就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

就活の面接官の本音は好みがあるのか?笑わない人は相性が悪いのか?

【スポンサードリンク】

新卒で就活をしていると面接官との相性というのは気になる人がいると思うのです。いろいろな面接官に出会うたびに何だか相性がよくないのか?と感じるケースもあるようで、そういったときには面接の結果もあまりよくないのかもしれませんが、難しいところでしょう。面接官も人間なので、好みのようなものはあるのではないか?と思います。実際に面接を受けているときの面接官の態度などから好みがあって、それに自分は該当していないのではないか?と感じるケースがあるかもしれないのです。就活での面接官は本音ではどんなことを思っているのか?好みがあったとしても、それを表情には出さないようにしているとは思います。しかし、就活の面接官の本音の底には好みのようなものがあるのではないか?と思えてくるケースもあるでしょう。実際はどうなのか?というと、これは間違いなくあると思います。相性の問題と言ってしまえばそれまでです。面接官の好みに合えば、相性がいいということになりますし、好みに合わないと、何だか微妙な表情で面接官がずっといるということになるかもしれません。就活では面接官の表情を見ていると、なんとなく本音が見えてくるみたいなことはあると思うのです。これは男女どちらにもありえると思います。面接官は基本的には男性が多いと思いますが、そういった面接官から見た好みというのは男女どちらが面接を受けたときにもあり得る話だと思います。それは見た目などの第一印象でも、面接をしている中でも印象にも左右されるのです。

 

ただ、面接官も本音を読まれないようにしているとは思うんですよね。だから、表情にはあまり出さないようにしている気がします。そうなると、就活では面接官の表情から本音を読むことは厳しいと思った方が良いです。就活の面接官には間違いなく好みはあるでしょう。しかし、その本音を読むというのはそう簡単にはできないのです。面接官も心を読まれないようにしているはずなので、面接官の表情がそのまま合否の結果に結びつくとは限らないのです。したがって、全く笑わない人がいてもそれは合否結果にあまり期待が持てないとは言えないということなのです。就活の面接官では笑わない人もいると思います。ある程度表情豊かに面接をする人もいると思いますけど、ポーカーフェイスな人もいるんですよね。意図的にそうやっているか?は分かりませんが。だから、少なくとも笑わない面接官がいてもそれは相性が悪いとか、落ちるとか、そういったことではないということなのです。そもそも就活で面接官が笑わないといったことがあっても、その人が別の学生のときにも同じく笑わないという可能性もあるわけです。そういったときにはその人は元々そういう人なんだと、ポーカーフェイスなんだということになりますから、その場合には面接官の相性が悪いとは言えないことになります。だから、自分以外の人の面接の状況が分からない限り、そういったことは気にしてもしょうがないと思うのです。

 

 面接官の心の内はそう簡単には読めないと思うので、面接官の反応みたいなものが悪かったとしても、その面接の結果が悪いか?どうかは分からないと思います。就活生としてはそういったところは気になる人が多いと思うのですが、いろいろなケースがあると思うので、自分としては相性があまりよくないと思うような人に当たったとしても、心の中では意外と評価している人もいるかもしれません。割と態度に出るような人は分かりやすいかもしれないですけどね。割と笑う面接官とかもいますからね。そういった人がいると、笑わせる人も出てくるかもしれませんが。面接官を笑わせるくらいの力量がある人ならばあまり関係ないかもしれませんけど、たいていの就活生はそういったことまではなかなかできないと思うので、正統派の面接をしていく人が多いと思います。そうなると就活の面接官が笑わないと、あれ?って感じになるかもしれませんが。その面接官の普段の姿は就活生からしたら全く分からないので、その中で判断しようと思っても難しいのです。その面接官が普段は表情豊かな人なのに、面接中には全く笑わないとしたら、その面接官の好みに自分が当てはまっていないのではないか?という推測も成り立ちますが、普段から笑わない人ならば、その面接官の好みに自分が当てはまっていないとは言い切れません。だから、就活生から見てその面接官の普段の姿が分からない以上、その面接官の好みも分からず、自分とは相性が悪いのか?といったことも全く分からないということになるのです。

 

したがって、そういった部分を考えても意味がないと言えると思います。面接官のことまで詳しく知っている人はまずいないので、就活の面接官との相性は外見からは判断できないということになります。実際、相性が悪いのではないか?と感じてしまうと、そこからやる気がなくなってしまう可能性があります。そうなると、面接の出来も悪くなってしまう可能性があるので、できればそういった部分に影響されないでほしいです。だから、就活の面接官は笑わない人もいるし、そういった人は相性が悪いとは限らないということで、外見からは就活の面接官の本音は分からないということで、就活生の方としても、泰然自若で面接官の表情や反応に惑わされない気持ちで挑んだ方が良いと思います。いろいろなタイプの面接官がいるので、好みに思われるのが1番良いのかもしれませんが、結局は就活の面接官の好みか?どうかというのは分からないと思うので、そこは考えずに聞かれたことに対して考えて答えるということに集中した方が良いと思います。就活ではどうしても自分がどう思われているのか?という部分は気になってしまうと思いますが、受かりたいならばそういったことは忘れた方が良いと思うのです。

 

 就活においては面接官の心理を読むというのは非常に重要で、そういったことが驟雨喝での合否にかかわってきます。面接官が自分のことを面接中にどう思っているのか?推理するのは難しいとしても、どういう人を好印象に思うのか?というのは、対策できます。そういったことが以下の本に書いてあるわけなのです。Amazonでもレビューを見ると評価がかなり高い一冊で、新卒の就活の面接において面接官に気に入られるポイント、面接の通過率上げる秘策が書いてあります。本書は新卒の面接官が面接中にチェックしているポイントを仕事力、人間力、表現力、就活スキルごとに分けて、細かく解説し、面接官が見ているポイントを指摘したうえで、逆にどういった就活生を演じれば評価が高まるのか?について書かれていると思います。面接官がどういう学生を気に入るのか?について事前に分かれば、そこから逆算して気に入られる学生を演じることにより、面接の通過率を上げて、内定獲得の確率も上げることができるので、かなり有益な一冊になると言えます。こういった情報を持っているとかなり有利です。実際、こういった本を読んでいる人は多くないので、他の就活生はこういう情報を知らない可能性も高いです。そういった状況で自分がそういった情報を知っておくと、他のライバルに差をつけられる可能性がありますから、本気で内定が欲しい人にとっては良かったら参考にしてもらいたいです。

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている