就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

「同じ日本人として恥ずかしい」という謎の否定の仕方が理解できない

【スポンサードリンク】

どこかの女性ブランドの会社が何をやったのか?は知らないけど炎上したみたいね。そのニュースには「同じ日本人として恥ずかしい」というコメントがあったみたいだが、このコメントってよく分からないのですよ。「同じ日本人として」って部分がマジで意味が分からない。日本人という共通項でくくる意味ってなんかあるの???同じアジア人としてとか、同じ哺乳類としてとかは言われないわけ。「同じ〇〇として恥ずかしい」というときの、〇〇に当てはまるのはたいてい国籍だなという印象がある。少なくとも日本人の場合には。何で他の共通項の場合にはそういった言い方をしないで、国籍の場合にはそういう言い方をするんだろうか?思考が全く理解できないのだ、同じ日本人だったら何なのか?何か問題なのか?とも思う。共通項なんかいくらでもあるものだが、その中で国籍だけチョイスするようなことに何の意味があるのだろう?これを言っている人の心理の底には、国籍というものが1つのモノの見方の基準として機能しているという点を感じているのではないか?と思う。例えば、日本人が韓国人をよく批判しているけど、あれもあまり頭のいいやり方とは思えない。

 

韓国人にもいろいろな人がいるのは当然なのだが、韓国人をまとめて特定の印象を持っている人が少なからずいると思う。そういった流れは世界で共通なのかもしれないが、そういった部分を考慮すると、日本人で何か問題を起こす人がいると、日本人全体がそういう目で世界から見られる。だから、同じ日本人として恥ずかしい。という言葉を発したのか?とも推理できる。ただ、すでに話したように国籍という共通の部分で、同じような目で見る方がおかしいのだ。日本人も実際そういう目で見ている例があるはずで、世界からの日本人に対しても同様だろう。ただ、そんな風にしか考えられない人間の思考がまずおかしいのであって、特定の日本人が何らかの問題を起こしたとしても、それはそういう人が日本人にいたという話であって、他の日本人までそうなんだ。みたいな結論にはどう考えてもならない。つまり、同じ日本人として恥ずかしいという言葉を口にした人は、世界からのそういう目を肯定しているのだろうから、まずそこがおかしいのだ。世界の見方がおかしいのであって、批判するとしたらそっちだと思うのだよ。

 

あと、たまたま今朝の新聞のテレビ欄を見たら「人殺しの息子と呼ばれて・・・」みたいな文章があったのだが、番組内容はなんとなく想像がつく。これも同じような例ですよ。人殺しの子どもというのは、よく分からないけど、他の人とは違った目で周囲に見られる。実際にこの番組でも、周囲から人殺しの息子と揶揄されてきた人が出てくると思うのだが、人殺しの息子だったら何なの?という話でしかない。人殺しの息子はなんか問題を起こしやすいとか、周囲にとって何か脅威になるとか、そういう根拠はあるのだろうか?それこそ日本人には当然殺人犯が過去にたくさんいるわけだが、先ほどと同じで、日本人というくくりで言うと、当然ながら人殺しの息子と揶揄している人間だって、同じ人殺しの日本人という共通項はあるわけだ。今回のケースでは、同じ家族というくくりで勝手に危ない人間だと祭り上げられているが、同じ日本人というくくりでも、同じような説明はできてしまう。実際、人殺しの子供が親同様に危ないという因果関係がないならば、そういう説明の仕方でも良いのだ。

 

人殺しの息子をそういう目で見る理由は、人殺しをした一家の子供だからという理由なのだろう。しかし、日本人が過去に人殺しをしているという事実を踏まえると、人殺しをした同じ民族の子孫という言い方もできるわけだから。その人殺しの息子を揶揄している人間を同じ理屈で批判する可能なのだ。つまり、人殺しの息子を揶揄している人間に対して、「その理屈を使うならば、同じくあなたも危ない人間ですよね?」と言えてしまう。因果関係が全くないようなやり方で、特定の人間を危ない対象として見るような世間の目というのは、私はいじめと一緒だと思っているが、そういう感情的な判断をやめられない人たちが多くいるのだ。そういう人はそれが感情論ということすら理解できていないと思われる。自らの人殺しの息子はヤバイ人間じゃないか?という感情的な判断が真っ当だと思っているとしたら、それこそヤバイと思いますけどね。言ってしまえば、人殺しそのものが感情論なわけだからね。思考のプロセスそのものは人殺しと大して変わらないわけだよ。私はそういうのは差別的な見方かつ合理性がない見方だと思っていますから、基本的にはなくしていくべきだと思っている。思ってはいるが、なくならないだろうね。感情論をなくせるとは思えないから。

 

冒頭で述べた、同じ日本人として恥ずかしいという見方そのものも、元をたどればそんな見方をする方が悪いと思っているし、同じ日本人という括りをする意味も分からない。実際、「同じ日本人として」なんて言葉を使っている時点で、物事を大げさにしようという意図が感じられる。お前がやったことはお前だけの問題ではなく、日本人の評判を貶めるようなことなんだぞ?という考えが透けて見えるような気がするのだ。別に私は日本人という部分にこだわりもないので、仮にそういうまとまった対象を同じものとして捉えらてしまう人からの評判が下がったところで、どうでも良いと思っています。恐らくだけど、今回の同じ日本人として恥ずかしいという言葉を口にした人も、普段からそういうものの見方をしているんだろうなと思う。ある集合の中の特定の存在を見て、全てを判断してしまう性質があるのではないだろうか?まさに木を見て森を見ない人間ということになるが、そんな考え方をする日本人の存在の方が、同じ日本人として恥ず(ry

 

(日本人)

(日本人)

 

 

あわせて読みたい記事