就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

立教大学経営学部の偏差値が早慶並み!評判や倍率も高いがボーダーラインなどはどうか?

【スポンサードリンク】

MARCHレベルの大学の中には早慶レベルに匹敵する学部を持った大学もあります。従来は中央大学法学部というのがそれに近かったと思いますけど、中央大学法学部は近年はその偏差値を下げてきています。法学部人気が落ちていると言われている部分もあれば、中央大学全体の人気も下がってきているとされていますが、その中でMARCHレベルというよりは早慶レベルに近い存在として君臨しているのは立教大学経営学部です。経営学部を擁する大学の中では1番の偏差値の高さではないでしょうか?それだけ立教大学経営学部の評判の良さというのが関係しているのだと思うのです。ここ数年で立教大学経営学部の偏差値はとんでもなく上昇してきています。立教大学は長く看板学部がないと言われてきており、経営学部も看板学部とは言われていませんが、立教大学経営学部は学内でも特に偏差値の伸びが著しいため、立教大学の中では人気も高まっており、倍率もかなり高くなってきている状況があります。河合塾で偏差値を調べると、立教大学経営学部の全学部日程の経営学科は67.5です。私立大学の偏差値が70.0まで(2.5刻み)しかないことを考えるとかなり高いことが分かります。個別日程の方でも、経営学科と国際経営学科が65.0となっており、早慶の下位学部レベルの偏差値になっています。どちらの学科も学生の評判は良いと思います。偏差値は時期によっても多少変わりますけど、MARCHの中では早慶に匹敵する難易度になっているのが立教大学経営学部で偏差値も非常に高いですし、人気も高い学部として存在しているというのは受験生も知っておくと良いと思います。本当に近年は難しくなっていますからね。

 

立教大学経営学部がどうしてここまで偏差値が高くなってきたのか?その原因は分かりかねますけど、倍率を見ると本当に人気になっているのが分かります。元々経営学部の中では、立教大学経営学部の評判が良かったという点はありそうです。他の大学にはあまり見られない国際経営学科を設置している点は大きいと思います。国際系の学部が人気の昨今では、経営学部に国際経営学科があるという部分は評判の1つの要因になっていると思うのです。立教大学経営学部の倍率に関しては全学部日程も高いですけど、個別日程の方がかなり高いです。立教大学経営学部の個別日程の倍率は経営学科が15.0倍、国際経営学科が13.0倍です。これは2017年度の入試結果になりますが、こんな高い倍率はほとんどないです。個別日程は募集人数が多いので、10倍を超えることもそうはないと思うのですが、立教大学経営学部の倍率は立教大学の中でもかなり高い数字になっているので、こういったところを見ても看板学部と言える存在になってきているのです。ただ、立教大学は他の文系学部に関しても倍率はそれなりに高いです。ここ数年で大学全体の倍率が上がってきているのが顕著なのが立教大学青山学院大学なのです。この2つは元々人気の大学ですけど、MARCHの中では倍率の上昇が著しいです。私が受験生の頃と比べたらどの学部も難易度が上がっているなという印象です。立教大学経営学部はどちらかというと、国際経営学科の方が人気が高いと思うのです。特に女子学生は、国際系の学部学科への関心が高いようなので、立教大学経営学部も国際経営学科の方が多少難易度は高いのではないか?と思います。河合塾の偏差値は2.5刻みなので、かなりアバウトですから同じくらいですけど、別の偏差値を調べれば、立教大学経営学部は国際経営学科の方が難しいという状況になっている可能性もあります。

 

国際経営学科のみならず、経営学科も難しいので、立教大学経営学部に入りたい人はこの倍率の中で合格を勝ち取っていかないといけないと言えます。倍率が個別日程でも10倍を超えている状況なので、募集人数がそこまで多くないですし、合格者もあまり多くは出せないので、立教大学経営学部はそれだけ倍率が上がりやすいということが言えますけど、ライバルがかなり多く、河合塾の偏差値で65.0くらいの数字が必要な場合があるということは立教大学経営学部の難易度は相当なレベルなので、早慶に受かるほどの実力が必要ということになります。65.0という偏差値は早稲田や慶應でも下位~中位学部くらいのレベルになるので、以下に立教大学経営学部の偏差値が高いか?ということになります。センター利用入試でも受けられるので、そのボーダーラインを紹介しておきたいと思います。立教大学経営学部のセンター利用のボーダーラインは何割か?というと、3科目と4科目がありますけど、どちらの学科もそれぞれの必要な得点率は同じです。3科目が86%で、4科目が88%となっています。かなり高い数字であることには変わりありませんが、偏差値ほどの得点率は必要ないということです。3科目を例にしても、MARCHには立教大学経営学部よりも偏差値が低い大学学部でセンター利用のボーダーラインが高いところがありますから。中には9割程度必要というところもあるので、そこと比べたらまだ立教大学経営学部の難易度はセンター利用では易しいと言えるかもしれません。

 

とはいっても、8割台後半が必要なので、かなり難易度が高いのですが。立教大学経営学部に入りたい人はセンター利用のボーダーラインも知っておくと良いです。センター利用入試で受けたい人は立教大学経営学部のボーダーラインが何割か?というのは知っておくと良いです。ボーダーラインが何割か?というのは、その年の倍率にも変わるので、この数字をとっても絶対に受かるとは言えませんが、このあたりの得点率が必要なので知っておきましょう。あとは一般入試とセンター利用入試の受験科目についても知っておきましょう。立教大学経営学部のボーダーラインにおいては、一般入試のボーダーラインも重要です。こちらは合格最低点という意味でも重要ですけど、そこも確認をしておいてほしいと思います。一般入試の方の合格最低点は立教大学では公開されていないので、立教大学経営学部の合格最低点も分からないということになります。だから、立教大学は受験生は対策がしづらいのです。立教大学経営学部はMARCHの中の経営学部でも評判がかなり良いんでしょうね。ここまでの偏差値の高さになるとは数年前までには思えませんでした。立教大学には看板学部が存在しないと言われていますが、偏差値や人気を見れば経営学部が立教大学の看板学部で良い気がしてきます。立教大学どの学部でも偏差値が高くても難しいですけど、立教大学経営学部の偏差値は特に高く、レベルは相当となっているのは立教大学に入りたい人は知っておくと良いと思います。すでに話したように倍率も高いですし、合格最低点なども問題のレベルに関しては高いと思いますけど、難易度は早慶の下位~中位学部くらいに相当すると思いますから、本当に立教大学経営学部の難易度やレベルは高くて、受かるには大変だと思いますけど、学部の評判なども調べておいてほしいです。特に経営学科と国際経営学科の違いなどについて、大学のホームページや学生の口コミなどを見ておいて、それで立教大学経営学部の評判といったもので、魅力を実感してもらうと良いと思います。

 

 

立教大の英語[第5版] (難関校過去問シリーズ)

立教大の英語[第5版] (難関校過去問シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事