就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活で失敗体験や失敗談を聞く意図は?例がない、浮かばない人はアルバイトや高校時代の話で探すと良い?

【スポンサードリンク】

就活では失敗した経験などを聞かれることはよくあると思いますけど、こういった質問は何て答えれば良いのでしょうか?就活で失敗したことを聞かれたら迷う人は多いと思うのです。どうしても企業が就活の面接で失敗談を聞く理由が気になる人はいますよね。企業が失敗談を聞く意図はいろいろと想像できます。失敗談って結構学生のいろいろなところを見られると思うので、企業が質問する理由は結構理解できます。就活で失敗したことについて聞かれたらどういった回答をすれば良いのか?について、私の考えを書いていきます。企業によって、人事によって見ているポイント、評価基準というのが違う可能性もありますけど、私が面接官でこの質問を見るとしたら、学生の論理的思考力を見ます。失敗っていうのはどんなことでも良いんですけど、必ず原因があるはず。そして、成功体験と比べてもその原因を掴みやすいと思うのです。成功体験っていうのはたまたまってケースが結構含まれる場合もあるので、失敗談の方がそこを見出しやすいというのがあるかな?と思います。就活で失敗経験を聞かれたときには、基本的にどんな失敗をしたのか?を聞きたいわけではないでしょう。そこがメインではなくて、その失敗をした経験からどういう行動をしたか?がポイントになるのです。そこをまず意識しておかないといけません。

 

就活で失敗経験を聞かれるときというのは、こういった点を見られていると思った方が良いでしょうし、評価基準としてもこういう部分を想定しているのではないか?と思います。就活での失敗談や失敗経験はいろいろありますが、基本的には失敗したことそのものを聞きたいわけではないでしょう。就活での失敗したことを聞く意図はそこからの挽回の話なので、挫折経験とかも同じですね。聞き方が違うだけで、挫折経験というのもそこからどうやって挽回したか?が焦点になるので、そこを意識していきましょう。就活で失敗経験や挫折経験を聞かれたら、題材選びが特に重要です。題材としてどういうものを選ぶか?でその後の挽回した部分をどうやって話していくか?効果的に面接官に伝えられるか?が決まりますから。だから、大前提として失敗が成功に変わったもの、そこから乗り越えたことを題材にしないといけないので、それを探してみることがまず必要になります。アルバイト経験とかは、そういったことにアピールできそうなエピソードがありそうな気がします。アルバイトで1回も失敗していない人なんかいないと思いますから、小さいことでも良いので失敗経験などがないか?を考えてみましょう。そして、題材が決まったら、なぜその失敗が起きたのか?の原因を分析してみます。

 

その原因を分析して、失敗がなぜ起きたのか?を考えて、それへの対策を考えます。そして、その対策を実行します。そして、成果を出しますという流れを、自身の失敗したことの中で見つけ出し、エントリーシートに書いたり、面接で話したりするのです。就活での失敗経験や失敗したことの例はいくらでもあります。これまでの大学生活などを振り返ってみると結構見つかるという人もいるかもしれません。私ならばアルバイトを選ぶと思います。1番探しやすいと思うのです。就活での失敗したことの例としてはアルバイトやサークル、ゼミ、留学、ボランティアなどが定番かもしれませんけど、定番以外の題材でも良いと思います。挫折経験のようなものはいろいろな題材が当てはまると思うので、失敗したことの中でもちゃんと原因を分析して、改善策を導き出して、それを実行して、ちゃんと成果という形で示すことができたものを選んでほしいと思います。就活での失敗体験などを聞いてくる企業は多くあると思います。成功体験というケースもありますけど、就活ではどちらかというと失敗体験の方が多いかな?と思うんですよね。そういった例は多くあると思うので、エントリーシートや面接で頻出の質問だと思った方が良いです。

 

就活での失敗経験はどういった内容のものでも良いと思いますけど、アルバイトかがやはり話しやすいかな?とは思います。就活における失敗談は結構合否にかかわる質問になると思いますから、ちゃんと考えておくと良いと思います。就活では失敗経験がないというか、いい例が思いつかないという人もいると思います。失敗経験が思いつかないときには結構遡って探してみても良いと思います。基本的には大学生時代のことで探すということになるとは思いますけど、その時期にこれといった失敗経験がないというのであれば、高校生とかそれ以前に遡って探すしかないと思います。捏造するよりはまだそっちの方が良いと思うのです。大学受験とかを挙げる人もいるのかな?大学生の話が良いとは思いますが、どうしても就活での失敗談がないという場合には、大学受験などを使うのもありかな?とは思います。できれば就活での挫折経験や失敗体験はアルバイトが望ましいというか、話のストーリーを作りやすいとは思います。大学生のときにアルバイトをある程度の期間やっていれば、少なからず失敗体験はありそうですけど、アルバイトを全くやっていないという人もいると思うのです。そういう人はちょっと探すのが難しくなる可能性もあります。そういうときには高校生以前の話を探すのもしょうがないでしょう。それか大学生時代のプライベートというか、趣味とかの個人的な部分での失敗談を探すかですね。就活における失敗経験がないという人、浮かばないという人はそういった方法で探すと良いと思うのですが、やはりアルバイトをやっているか?どうかというのは就活ではエピソードを探すときに重要なのです。アルバイトはいろいろな経験をすると思いますから。

 

就活ではいろいろな面が見られているので、それに合わせて回答の内容を考えないといけませんが、就活で内定を取るためには人事や面接官の心を読むことも重要です。それは彼らがどんな学生を欲しがっているのか?を知るということです。そういったときにおすすめなのが以下の本になります。本書は早期内定を取るために必要なコツなどが書かれているので、参考になる部分が多いと思います。しかし、それだけではなくて人事がどういう学生が欲しいのか?人事はどういう学生をいらないと思っているのか?などについての本音を語っている箇所があり、そこを読んでおくと人事にとって好意的な人材がどういう人なのか?が分かります。そして、その人材に見えるようにあらかじめ対策を練っていれば、採用可能性が上がるということが言えるのです。つまり、内定を取りやすい人物像を知って、そこから逆算していけば内定をとれる確率が上がるということになるのです。したがって、就活で内定を取るために使える可能性がありますから、よかったら参考にしてもらえると良いと思います。

 

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

 

 

あわせて読みたい記事