就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

東京農業大学の偏差値や評判は高い?倍率や入りやすい学部、ボーダーラインなどはどうか?

【スポンサードリンク】

東京農業大学は理系の大学の中でも農業系に特に焦点を絞った大学ですが、いろいろな学部に分かれていて、それぞれで学ぶ内容が違うため、そういったところは確認をしておいてほしいと思います。農業系の学部を多く擁した大学はそうは多くないので、東京農業大学の評判は高いと思います。一部の学部学科は文系の学生でも入れるようになっているので、幅広く学生が存在しているということも言えると思うのです。東京農業大学は偏差値はそこまで高いというわけではありません。理系なので評価は難しいですけど、中堅大学ということになるのではないか?と思います。東京農業大学の偏差値は学部にもよりますが、河合塾のもので40~55くらいとなっているので、幅がかなりあります。偏差値が特に高い学部学科に関しては難関大学に近いレベルにあると言えると思うので、難しいです。一方、偏差値が低い学部学科は難易度がかなり下がりますから、入りやすいと言えるかもしれません。ただ、東京農業大学の難易度はそういった感じで学部学科ごとに全然違うということが言えるので、知っておきましょう。東京農業大学は入りやすい学部そうじゃない学部に分かれているということで、難易度が顕著ということが言えると思います。したがって、受験するときにはそこを特に意識しておくと良いと思います。

 

東京農業大学はセンター利用入試でも受けられて、そういった場合にはボーダーラインが重要になります。東京農業大学のセンター利用のボーダーラインは65~80%くらいでしょうか?学部によって違うものの、全体としてはこういった数字になります。センター利用で入りやすい学部は生物産業学部で65%弱という感じでしょうか?逆に難しいのは応用生物科学部で、70~85%となっていますが、それぞれの学部で学科ごとに難易度も違いますし、科目数も3科目と4科目で違うので、それで東京農業大学のボーダーラインは変わります。東京農業大学に入りたい人は一般入試のみではなくて、こういった方法もあるということで知っておいてほしいと思います。センター利用入試のボーダーラインも学部によっては高いので、簡単ではありませんけど、一般入試と両方可能性があるということは知っておいてほしいと思います。

 

それでは東京農業大学の偏差値はそういった感じで良いとして、キャンパスライフのことについても知っておきましょう。東京農業大学のキャンパスはどこにあるのか?というと、東京農業大学のキャンパスの立地条件に関しては3つほどあるので、それぞれにおいて知っておいてほしいと思います。農学部と生物産業学部以外の学生が通うのが世田谷キャンパスで、ここがメインキャンパスです。多くの学生がここに通うことになりますが、東急田園都市線の用賀駅から徒歩20分、バスで10分ほどとなっています。東京農業大学のメインキャンパスとして、立地条件の評判はそれなりに良いと思います。駅からちょっと離れていますけど、都心に近いですから。駒澤大学とかも近いですし、渋谷駅も近いので、遊びたい人にとっても魅力的なキャンパスの立地条件と言えるでしょう。この世田谷キャンパスは理系の大学にしてはかなり先進的な雰囲気で、かなり綺麗です。文系もある総合大学のような雰囲気もあり、東京農業大学のキャンパスの中でも特に良い印象を持つ人もいるのではないか?と思います。東京農業大学の世田谷キャンパスの雰囲気に関しては自分でもオープンキャンパスなどを利用して見学をしてみるとより実感しやすいと思います。

 

そして、農学部の学生は厚木キャンパスになります。こちらは小田急線の本厚木駅からバスで15分となっており、都心からはちょっと距離が離れているので、そこは知っておかないといけないと思います。こちらもキャンパスの雰囲気としては綺麗ですが、農学部だけなので、そういった雰囲気は感じられます。農学部のみなので、敷地はそこまで広くないと思いますけど、東京農業大学のキャンパスとしては印象的なところとも言えると思います。ただ、キャンパスの建物の中は理系っぽい雰囲気はそこまでないというか、普通の大学という感じがします。綺麗な雰囲気になっていますし、過ごしやすいキャンパスと感じるのではないか?と思うのです。そして、生物産業学部に関しては北海道にキャンパスがあります。オホーツクキャンパスまでの交通アクセスは網走バスターミナルからバスを使って行きます。したがって、東京農業大学のオホーツクキャンパスの立地条件はそこまで良いという印象はないかもしれません。それ以外にも交通アクセスはありますが、バスを使わないとキャンパスまで行けないようです。北海道らしい雰囲気ではありますけど、一般的なキャンパスと雰囲気はそこまで変わらない印象です。ただ、生物産業学部ならではの施設などもあって、この学部でしか学べないこともある可能性があります。そういった部分がキャンパスの中にもあるということなのです。

 

それぞれの学部において、東京農業大学のキャンパスの雰囲気は違います。したがって、学部ごとにキャンパスの雰囲気などを確認してほしいですし、それぞれのキャンパスの立地条件について東京農業大学の学生の評判を見ておいてほしいと思います。東京農業大学は農業や生物、環境の分野では評判が高い大学なので、それぞれで難易度は違いますけど、どの学部もある程度は難しいのです。東京農業大学で難しいのは応用科学部で、ここは特に偏差値が高いです。したがって、難易度が高いということになりますけど、逆に東京農業大学で偏差値が低いのは生物産業学部です。ここは北海道にキャンパスがあるせいか、かの学部と比べても偏差値が低いので、東京農業大学の入りやすい学部になると言えます。東京農業大学は学部は複数あり、それぞれで難易度が違うので、そこを理解したうえで受験する学部を選ぶと良いと思います。そして、東京農業大学の学部はそれぞれ特色が違っており、評判なども異なっていると思いますから、その点についても同時にチェックしておくと良いと思います。東京農業大学に入りたい人は多くいると思いますけど、学部ごとにキャンパスのみではなくて、学ぶ内容も違いますし、そういったところを詳しく調べていくことが必要と言えるでしょう。東京農業大学の学部ごとの偏差値もそうですし、評判なども調べたうえで受験する学部を選択していくと良いと思います。

 

東京農業大学は理系の大学の中でもかなり知名度がある方なので、知っている人も多くいますし、全体的な評判も良いと思います。興味のある人は大学の難易度をまず調べるのが先決かもしれませんが、東京農業大学の偏差値について調べたら、そこからキャンパスライフについても調べていくと良いと思います。すでに話したような学部学科ごとの特徴の違いもそうですが、就職のことなど、東京農業大学の魅力やメリットは多くあるので、そういった部分もちゃんと調べながら、大学について理解をしてほしいのです。入試に関する情報を中心としながらも、全体として東京農業大学の評判について調べて、どういう大学なのか?というのを理解してから受験勉強をしていくと良いと思います。東京農業大学は良い大学だと思いますが、東京農業大学に入りたい人は特に詳しくなっていてほしいと思います。

 

東京農業大学 (2018年版大学入試シリーズ)

東京農業大学 (2018年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事