就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

産近甲龍のセンター利用入試のボーダーラインは何割?穴場や入りやすい学部はあるのか?

【スポンサードリンク】

関西の大学群産近甲龍というのは非常に有名ですけど、この産近甲龍も最近は格差ができはじめているみたいですね。序列で言えば近畿大学が抜けてきており、その次に京都産業大学甲南大学龍谷大学が続くといった感じで、1つと3つに産近甲龍の序列が分かれてしまっている感じがします。産近甲龍のセンター利用では穴場の学部や入りやすい学部などはあるのでしょうか?近畿大学は別格で難しいと思っている人が多いと思いますが、それだけ近年は近畿大学の躍進というのが大きいわけですけど、この産近甲龍はセンター利用入試で関関同立を受ける受験生の滑り止めや併願になったりする場合があります。産近甲龍のセンター利用の受験科目を見ると国語は現代文のみで、古文や漢文はなしのパターンなどもあるかもしれません。例えば、京都産業大学の前期3科目と後期は国語は現代文のみで、古文や漢文なしみたいですが、そういった穴場の学部が産近甲龍のセンター利用にあるかもしれないので、ボーダーラインが何割か?ということも重要ですけど、産近甲龍のセンター利用の受験科目で国語は現代文のみなどの受験生にとっては有利な状況で受けられるところを探すというのも良いと思います。

 

産近甲龍のセンター利用入試のボーダーラインはどうなっているのでしょうか?産近甲龍を一般入試で受ける人もいれば、センター利用入試で受ける人もいると思いますが、そういった人はボーダーラインが何割か?というのは調べておきましょう。すでに話したように、産近甲龍は序列が出来上がってきて、近畿大学が特に難しいです。したがって、センター利用入試のボーダーラインも近畿大学が特に高いです。近畿大学の文系学部のボーダーラインは主に65~7割台後半という感じです。センター試験と一般入試の併用型を除くと、これくらいの得点率になりますけど、特に高いのは文芸学部でしょうか?高いといっても、学科によりけりで、文芸学部は多く学科があるので、得点率が高いところから低いところまであって、高いところは8割弱くらい必要になるようですから、ちょっと難しいです。近畿大学のセンター利用のボーダーラインの得点率は近年の躍進の通り、高い数字になっています。

 

ちなみに理系の近畿大学のボーダーラインに関しては学部ごとに全然違います。近畿大学は理系の方が充実しているのですが、医学部は9割前後、薬学部は7割後半から8割後半、建築学部は8割前後、農学部は6割台後半から8割、工学部と理工学部と生物理工学部は60~75%、産業理工学部が45~65%となっており、学部によってかなりボーダーラインは違いますが、特に同じ学部でも学科ごとに全然数字が違う場合もありますし、前期と中期でもボーダーラインの得点率が違うので、細かく見ないといけないということになります。したがって、近畿大学のセンター利用のボーダーラインは何割か?というのは、学部学科ごと、入試日程ごとに違うので、簡単に紹介はしましたけど、細かい数字をそれぞれごとに見ておかないと分かりづらいということが言えます。産近甲龍のセンター利用入試の中でもボーダーラインが特に高いのが近畿大学なので、センター利用入試で受かるのもかなり難しいです。近畿大学は一般入試もそうですけど、センター利用入試も難易度が高いのです。そして甲南大学はどうなっているでしょうか?甲南大学の場合にも文系と理系で難易度が違います。

 

甲南大学のセンター利用入試のボーダーラインは何割でしょうか?文系学部に関しては基本的には70~80%あたりが多いです。これは併用型などを除いたセンター試験だけで判定される形式のボーダーラインになります。甲南大学ではセンター利用入試はセンター試験独自型と併用型があるのです。また、独自型でも3科目と4科目型などに分かれており、それによっても多少ボーダーラインが違います。高いのは経営学部、低いのは経済学部とマネジメント情報学部でしょうか?あと、文学部は学科が多いので、それぞれで微妙に甲南大学のセンター利用のボーダーラインの得点率が違います。そして、理系はどうなっているのか?というと、知能情報学部とマネジメント創造学部は70%強くらいとなっているのですが、フロンティアサイエンス学部のボーダーラインに関しては65%程度となっています。したがって、文系と理系では甲南大学のセンター利用のボーダーラインの得点率が違うので、そこも考慮しておきましょう。甲南大学のセンター利用入試のボーダーラインは産近甲龍の中では標準くらいになるかもしれません。産近甲龍のセンター利用のボーダーラインは何割か?というときには、甲南大学近畿大学ほどではないかもしれませんけど、難しい学部もあるので知っておきましょう。

 

次は龍谷大学になりますが、龍谷大学のセンター利用入試のボーダーラインは何割でしょうか?龍谷大学のセンター利用のボーダーラインの得点率は前期と中期でも違います。文系学部は前期に関してはボーダーラインは65~70%強くらいのケースが多いです。しかし、文学部の一部学科と政策学部、国際学部に関しては75%以上必要になる場合もあります。また、前期でも3教科と4教科があるので、その違いでも微妙にボーダーラインの得点率が変わることもあります。龍谷大学のセンター利用乳牛のボーダーラインは前期と中期という日程でまず違いますけど、前期の中では科目数によっても違うので、その辺の細かい部分を理解しておかないといけないと思いますけど、前期と中期では中期の方が全体的にはボーダーラインは高いです。龍谷大学のセンター利用のボーダーラインは例えば、文学部に関しては90%以上必要になるケースもあるのですが、それは中期日程なのです。前期だけならば高くても75%くらいですけど、中期はそれ以上のケースも多く、90%以上とかになってくることもあるので、文系学部に関しては前期で受かっておくのが良いと思います。そして、理系学部に関しては理工学部農学部になりますけど、どちらの学部も65~80%強くらいのボーダーラインになっています。やはり理系も前期日程の方がボーダーラインは低く、60%台から75%くらいの範囲に収まっていることが多いです。産近甲龍のセンター利用のボーダーラインを見ていると、全体的に前期と中期があったり、3科目や4科目以上といった科目数の選択があったりなど、センター利用入試が一般入試と同じくらいに多様化していると感じます。龍谷大学のセンター利用入試のボーダーラインもこうやってかなり多様化していて、ざっくりとしか言えないので、本当に受験生はデータを細かくチェックしないといけないので大変だと思います。

 

京都産業大学のセンター利用入試のボーダーラインはどうなっているのか?というと、3科目と4科目とセンタープラス方式が主にあるのですが、文系学部に関しては65~75%程度のボーダーラインになっていることが多いです。したがって、産近甲龍のセンター利用のボーダーラインの得点率の中ではちょっと低いと言えるかもしれません。ただ、外国語学部に関してはちょっと特殊で、2科目と3科目となっており、2科目のボーダーラインが特に高いです。3科目とセンタープラス方式に関しては他の文系学部と同じくらいですけど、2科目に関しては70%台後半の学科もあるので、京都産業大学のセンター利用のボーダーラインは何割か?というと、結構高い場合があるので、注意してほしいと思います。そして、理系学部に関しては60%台前半から75%程度となっています。理学部がちょっと高めですが、理系学部は4科目と5科目になるので、文系学部とはちょっと違うということで覚えておきましょう。京都産業大学のセンター利用入試のボーダーラインは何割か?というのは文系と理系では特徴的な部分があるということになります。産近甲龍の中では穴場の学部とまでは言えないかもしれませんが、入りやすい学部というのがあるとすれば京都産業大学になると思います。産近甲龍のセンター利用のボーダーラインについては大学ごと、学部ごとに特徴があるので、事前に調べておいてセンター試験の過去問の対策をしていきましょう。

 

日東駒専&産近甲龍の古文

日東駒専&産近甲龍の古文

 
日東駒専&産近甲龍の現代文

日東駒専&産近甲龍の現代文

 
日東駒専&産近甲龍の英語

日東駒専&産近甲龍の英語

 

 

あわせて読みたい記事