就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

中央大学文学部の偏差値や倍率は?評判はいい?MARCHの穴場で入りやすい学部と言える

【スポンサードリンク】

中央大学文学部というのはあまり話題になることがなく、全体的に偏差値も低いです。一般的なレベルで言えば高いと思いますけど、中央大学の中でという意味やMARCHの中でという意味で言うならば、中央大学文学部は穴場だと思うのです。中央大学文学部の評判はいいと思います。評判はいいのだが、単純に難易度が他学部よりも低い場合があるということなのです。そして、MARCHで入りやすい学部があるとしたら、その1つは中央大学文学部になるのではないでしょうか?中央大学文学部が人文社会学科のみとなっていますが、専攻がかなり幅広く、それぞれを選んで受験をしていくことになりますけど、偏差値は主に55.0~57.5です。これは河合塾の数字になりますけど、MARCHクラスで55.0とかはほとんどないです。日本大学の一部の文系学部で57.5とかがあるので、下手すれば日本大学以下という評価になるかもしれませんが、MARCHには変わらないので、どこでも良いからMARCHに入りたいという人にとっては中央大学文学部はおすすめなのです。しかも、52.5という偏差値のところもあり、完全に日東駒専のレベルなのですが、フランス語文学文化専攻に関しては個別日程も全学部統一入試も偏差値が52.5となっています。偏差値はその都度変わるので、今後もずっとこの数字が継続されるとは限りませんが、中央大学文学部はMARCHでも入りやすい学部になるので知っておいてほしいと思います。

 

中央大学と言うと法学部の存在感が大きいです。数十年前までは早慶と同じレベルと言われていたのですが、最近は偏差値が下がり気味です。ただ、文学部に関してはあまり話題になることが少ないので、MARCHの中では難易度は低い方で、穴場的な学部とされています。最低で偏差値が52.5となっているので、日東駒専レベルの学力の人でも受かる可能性があるということになります。恐らく中央大学文学部の評判に関しては専攻によって差があるのでしょう。学部全体としてはそれなりに評判は良いが、細かく見れば専攻によって、中央大学文学部の評判は異なる、人気も差があるということなのです。専攻が多いだけに、それだけ自分の学びたい分野を細かく選んで入学ができるので、入学後の勉強の満足度合いが高まりやすいというのはあると思います。そこが中央大学文学部の評判がいい理由でしょう。偏差値は変動するので、ずっと52.5の偏差値の専攻が存在するとは限りません。ただ、文学部なので倍率がそこまで高くなるということは少ないですし、こういった部分でも難易度が上がりづらいのです。中央大学でも入りやすい学部とされると思いますけど、MARCHでも入りやすい学部になりますから注目でしょう。実際、中央大学文学部の倍率はどうなっているのか?チェックしておきましょう。偏差値にも割と幅がありましたが、倍率にも幅がある可能性がありますから。中央大学文学部の倍率に関しても専攻ごとにチェックしていきましょう。中央大学文学部の倍率に関しては、全体的には同じくらいの倍率です。全学部統一入試と個別日程がありますが、全体で言うと2~4倍くらいが多いです。全学部統一の方が倍率が高くて、こちらは4倍前後が多いかな?と思います。個別日程は3倍前後って感じです。

 

ただ、中央大学文学部は専攻が多くて、それぞれやや倍率が違います。それを総合すると、だいたい2~4倍くらいになることが多いのですが、一部の専攻に関してはちょっと倍率が高めです。例えば、心理学専攻に関しては全学部統一が10倍くらい、個別日程が5倍くらいになっている年もあります。したがって、一部の専攻に関してはそれくらい高い倍率が存在するので、そういった難易度の違いに関しては知っておいてほしいと思います。中央大学文学部に入りたい人は倍率に関しては細かく見ていかないといけないのです。偏差値に関してもすでに話したように違いはありますけど、倍率の方についても違いはあります。倍率の低いところと高いところがありますから。中央大学文学部の偏差値もそうですが、中央大学文学部の倍率に関しても、専攻ごとに細かく見ておかないといけないので、チェックが大変だと思います。また、年度によっても違うということで知っておかないといけません。中央大学文学部の倍率は他の学部と比べても低いです。商学部や経済学部などは倍率が結構高いです。そういう意味では、やはり倍率に関しても中央大学文学部の難易度に関しては相対的に低いので、穴場の学部ということになります。

 

中央大学文学部のセンター利用入試の難易度に関しても書いていきたいと思います。センター利用のボーダーラインに関しては、80~85%くらいとなっています。MARCHの中での穴場の学部とはいっても、センター利用では最低でも8割以上は必要ということなのです。中央大学文学部のセンター利用のボーダーラインの得点率は専攻によっても差があるということになります。ボーダーラインが高いのは85%で、やはり心理学専攻ですね。逆に低いのはフランス語文化専攻、中国言語文化専攻、東洋史学専攻となっています。このあたりはおよそ8割です。したがって、MARCHのセンター利用でも入りやすい学部の1つになると思います。中央大学文学部入りたい人は一般入試のみではなくて、センター利用入試でもチャンスがあるので知っておきましょう。中央大学文学部のセンター利用のボーダーラインについては学部全体の数字はほとんど変わらないような気はしますけど、専攻ごとの数字は毎年少しずつ変わる可能性があるので、そこは知っておいてほしいと思います。ただ、センター利用入試のボーダーラインの得点率というのも大学学部の難易度を判断するうえで重要なので、センター試験の方が得意な人は受験を考えていきましょう。

 

中央大学文学部に受かりたいならばセンター利用のボーダーラインもそうですし、後は合格最低点なども知っておくと良いと思います。中央大学文学部の合格最低点もインターネットで検索をすると出てくると思いますから。中央大学文学部の入試対策をするうえでチェックすると良いと思います。あとは中央大学文学部の入試科目もそうです。個別入試、全学部統一入試、センター利用入試で違っている可能性もありますから。中央大学文学部に入りたいと思っている人は入試科目についても細かく調べておきましょう。中央大学文学部の入試科目は簡単に調べられますから。配点も合わせて見ておくと良いでしょう。中央大学文学部の偏差値は専攻によっては低くて入りやすい学部である。MARCHの中では穴場の学部であるということは何度も言っていますけど、中央大学文学部は日東駒専とかは避けたい、なんとかMARCHに滑り込みたいと思っている人にはおすすめと言えるでしょう。中央大学文学部に入りたい人は過去問で問題のレベルや傾向を調べてみると良いと思います。中央大学文学部の合格最低点などに達するか?どうかを調べることも重要ですが、問題のレベルや傾向を見て自分に合っているか?自分でも対応できるか?というのも重要ですから。

 

中央大学を受験する予定の人、興味を持っている人はスタディサプリ進路から資料請求ができるので知っておきましょう。ここで請求できる資料は中央大学に関する大学案内で、入試情報や学生生活に関する情報が特に多く詰まっています。入試情報に関しては、中央大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などが細かく分かりやすくまとめられています。また、過去のデータから倍率や合格最低点などの貴重な情報も載っている可能性がありますから、本当におすすめの大学案内と言えると思います。そして、学生生活の情報に関しては学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルの雰囲気はどんな感じか?卒業したら学生はどういう進路を歩んでいるのか?就職先の企業や就職率などの情報を含めて、キャンパスライフに関する情報が満載だと思うので、こういった資料を見ると自分が中央大学に入学した後の姿が想像しやすく、4年間をどう過ごすのか?への期待も膨らみやすいでしょう。今まで知らなかった中央大学への魅力にも気付きやすいですし、本当に中央大学を目指している受験生や高校生にとって有益な大学案内と言えるのです。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「中央大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」のリンクをクリックすると住所や氏名などの必要事項を記入するページがあるので、そこに入力をして送信すると自宅に届きます。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

中央大学(統一入試) (2018年版大学入試シリーズ)

中央大学(統一入試) (2018年版大学入試シリーズ)

 
中央大学(文学部−一般入試) (2018年版大学入試シリーズ)

中央大学(文学部−一般入試) (2018年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事