就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

数学ができないことと論理的思考は関係ない!論理的思考を鍛えることはそもそも重要ではない

【スポンサードリンク】

数学を勉強すると論理的思考が鍛えられるということを言う人もいるが、全くそれは的を射ていないと思う。数学は論理的思考が必要というのは同意しないでもないけど、基本的には暗記の要素が大きいと思っている。数学で必要な論理的思考の部分は他の科目でも必要な部分であり、別に数学に特有なものではない。数学が暗記が大半だというのが私の意見で、これは私が数学を勉強した中での経験談によるものではあるが、結局数学もパターン暗記ができれば、それに越したことはなく、いかに多くの問題をこなせるか?が重要なのです。事前に多くのパターンの問題と解法を頭の中に入れておけば、それによって対応できる問題の数は増えると思う。増えるが、全部には対応できないので、そこで論理的思考によって解かないといけない問題が出てくる。しかし、それは暗記科目と言われている科目も同じだ。論理的思考というのは持っている知識を生かして、そこから論理的に考え、答えに至るための思考だと思っているが、例えば日本史だって論理的思考が必要な場面は多々ある。知識を知っていればそのまま答えられる問題も多くあるが、それは数学も同じ。事前に経験している問題に近いパターンの問題が出れば、対応するのは容易いだろう。日本史だって暗記だけではどうにもならない問題が出てくる。

 

それはつまり、知識として知らない問題が出たときだ。そのときにも論理的思考を使って答えにたどり着くことができる場合もある。これは実際に入試問題として出たわけではないが、ある漫画作品で出題されたクイズで、1932年5月15日は何曜日か?という問題があった。この答えを知っている人はまずいない。しかし、こういったあまりにも難しい問題が実際に入試出たことがある。私が経験したのは犬養毅首相が首相に就任した月(何月か?)を答えるというもので、日本史が大の得意だった私も知らなんがな(笑)とお手上げだった。話は戻るが、この1932年5月15日というのは、ある有名な事件が起きた日付なのだが、その知識がないとまず解けない。これは五・十五事件が起きた日付で、どうやってそこからどの事件が起きた曜日を特定するの?と誰もが思うだろう。実は数学の公式を使うと解けるらしいのだが、先ほど挙げたある漫画作品では、数学の公式を使わずに正解にたどり着いたキャラがいたのだ。それはその五・十五事件の当日、暗殺された犬養毅首相の婦人の行動を知っていたからだ。事件当日は夫人は結婚式に出席するために帝国ホテルに向かっていたそうだ。だから、なんだ?と思うかもしれないが、結婚式が行われる曜日というのはだいたい決まっている。休日だ。土日祝日のどれかになる。そして、この当時は土曜が休日ではなかったということを知っていれば、答えは出る。祝日に当たる可能性の低さを考えると、日曜日と答えるのが1番自然だろう。

 

つまり、日本史の問題でも論理的思考を使わないといけない問題はあるし、ある程度の知識と論理的思考を駆使すれば、未知の問題、どうやって解くの?という問題も正解できる可能性があるのだ。事件当日に、夫人が結婚式に出席していたという知識から、論理的に考えることで、正解に近づくことができる。日本史が暗記科目という側面はあるけれども、答えが分からない問題に関して、論理的に考えれば正解にたどり着くことが可能というのは、数学と一緒で、数学だって覚えてさえいればなんとかなる問題があるはずで、そこはそんなに差があるとは思えない。私が答えられなかった問題も、もっとちゃんと考えれば正解できたかもしれないです。林修氏は数学が1番大切と言っていたけど、私は全く同意しない。論理的思考が養われるといったところが、確か理由だったと思うけど、論理的思考はどの科目でも必要になるものなのです。そして、さらに言えば、数学とかを解いても論理的思考が磨かれるとは思わない。ようやく本題に入るけど、私は大人になっても論理的思考ができない人をたくさん見てきた。こういう人は数学を学べば論理的思考が養われるのか?と言えば、恐らく関係ないだろう。数学ができないことと論理的思考ができないことは何の関係もない。なぜならば、論理的思考ができない人は論理的思考をしないだけだからだ。

 

言っていることがよく分からないという人もいるかもしれないけど、論理的思考ができないと思われる人も、実は論理的思考をしないだけなのではないか?と私は思っている。要するに、論理的思考をすべき場面の判断ができていないというのが、私の考えになる。数学というのは大前提として論理的思考を使わないと解けないというルールになっている。感情論では解けないのだ。数学における感情論ってなんだ?って話だけど、例えば面積を求める問題で、目分量で答えを出すようなケースがそれにあたるだろう。与えられた情報を使って式を組み立て、それを解くというプロセスを経ないと、正確な答えは出せないということがルールになっていることをみんな知っているのです。だから、数学の問題を解くときには、論理的思考を勝手にするのだ。しかし、例えば何でも良いんだけど、政治家の不倫をどう思うか?って議題で話し合うときに、確実に感情論で語る人が出てくる。不倫はよくないことなんだから、政治家であってもすべきではない。ということを言う人がいる。不倫は法律に違反することかもしれないけど、それが=よくないか?どうかは別問題なんですよ。この問題に関しては、全く問題ないという回答をする人も実際結構いて、政治家の能力に関係ないのだから放っておけばいいじゃん。という人もいます。

 

論理的思考がよりできているのはどっちか?というと、後者だと思うのです。政治家は国民のために働く職業であり、そのために必要な能力を備えている必要がある。そして、不倫をするような政治家がいたとしても、私たち国民生活に何の変化(マイナスになるようなこと)がないし、政治家の振る舞いに細かく文句を言う人が増えると、政治家になろうとする人が減り、政治家の中で有能な人間の数も減ると。それ自体が私たち国民生活にとってマイナスなんじゃないですか?という言い方をする人もいるし、これは私はかなり論理的思考ができていると思う。私に言わせれば、政治家の不倫を糾弾している人は多くが感情論だと思う。しかし、この議論で感情論を言ってはいけないルールは存在しない。つまり、感情論がいけない決まりがないから、感情論を言う人がいるのだ。それはイメージの問題で不倫はよくないと感じ、それを結論として持ってきてしまっているというだけで、それがその主張をする人にとっては正しいと思っていることであるというだけなのだ。要するに、これは感情論で判断して良いことでしょう?という気持ちがあるから感情論を使っているだけであって、その人が論理的思考ができないとは決めつけられない。確かに感情論がいけないということが感情論という言い方もできるし、論理的思考を使った方が、感情論を使っている相手を圧倒しやすいということは言えるものの、だからといって感情論を使う方が間違っているとまでは言えない可能性もある。

 

私個人の意見では、善悪の是非を感情論で決めるのはよくないと思っている。それはいじめと変わらないと思っているから。いじめが世間的によくないものとして使われるならば、それは控えるべきだろうと思うのだ。ただ、これは私の意見なので、それに共感しない人がいるのも当然だし、私の意見が正しいと客観的に説明することは難しい。つまり、仮に数学で論理的思考を養うことができても、数学を勉強すると、論理的思考ができない人ができることにならない。数学ができない人が論理的思考ができないとは言えないし、論理的思考と数学は全く関係ないと思っています。論理的思考ができないとされている人は、論理的思考よりも感情論の判断の方が望ましいという判断をしているだけなので、そこは単なる価値観の違いだと言うしかないかもしれない。ただ、感情論は議論においては確実に論破されやすいので、私は使いたくない。論破されたからといって、論破した方が正しいのか?というと、それも決めつけられないかもしれないが、論破した方が正しい意見を言っているようには見える可能性がある。少なくとも論破された方が正しいという見方はできないでしょうね。感情論は脆いので、議論をするときにはできるだけ使わない方が良いと思うし、できるだけ客観的根拠を持たせた方が良い。感情論には感情論で返せるので、こうなった場合には感情論が勝つことはない。感情論を使っている側はその議論において感情論を使ってもいいという判断なのだから、相手方がこちらも感情論を使うわと言えば、同じ理屈で相手を否定できるわけだ。この場合、議論に何の意味もない。感情論VS感情論はお互いが永遠に感情論を使っている限り、何の結論も出ないのだから。

 

重要なのはどの場面で論理的に考えるべきか?であって、論理的思考を鍛えることではない。そもそも論理的に考えられているか?ってこと自体が結構主観なんですよ。だから、現代文の解答にいろいろと文句がくるわけ。1つの文章と問題があったときに、1つのパターンしか正しい論理的解釈を認めないのが現代文なわけだが、だから私は現代文が嫌いなのです。論理的思考をすれば現代文は解けるというが、それ自体が感情論であり、それは出題者がそう望んで問題を作ったというだけの話なのです。出題者はそりゃ論理的に考えれば答えは1つにしかならないはずだと思って作っているはずだが、そう努力しているからといって、それが本当に実現しているか?は分からない。だって、証拠がないじゃん!出題者が論理的に考え方ができているなんて証拠がないのに、多くは出題者は論理的思考をミスなくしているはずだという期待を持っているに過ぎない。林先生のテレビなどでの言動を見ていると、明らかにおかしいこと言っているよな。と思うことが多々あるんですけど、そういう人たち(実際に作っているのは予備校講師ではないけど)が入試問題を作っているわけでしょう。論理的思考がミスなく、誰からも突っ込まれることなくできる人なんてほぼいないのに、出題者は論理的思考がきちんとできているなんて前提はどう考えても生まれないと思うんですけどね。警察官に悪い人はいない!みたいな論理と同じなわけですよ。ある考え方が論理的か?否か?を判断するときに使われるのは人間の感覚であり、主観であり、感情論なのです。ある考えが論理的か?そうじゃないか?を判断するときに使われる説明は、言ってしまえば「私はそう思う」でしかないので、私はそうは思わない、感じないと言ってしまえばそれまでなのです。数学も現代文も大学に入るためには必要な科目だとしても、生きるときにはほぼ不要だと私は思っています。

 

 

頭がいい人の「論理思考」の磨き方

頭がいい人の「論理思考」の磨き方

 

 

あわせて読みたい記事