就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

炎上商法を嫌い、気持ち悪いと思うアンチの存在が成功例を増やす皮肉な構図

【スポンサードリンク】

炎上商法を最初に考えた人って、私は天才だと思うんですよね。炎上商法っていうのは皆さん知っていると思いますけど、いろいろと成功例もあるわけですよ。私が知っている中だと、最近の成功例はYoutuberのヒカル氏かな?彼が炎上商法を意図して炎上したのか?は分からないけど、炎上した結果としては成功例とも言える気がするのです。彼の場合、資産も収入も元々かなりあるので、炎上させる意味があまりないのではないか?と思わないでもないが、彼は例のValu事件によって炎上し、世間の話題をさらった。これに関しては西村博之氏などが、あれはヒカルが悪いんじゃなくて、損する可能性があるものに関して投資をしたら本当に損をしただけで、仕組みを知らないでヒカルのValuを買った方が悪いと批判をしていたのだが、世間一般的にはヒカルが悪いという風潮が出来上がってしまった。それ自体はマイナスに思えるかもしれないが、私にはプラスに思えてくる面もある。ちなみに例のValu事件の前後でヒカル氏のチャンネル登録者数の推移は分からないが、動画の再生回数はどうなっているのか?というと、あまり変わっていないように感じる。ただ、炎上した直後にアップした謝罪動画なるものの再生数だけは抜きんでている。1000万再生くらいある。要はこれ自体が炎上商法のテンプレになるのではないか?と思うのだが、炎上→謝罪の流れというのは、1番稼げる瞬間なんです。

 

まず炎上することによって、その炎上した人に注目が集まります。Youtuberの場合には動画再生回数が伸びます。そして、しばらくしてから謝罪動画を載せると、世間の批判の矛先が向いている人物の謝罪を見たいがために、動画を観る人が増えるわけです。普段、その人の動画を観ていない人まで観るようになりますから、再生数は一気に増えるのです。金持ちが我々庶民にひれ伏す瞬間なわけで、見ている人も気持ちいいみたいな部分はありそうな気がするのです。そういう心理を逆手にとっている人もいるんじゃないですか?だから、視聴回数も伸びやすくなるわけです。つまり、炎上からの謝罪というのは、炎上商法で特に稼げる瞬間であって、注目を浴びるピークが2回くるっていうのが大きいですよね。謝罪をすることによって、ファンをやめようと思っていた人も留まる可能性があるわけですから、収入の下落を抑えられますし、謝罪動画それ自体で再生回数がかなり伸びて稼げるので、炎上商法では謝罪って重要なんでしょうね。ヒカル氏がそれを意図していたと言うつもりはないが、なかにはそういう意図で謝罪(をする振り)をしている人もいるのかもしれないです。ヒカル氏にとっては収入を伸ばす目的がそんなにあるとは思えないので、炎上を意図して起こされたものではないとは思うが、結果的に彼の収入は瞬間的にはかなり大きくなったので、同じようなことを別の誰かが炎上商法としてやったならば、それは成功例と言えるのかもしれない。でも、ヒカル氏にもアンチは相当いるだろうけど、アンチは本当にヒカル氏のことが嫌いならば、叩かない方が良いんじゃないか?と思うんですけどね。実際、炎上商法が嫌いって人も多くいるわけですけど。こういった炎上マーケティングが嫌いならば、私は黙っておいた方が良いと思うんですよ。炎上商法を嫌いと思っている人は世の中に多くいるみたいで、インターネットで検索をするとたくさん見つかります。しかし、この人たちは自分の気持ちと言動がかなり矛盾していることに恐らく気付いていない。

 

なぜならば炎上マーケティングを批判することをすればするほど、炎上マーケティングが世間に浸透してしまうからです。炎上商法自体を知らない人もいるはずで、インターネットなどで炎上商法について気持ち悪いとか、そういう批判することを書くと、それを誰かが読みますよね。そこからきっかけで炎上商法を知る人が増え、その中から効果的な部分を知り、実際にやる人が増えると思うのです。つまり、炎上商法を嫌いと思っているならば、何もしないのが1番なんですが、人間の心理はそうはいかない。嫌いとか、正義じゃないと思ったことに関してはどうしても叩きたくなってくるのです。アンチの存在はまさにそれで、気に食わないことを2ちゃんねるとかに書きなぐったりするわけですけど、それ自体が完全に宣伝になってしまうわけです。世の中の多くの人が自分のブログやSNS2ちゃんねるなどに書き込みをすることが、その批判の矛先である人物の宣伝になってしまっている。嫌いなはずなのに、その人にとってプラスになる行動をしてしまっている。そういう例は実は多くあると思うのです。だから、炎上商法も人間のそういう心理を利用してのものだと思うのです。人間は無意識のうちに嫌いな人物の批判をしてしまう。それは意識的に止められるものではないので、だからこそ炎上商法の成功例が存在してしまうのでしょう。

 

炎上商法はこれからなくならないと思いますよ。なぜならば、知名度がない人や会社がその知名度を確実に、手間や費用をかけず上げるための1つの手法として確立されてしまったからです。炎上商法が1つの有効なビジネスモデルとして世間にある程度共有されてしまった時点で、増えるか?どうかはともかく、なくなることはないでしょう。炎上商法を気持ち悪いと思っている人全員が、その気持ちを内面に保ったままでいられるならば、いずれ消えるかもしれないけど、そうはいかないんですよ。炎上商法を嫌いだと批判する人がいる限り、その有効な手法を採用する人や企業は増えますよ。最近になってCMの炎上とかも増えてきた気がするんですけど、それも企業が炎上商法を採用している流れなのかな?と思わないでもないです。真意は分からないですけどね。炎上を意図したのか?たまたま炎上したのか?は分からないけど、CMの内容を炎上させるようなものにして注目を浴びるというのは、確かに有効な策と言えばそんな気もしてきますね。インターネットがあるがゆえのビジネスモデルなので、インターネットが存続する限り、炎上マーケティングは今後も嫌いや気持ち悪いと批判する人が後を絶たないでしょうし、それによって炎上マーケティングを実践する人も増えるのではないか?と思います。ただ、これができるのは「嫌われる勇気」を持っている人だと思います。人から嫌われることを恐れる人、自分の体面を気にする人には向かないが、そんなものどうでも良いと思っている人にはかなり向いているかもしれない。

 

あと、炎上商法とはちょっと違うが、面白い事例があって、それがみすず学苑という大学受験の予備校のCMです。この予備校のCMは見た人は分かると思うが、正直言って謎が多すぎる。まずCMを見ても何が売りなのか?分からないし、サービス内容やどこに長所があるのか?などは何も言ってこない。そして、出演者が歴史上の人物のコスプレのような格好をして、ただダジャレを言っているだけという、視聴者からすると???という感じではないだろうか?というCMなのだが、このCMを私は非常に評価している。これも炎上商法と同じで人間の心理を上手く利用したものと言えるからだ。なぜならば、視聴者からすれば非常に謎が多い予備校ということが言えるわけで、何なの?この予備校?怪しくない?という気持ちが芽生えるはずなのだ、するとどうだろうか?インターネットでみすず学苑について調べるのではないだろうか?この予備校の評判を調べたり、あとは公式サイトを覗いたりということを無意識のうちにやっている人が増えるはず。つまり、15秒や長くても30秒くらいの長さだと、予備校の良さなんてほとんど伝わらないのです。仮に伝わったところで、そのCM内容だけを見て予備校を決めるなんて人はまずいません。必ずネットなどを通じて詳細を調べるはずです。つまり、詳細に関しては各自視聴者が必ず調べるものだから、あえてCMでそこを伝える必要はない。大切なのは、その詳細を視聴者に調べさせるためのきっかけ作りなのです。そのきっかけ作りがあの謎のCMということになる。謎が多いからこそ無意識に調べたくなってしまうのです。詳細を調べてもらう人をいかに増やすか?に関して、CMで徹したのがみすず学苑という予備校だと思っている。

 

さらに言えば、あんなに変わったCMをやる予備校として、いい意味でも悪い意味でも頭の中に残りますよ。そして、そのCMをかつて見た人が大学受験をするにあたって予備校を選ぶというときに、あ!そういえばあのへんなCMのみすず学苑なんてあったな!と思う出す可能性もあります。河合塾や東進レベルの有名な予備校ならば、パッと最初に候補に出てくる予備校かもしれないが、みすず学苑はああいったCMでもやらないと、知名度で絶対に勝てないので、高校生らが予備校を選ぶときに、候補にすら入らない可能性も高いわけです。みすず学苑があんなCMをやらなければ。知名度はもっと低かったでしょう。でも、逆にあんな斬新な内容にしたがために、みすず学苑という存在は否が応でも、予備校選びのときに思い出しますよ。そして、詳細について調べる人が増えるということになります。つまり、視聴者の記憶に残すことが重要という意味では、インパクトしかないあの斬新なCMは本当に大きな広告効果を持っていると言えるのです。何が言いたいのか?はさっぱりわからないが、「何が言いたいのか?さっぱりわからない」という印象は強烈に残るのです。炎上とは違うけど、悪い意味で評判になりやすいCM内容ではあるが、CMを見て評判などを調べると意外と普通の予備校だということに気付くはずです。実際、みすず学苑の評判を調べると、良い声が結構多く見つかりますから。すげー怪しいと思っていたけど、あれ?なんだ普通の予備校じゃないか!と下がっていたハードルをすごい勢いで高く飛び越えられたような感覚になるわけです。変わっているのはCMだけで、実は普通の予備校だったということで、みすず学苑は経営戦略が上手いなと私は思っています。

 

そういう感じで、みすず学苑のCMは作り手の頭が良いなと個人的には思っていますし、それとは関係ない炎上商法に関しても、私は頭が良いと思っている。やっているのは頭が良い人たちが多いと思います。炎上商法は成功例もあるが、絶対に成功するわけじゃない。逆効果もありえるが、炎上商法のアンチがいる限りはやる企業や人はこれからも存続するでしょうし、マスコミの存在もでかいので、炎上商法は日本だけじゃないけど、世界で当たり前のビジネスモデル、宣伝の手法になると思うのですよね。お金や手間をかけないで勝手に自社や自分の知名度が広がるわけですから。私は炎上商法を気持ち悪いとも思わないですし、嫌いでもないです。そして、私は炎上商法を意図することはないだろうが、炎上商法は私は全く否定しませんし、肯定している感じでもある。最近よくある芸能人の不倫から謝罪の流れも、これもそこを狙っているのかな?と思えてきてしまう部分もある。全員が意図しているとは思わないが、売名行為のためにやっている人がもしかしたらいるかもしれないのだ。でも、それも芸能界で生き残るためにやっているならば、1つの策と言えるのでしょう。

 

ネット炎上の研究

ネット炎上の研究

 
対論 「炎上」日本のメカニズム (文春新書)
 

 

あわせて読みたい記事