就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

甲南大学の偏差値や難易度は高い?倍率と評判やボーダーラインと入りやすい学部について

【スポンサードリンク】

関西の大学の中でも特にハイソな印象がある大学と言えば、甲南大学でしょうか?同じような雰囲気の大学と言えば関西学院同志社がありますけど、甲南大学に関しては特にそういった雰囲気があるのではないか?と思います。そういったところが甲南大学の評判でもあり、人気の部分だと思います。甲南大学の偏差値はどれくらいか?というと、甲南大学の偏差値は学部によって違います。産近甲龍という括りになるので、関西では甲南大学の偏差値に関してはそれなりに高いものとなっています。甲南大学の難易度は特別高いわけではないのですが、関西では有名私立大学になるので、受験生からも人気です。したがって、どの学部を受けるにしろ、ある程度勉強をしないと受からないということになると思います。甲南大学では入りやすい学部はあるのでしょうか?甲南大学では偏差値が学部ごとに違うので、受験する学部を選ぶときには入りやすい学部を選ぶということもできます。甲南大学の場合には学部ごとに偏差値が違いますけど、そこまで大きな差はありません。だから、甲南大学の受かりやすい学部というのはちょっと判断が難しいですけど、候補としてはマネジメント創造学部が挙げられます。マネジメント創造学部は甲南大学の偏差値でも低い方になります。文系学部ではここが甲南大学での入りやすい学部になると思います。そこはまず知っておいてほしいと思います。

 

甲南大学の偏差値ではマネジメント創造学部が特に入りやすいということになっているのですが、甲南大学で受かりやすい学部を選ぶならばここになりますけど、甲南大学では偏差値の差はそんなにないので、他の文学部、法学部、経済学部、経営学部などを選んでも学科によっては、マネジメント創造学部と偏差値がほとんど変わらないということもあります。甲南大学のセンター利用のボーダーラインを見ると、マネジメント創造学部は65~70%強くらいなので、この数字も他の学部よりは低いです。甲南大学のセンター利用のボーダーラインでは6割台前半でも受かる可能性があるということなのです。マネジメント創造学部以外の学部のボーダーラインはだいたい6割台後半から8割くらいとなっているので、ちょっと難易度が高いと言えます。甲南大学のセンター利用のボーダーラインはこういった感じになっているので、そこは知っておきましょう。甲南大学の難易度は一般入試だけではなくて、センター利用入試もそれなりに高いです。甲南大学に受かりたい人はセンター試験の過去問を解いて対策をするしかないのですが、センター利用入試を受けるときでも難しいですが、きちんと対策をすれば、少しでも点数は上がりやすいと思います。

 

甲南大学のセンター利用のボーダーラインに関してもある程度は知っておきましょう。センター利用入試でも甲南大学の受かりやすい学部があるということになりますが、センター利用の受かりやすい学部でもマネジメント創造学部ということになります。甲南大学の難易度についてはそれ以外でも倍率が重要な指標になります。したがって、倍率についてもチェックしておきましょう。一般入試の甲南大学の倍率に関しては、学部によって結構違いがありますが、前期と後期でも違います。甲南大学では前期と後期があり、前期に関しては概ね2~4倍くらいとなっているので、まあ普通の範囲かな?と思います。前期に関しては全体的にこの倍率ということで、これよりも高くなっている学部学科も一部ありますが、それは例外的です。したがって、基本的に甲南大学の一般入試の前期の倍率に関してはこれくらいの普通の倍率になっているということです。そして、問題は後期です。甲南大学の後期の倍率はどうなっているのか?というと、前期と比べるとかなり高いです。甲南大学の後期日程は全部の学部であるわけではないので、そこは知っておきましょう。甲南大学の後期日程の倍率は前期と比べるとケースバイケースで違いすぎる。高いと50倍くらいで、低くても5倍以上はあります。したがって、甲南大学の後期日程はとんでもなく難しい可能性があるということなのです。後期日程の倍率は学部によっては異次元になっていることもありますから。

 

後期日程は募集人数がかなり少ないと思うので、こういった高い倍率になっているのでしょう。50倍は極端な例ですけど、10倍を超えているケースはそこそこあるので、今後も甲南大学の後期日程ではそういったケースが発生するかもしれません。甲南大学に入りたい人は倍率を確認するときには、前期と後期の違いでも見ておかないといけないのです。難易度が全然違いますから。甲南大学の難易度において後期日程の難しさはかなり高いと思います。甲南大学に受かりたい人は入試科目とかの情報も重要なので、学部学科ごと、前期と後期別に調べておきましょう。入試科目と配点などについては、学部学科でも違うでしょうけど、前期と後期でも異なっていることがあるのです。したがって、甲南大学の入試科目と配点については、受験する学部学科を決めたら、前期と後期別に調べておいてほしいです。入試科目や配点について調べたら、あとは合格最低点などのデータもチェックしておけると良いでしょう。甲南大学の合格最低点も非常に重要なデータになりますから。甲南大学の入試科目や配点、そして合格最低点などの情報は最新のものを見ておいてほしいと思います。そして、関西では非常に評判がいいのが甲南大学になりますが、キャンパスに関しては岡本キャンパスというのが中心になります。マネジメント創造学部とフロンティアサイエンス学部以外の学生がここに通います。その魅力や特徴についても知っておきましょう。

 

甲南大学の岡本キャンパスの評判としては、最寄駅からは割と距離があるみたいで、そこが結構多くの学生が口にしています。徒歩で15分以上はかかるみたいです。人によっては気にならないかもしれませんが、緩やかな上り坂のようなので、そこがちょっときついと感じるかもしれません。ただ、キャンパスの周辺は割と充実しているようで、カフェ、パン屋、居酒屋などのお店が多くあるみたいです。しかし、雰囲気としては住宅街に近いので、買い物ができそうな商業施設とかはなさそうです。繁華街的な雰囲気ではないので、遊べる場所は別の駅まで行かないとないのかもしれません。しかし、キャンパスの中は図書館、カフェ、食堂が充実しているという声がありますから、キャンパスの中ではそれなりに充実した時間を過ごせそうです。こういったところが甲南大学の評判でもあり、岡本キャンパスの特徴にもなります。甲南大学は人気のある大学で難易度も高いですが、甲南大学の評判に関してはキャンパスの立地条件などを含めて、詳しく調べておいてほしいと思います。

 

 

甲南大学 (2018年版大学入試シリーズ)

甲南大学 (2018年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事