就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

東京外国語大学の偏差値や倍率は高い?センターの足きりのボーダーラインの得点率や配点比率と入りやすい学部など

【スポンサードリンク】

外国語を大学で学ぶならばいくつか選択肢があります。外国語学部がある大学もありますが、大学自体が外国語専門になっているケースもあるのです。国公立大学だと東京外国語大学というのが1番の選択肢になると思います。都内にある国立大学ですが、あまり知名度はないかもしれません。メジャーな大学なのですが知っている人はあまりいない可能性があるのです。しかし、外国語教育においてはかなり評判が良いと言える大学になりますし、偏差値がかなり高いので、難関大学の1つになるでしょう。東京外国語大学は幅広い外国語を学ぶことができますが、メジャーな言語からややマイナーな言語までありますし、それらを含めて幅広い選択ができます。そして、それぞれの学科や専攻によって難易度が違うので、そこも合否に大きな影響を与えます。したがって、どの学部、どの学科や専攻を選ぶか?という部分も重要なので、そこをまず考えていきましょう。東京外国語大学は評判の良い外国語教育のための大学で、難易度は私立大学で言えば早稲田大学慶應義塾大学に匹敵すると思います。したがって、難しい大学ということは認識したうえで受験勉強をしていきましょう。では入りやすい学部などはあるのでしょうか?

 

東京外国語学部の学部は言語文化学部と国際社会学部です。どちらも偏差値の幅は広いですね。前者は主に語学を、後者は主に国や社会について学ぶことになるのではないか?と思います。言語文化学部は学科や専攻がかなり広範囲にわたっていて、外国語学部のような状況です。世界中のありとあらゆる語学を扱っているような感じがしています。それくらいにバリエーションが豊富で、ここまで幅広い学科や専攻を用意している外国語の大学はなかなかないと思います。したがって、外国語を学びたいが、マイナーな言語を選択したいと思っている人にとってはおすすめの大学となると思います。実際、東京外国語大学の偏差値は言語文化学部に関しては、どちらかというとマイナーな言語の方が低いので、そういったところは簡単な学部とまではいかないでしょうけど、相対的に入りやすい学部になるかもしれないです。東京外国語大学の偏差値は全体的には65前後くらいじゃないか?と思うのですが、60あるか?ないか?くらいの学科や専攻もあります。例えば、例えば言語文化学部のタイ語ビルマ語、ベンガル語などは相対的に偏差値は低いです。とはいっても簡単な学部というわけではないですけど。でも、相対的には入りやすい学部になるかもしれないので、東京外国語学部にはそういった学科や専攻があることは頭に入れておくと良いと思います。

 

東京外国語大学の入試の倍率はあまり傾向といったものはないですが、国立大学にもかかわらず倍率ばやや高いです。正確に言うと、学部学科によっては結構高いところがあるということになります。東京外国語大学の前期日程の入試の倍率は1倍台、2倍台というところもありますけど、後期日程はそれよりも高い5倍、6倍、7倍、それ以上というケースも確認できるので、後期日程はやはり東京外国語大学は難易度が高いです。後期日程の倍率が高くなるのは他の国立大学でも同じかもしれませんけど、後期日程を受ける人はまずそこは知っておかないといけないでしょう。東京外国語大学の入試の倍率は前期日程に関して言えば、標準かな?と思いますから、そこまで特徴的な部分はないと思います。東京外国語大学に入りたい人は多くいると思いますが、過去のデータは細かく見ておきましょう。東京外国語大学は国立大学でセンター試験があるので、倍率はそこまでは大きくは変わらないと思いますけど、受験する学部学科や専攻が決まっている人はその前期日程と後期日程の倍率を見ておくと良いと思います。

 

東京外国語大学に受かるにはセンター試験を突破しないといけませんが、そのセンター試験を突破するには、どれくらいの点数が必要なのでしょうか?足きりがあるか?どうかは分かりませんけど、東京外国語大学センター試験の足きりのボーダーラインになると思われる数字というのは、8~9割くらいの間です。学部によっても違うのですが、どちらかというと国際社会学部の方が高いです。東京外国語大学センター試験では足きりのボーダーラインを超えるように、かなり高い得点率をとっていかないといけないので、難しいとは思いますけどまずはセンター試験を突破しないといけません。パスナビなどのサイトを調べれば東京外国語大学センター試験の足きりのボーダーラインの数字は見つかります。これはどこまで正確なのか?は分かりませんが、学部学科、専攻ごとに必要な得点率の目安と思える数字があるので、それを目標にしてほしいと思います。あとはセンターと二次試験の配点比率という数字も重要です。国公立大学の場合にはそういった指標もチェックしておかないといけません。これも調べれば出てくる可能性があるので知っておきましょう。

 

東京外国語大学の入りたい人は偏差値が非常に高いということを認識しておかないといけませんけど、入りやすい学部や学科を受けるとしても、かなりの難易度になるので、そこは認識しておかないといけないでしょう。センター試験の足きりがあるか?どうかは分からないものの、インターネットで調べると、東京外国語大学センター試験の足きりのボーダーラインが何割か?というのは載っています。足きりのボーダーラインと言えるか?どうかは分かりませんが、目安としてその数字を超えられるように頑張っていくと良いと思います。東京外国語大学の難易度はとても高いですけど、外国語の評判としては非常に高いですし、国公立大学では東京外国語大学の選択肢が1番有力かもしれません。東京外国語大学に受かりたい人は評判についてもネットで検索をして、どういう大学なのか?学部学科や専攻まで見て、調べておくと良いと思います。東京外国語大学に入りたい人は入試に関する情報だけではなくて、学生生活の面においても詳しくなっていくと良いと思います。

 

東京外国語大学 (2018年版大学入試シリーズ)

東京外国語大学 (2018年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事