就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

メルカリで読書感想文が販売?教育や宿題への需要は驚くほど少ないということ

【スポンサードリンク】

>8月24日にメルカリで確認したところ、『エミリーへの手紙』(キャムロン・ライト=著)の読書感想文が500円で出品され、すでに購入されていた。400字詰め原稿用紙5枚分で、中高生向けだという。 この出品者は、他にも『羅生門』(芥川龍之介=著)や『小公女』(フランシス・ホジソン・バーネット=著)の読書感想文を500~800円程度で出品している。

これらはいずれもワープロで作成されたものであり、購入者が自筆で書き直すことを想定しているようだ。 中には始めから手書きの物もあった。原稿用紙2枚分の中学生向けの内容で1000円だという。購入者はそのまま学校に提出するのだろうか。

(中略)

教育評論家で石川教育研究所代表の石川幸夫さんは、こうした売買の背景に「受験生や学力の低い生徒」の存在があると見ている。 「読書感想文や自由研究の完成品を購入しているのは、中学受験生や高校受験生ではないでしょうか。忙しくて、学校の宿題をする暇がないのでしょう。一方、やる気や能力がなく、親に購入をせがむ生徒もいると思います」 小学生~中学生であれば、生徒本人ではなく、親が購入の手続きをしている可能性が高い。 「買い与える親にも責任があると思います。子どもの宿題を手伝うのが面倒くさかったり、そうする余裕がなかったりするのでしょう。子どもときちんと向き合っていないのです」

学校の教師もこうした事態を問題視しているという。 「以前から宿題を代行業者に任せる生徒はいました。本人がやっていないと、教師にはわかってしまいます。先生たちは、長期休暇で生徒の学力が低下しないように宿題を出しているのですが、こうしたことが起こると『夏休みの宿題の意味』を考え直さざるをえなくなってしまいます」

 

これは「メルカリに読書感想文の出品相次ぐ 「受験生や学力の低い生徒が購入か」と識者は指摘 | キャリコネニュース」に載っていた記事の引用だが、この識者の見方は的外れだと思っている。石川幸夫氏は学力が低い子供が買っているのではないか?としているようだが、私は買っている子供は学力が高いと思っている。ここでいう学力とはいわゆる学校の成績とはちょっと違うものかもしれないが、いわゆる頭の良い子が買っているんじゃないかな?と思っています、頭が良いからこそ、宿題なんて真面目にやらないんだと思いますよ。あとは買い与える親にも責任はあると言っているが、確実に親も頭が良い。宿題の無意味さに気付いているのならば。だって、意味ないもん。宿題を自分でやらないことをまず問題視する風潮があるけど、宿題自体の正当性がまず存在しない気がするのです。そして、そこに関して誰も説明しない。何で宿題は存在して良いの?だってね、学校に通っている間は勉強しないといけない(学校の言う通りにしないといけない)はまだ理解できるんですけど、なんで学校にいないときまで勉強をしないといけない(学校の言いなりにならないといけない)の?これを会社で例えると変な状況だと思うのです。家にいるのに(自由な時間のはずなのに)会社が指示した通りに仕事をしないといけないという状況になりますが、おかしくないですか?単なる社畜と変わらない日常が子供の日常にも存在するのに、そこに誰も疑問を呈さないというのは、不思議でしょうがない。学校は社畜養成機関だとか揶揄して言う人もいるけど、養成どころか、真面目に言われた通り宿題をこなす子供がいる時点で、子供がすでにそんな状況になっているのです。それを正当化するのが日本の宿題教育ですよ。

 

何で学校に行っていない間も学校の指示した通りに勉強をしないといけないの?その正当性はどこにあるの?について、だーれも説明しないから、私が今子供だったら、同じようにメルカリで読書感想文買って提出可能性は十分ある。やる必要性が分からない、宿題を嫌々やっても意味がない、社会では学校で勉強することそのものよりも卒業することの方が大切など、いろいろな理由はあるが、真面目に宿題をやる子よりも、こんなのやっても意味ねーだろと考えて、いかに手間がかからない方法で済ますか?を考えて実行する子供の方が私は有能だと思う。っていうか、こういう商売が普通にまかり通っている時点で、教育業界もいい加減に気付くべきだと思う。宿題に需要がないってことを。もちろん、教育関係者は宿題の必要性を感じているからこそ、出しているのだろうが、教育を受ける側は大して必要と思っていない。むしろ、受験勉強の邪魔とすら思っている人も多くいると思う。真面目に学校の宿題を自分でこなしてくる生徒や児童もいるのだろうが、心の中ではやりたくないとか、やる必要性が分からないと思っている人は大勢いると思うのです。

 

今の社会って、教育を受けることそのものよりも教育を受けたという証の方が大切なのだ。だから、勉強しない大学生とかが話題になるほど多く出てくるわけ。勉強することよりも卒業したという証の方が大切なので、真面目に勉強しないで卒業できるならば、そっちを選びますよ。という話なのです。これは良い悪いの話ではない。手書きであえて写す意味はないし、コピー機使った方が早いよね。という問題と同じで、効率性ではどっちが上か?という話でしかない。そして、ある文書を写すときにコピー機を使う人が大勢いますよね。という現実的な話になる。だって、手書きで写してもコピー機使っても結果は変わらないもん。そして、すでに話したように、日本ではどんな勉強をしたか?よりもどんな学校を出たか?の方が評価として大きいので、読書感想文を真面目に自分で書くという行為は、基本的に社会からは評価されないし、ほとんどの人にとって人生に影響はない。読書感想文はもはや出せばとりあえずOKであって、自分で頑張って書いても社会から評価されない。後の人生に影響は与えない。どっちの方法をとっても結果は一緒ならば、学校を卒業できるならそれで良いというのは非常に効率的な考え方だ。だから、自力で書いてもメルカリのモノを使っても一緒と考えて、より手間がかからない方法、コピー機を使う方を選んだというだけの話です。単に方法論としてそっちの効率が良いから需要が高いというだけの話なのです。かつ宿題の意義について理解できない、必要性を感じていない人なら、尚更読書感想文を自力でやるわけがないのです。

 

そんな中で、宿題を自力でやらない子や親に説教しても意味がないのだよ。これは良い悪いの問題ではないですから。それぞれの生徒や親が達成すべき目標にあたって、効率のいい方法をただ選んでいるだけの話なのです。だから、そういう状況になっても宿題を自力でやらせたいならば、宿題をやることの意義をもっと説かないといけない。しかし、私みたいな人間には一切響かないとは思いますが。宿題はなぜやらないといけないのか?の典型的な理由はいくつも見ているけど、別にやらなくても困らなくないか?と感じるものばかりなので、あまり影響は与えられない気がする。ネットでは宿題をやらせることで子供の学力に悪影響を与えるという研究結果の記事まで見つかりますからね。宿題を文句を言わずにやる子よりも、なぜ宿題をやらないといけないのか?について思考し、後の人生のことまで考えてやる必要はないという結論に到達し、やらない選択(きちんと思考をしたならばやる選択をしても構わない)をした人間の方が、今の社会では使えますよ。

 

学校では「なぜ?」の部分をあまり教えないし、教師に歯向かえる子供も少ないから、思考停止状態でただ大人の言うことに従う子供が量産される。つまり、幼少期から考える力を持てない子供が量産され、大人になるのだ。有能な子供を育てないならば、宿題をやらせたいならば、なぜ宿題をやる必要があるのか?をまず子供や保護者に説明するところから始めるべきだ。それをやらないならば、教育関係者が宿題はやるものだという思考停止状態に陥っているということになる。ましてや冒頭で示したように、宿題をなぜ課して良いのか?の根本部分を考えるのが先じゃないのか?と思います。宿題をやらないとしても、あらかじめ定まっている何らかの目標に向かって、自分に必要なこと、やるべきことを優先的にやっている子がいるならば、それで良いと思います。宿題よりもやるべきこと、やった方が良いことなんて山ほどあるのだから、それに気付いたうえで実行しているならば、学校が邪魔する必要はない。

 

 

あわせて読みたい記事