、明日まで持たないから捨てるしかないという状態が生まれる可能性があるのです。つまり、食べ残しを減らそうとする動きは、廃棄を生む可能性があるということになります。お腹がいっぱいの状態で無理に食べ残しをしないために口に入れる行為も、お腹が空くまで待ってから食べ残しを再度食べるという行為も、結局そんなに意味がある行為ではない可能性もあるのです。

 

食べ残しをするタイミングを完全に予測できれば、使われなかった食材が廃棄される可能性を見越して、少な目に材料を買っておこうか?とかできますけど、食べ残しを完全に予測できないというのが問題だと思うのです。だから、食べ残しが一定の確率で発生するし、食べ残しを防ごうとして時間を空けて食べた結果、使われなかった食材が廃棄されるといったことが起きてしまうのではないでしょうか?だから、食品ロスの何が問題か?っていうと、食品がロスされること以前に、私たちの食べ方の問題があると思うのです。食べ方というか、食事の作り方ですか。食品ロスはなぜ起こるのか?原因は何か?っていうときには、結局まとめて作るのが問題なんです。かなり極端な例を挙げると、ご飯を炊くときに茶碗一杯になるように計算して炊くと全部食べ切れなくて、食べ残しになる可能性は上がります。しかし、ご飯粒を1つずつ炊いて食べれば、お腹いっぱいのところでストップすればいいので、食べ残しは100%生まれないしょう。つまり、食品ロスを減らすにはこういった取り組みをすれば、簡単に根絶できますよ。でも、こんなことやらないでしょう?あまりにも面倒すぎるからです。

 

ファミレスが食材などをまとめて仕入れるのも同じ理由で、お客さんがどれだけくるか?その料理がどれだけ注文されるか?を完全に読めないからですよね。お客さんから注文が入って、そのメニューに必要な材料をそのときに初めて取り寄せて、それから作り始めるなんてやり方をすれば、ファミレスでも食品ロスは廃棄においてはなくなりますよ。でも、むちゃくちゃ時間がかかるからやってられない。だから、多めに仕入れて、廃棄が出てもしょうがないという体制をとっているわけなんですよね。つまり、食品ロスは私たちの利便性という部分と密接に関係していると思うののです。だから、食品ロスを減らすにはその利便性を一部捨てないといけない可能性もあります。食品ロスがなぜ増えるか?の原因は、私たちが利便性を追い求めているからという部分もあると思いますよ。仮に自給自足の生活を国民全員がするようになれば、食品ロスはだいぶ減ると思いますが、そんな全員が農民みたいな状況は受け入れられないでしょうから、食品ロスはどうあがいても根絶は無理ですよ。無理というのもあるし、そもそも現在行われている取り組みに関しては、先ほど言ったように、必ずしも意味がある取り組みか?どうかは分からないと思います。

 

そして、食品ロスはそもそも何が問題か?について議論したいと思います。食品ロスって問題なんですか?食品が仮に石油みたいに埋蔵量に限界があるものならば、確かに食べられない捨てられてしまうのはもったいない気がしますが、食べ物ってそういう性質ではないと思うのです。いくらでも作り出せる性質だと思うんですよね。たとえば、水がそうでしょう。水は今後なくなるものですか?といったら、まずなくならないでしょう。水がなくなるときというのは想像できないと思います。実際に100%とは言わないが、99.9%以上の確率でなくならないでしょう。天候によっては水不足くらいは起きるかもしれないですけど、それも一時的な問題であって、未来永劫にわたって水がなくなるというのはまず考えられない。食べ物が今後なくなりづらいということを考えると食品ロスがどこまで問題か?ていうのは個人的にはよく分からないんですよね。震災とかで特定の地域に食べ物が不足するみたいなことが実際にあったので、まったく問題ないとは言わないが、でもそれが問題ってことになると、私たちの普段の生活ってすごい食べ物をもったいなく消費してません?私たちって食事をするときにはおなか一杯まで食べるじゃないですか?そういう人が多いと思うんです。でも、そんなことをする必要ってあります?生命を維持するのに必要な量を摂ったら、後は食べる必要性は本当はないんです。でも、おなか一杯まで食べるのは、満足度を高めるためでしょう。つまり、その満足度を高めるための部分の食事って本来そんなに必要じゃないんですよね。それをしなくても生きていけますから。

 

つまり、食べ物が不足するかもしれないのだから、食べ物を廃棄したり、食べ残しをしたりするのはもったいないという意見が仮に正しいとすると、おなか一杯まで食べるという行為もあえてする必要性がないのだから、じゃあ食べ物が不足するときに備えてとっておくとかした方がいいのでは?と思うんですよ。だから、保存が利くものだけを生産して、それ以外は生産しないとか、そういった体制にすれば、最低限のものを食べて、残ったものはいざというときのためにとっておくみたいなことってできますよね。食品ロスが問題と言える余地があるとすれば、先ほど言ったように食べ物が不足するようなケースがあるから。くらいしか、私は思いつかないんですけど、おなか一杯まで食べるという行為は本来そんなに必要ではない量の食べ物を摂っているという見方もできると思うので、食べ物が不足するような状況を食品ロスの問題点として捉えるならば、私たちの当たり前の食事の摂り方も問題だと思うんですよね。

 

この思想というのも、さっき言ったような、胃の中に入れてしまえばもったいなくないという価値観から生まれていると思うんでうよね。つまり、胃の中に入っているのだから、おなか一杯まで食べる行為はもったいなくないんだ。という理屈なのではないでしょうか?でも、食べものが全然ない国の人たちから見たら、おなか一杯まで食べる光景はもったいなく映るでしょう。彼らは食べ物を食べるときには、おなか一杯まで食べるなんて行為は絶対にしないはず。次はいつ食べ物が手に入るのか?分からないのだから、できるだけとっておくと思いますよ。私に言わせれば、食品ロスの何が問題?というのは、かなり限られたシーンでのみだと思うんですけど、それが問題となるならば、そもそも私たちの普段の食事の摂り方も問題じゃないか?と思うんですよ。おなか一杯まで食べるというのは、満足感を与えているのだから、食事がちゃんと役割を果たしているという意味では、意味がある行為と評価できなくはない。でも、満足感が理由になってしまうと、食品ロスがなぜ増えるのか?の原因を探ったときにも、結局満足感が起因していると思うのです。先ほど言ったように、手間がかからないことと引き換えに廃棄とかは起きているわけですから、手間がかからないことは満足感の一種なので、じゃあおなか一杯まで食べることがOKなのに、食品ロスはなぜ問題になるのか?がよく分からないのです。結局のところ、利便性や手間がかからないという満足感を捨てるということをしないと、食品ロスは解決しないでしょう。その勇気が国民にあるか?が議論の焦点じゃないですか?

 

フードバンクという挑戦――貧困と飽食のあいだで (岩波現代文庫)
 

 

あわせて読みたい記事