就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

ある非常識な行動が私の中で法政大学の評判やイメージをアップ!頭いい学生と評価したい

【スポンサードリンク】

>法政大の学生が講義中に非常識な行動を取っていたとの報告がツイッターに寄せられ、インターネット上に「ありえない」「流石にこれは...」といった疑問や批判の声が出ている。

話題となった投稿などによれば、学生の受講態度に激怒した教授が、講義を中断して教室から去った後に「事件」は起きたという。

騒動の発端となったのは、法政大社会学部の学生だというあるユーザーが2018年6月6日に投稿したツイートだ。 「先生が教室出てってから先生が置いてったノートの写真撮るために群がってる連中がいる笑 これは許される行為なのだろうか?」(原文ママ

投稿には、教壇の周りに10人近くの男女が集まっている写真も添えられており、中心にいる男子学生が机の上をスマホで撮影している様子が確認できる。周囲の学生は、こうした行為を笑顔で見ている。

いったい、何があったのか。一連の騒動を同じ教室で目撃したという投稿者とは別のある学生は7日、J-CASTニュースツイッターを通じた取材に応じ、トラブルの経緯について次のように説明した。 まず、この講義は「ミクロ経済学」で、受講生が多いため大教室で行われていた。

担当教授が離席したのは、一部の学生が教室の後方で床に寝そべり、スマホをいじりながら談笑していたためだ。 教授はこうした一部学生の受講態度を咎めたが、当人たちは注意を無視。これに教授が激怒し、講義に必要な道具を放置したまま教室を去って行った。その後、別の学生たちが教壇に残された講義用のノートの撮影を始めたという。

 

これは「法政大、一部学生が講義中断の教授のノートを集団「盗撮」 | ニコニコニュース」に載っていた記事です。法政大学のイメージダウンのニュースかもしれないが、私的にはむしろイメージアップですね。私の中で法政大学の評判はぐんと上がりました。こういう行為を見て、「ありえない」とか、「非常識」っていう言葉が相変わらず並んでいるが、これを非難している人は、ほぼ全員何がダメなのか?の説明がないんですよね(笑)思考力の限界なんだろうけど、自分にとって気に入らない行為は理由も述べないで、とりあえず否定して良いという、非常に暴力的な側面がうかがい知れる。で、結局何がダメなんですか?これって。私は全く理解ができません。そもそもこの教授は何で怒ったの?って思う。教室の後ろで寝そべり、談笑をしている学生を注意するメリットは個人的には分からない。強いて言うならば、その談笑の話し声のレベルがあまりにもうるさいときには分からんでもないという話なのだが、記事からはその詳細は分からない。単純に態度が気に食わないっていうのならば、放っておけばいいのに。学生に一体何を期待しているの?彼らが真面目に勉強をするために大学に来ていると思っているの?以前、似たようなことを書いたけど、真面目に勉強する学生の方が本来は意味が分からないのですよ。だから、真面目に勉強しない学生の方が頭いいとは言わないが、真面目に勉強してない学生はいたって普通だと思いますよ。こういうニュースで法政大学の評判が各人の中で下がる人もいるかもしれないけど、こんな学生は東大にもいるはずです。で、東大の学生だってちゃんと考えてそういう行動をとっているはずなんです。というのも、文系の学生が高い学費を払って、無駄な時間をかけて必要もない単位をとりながら、教授の話を真面目に聞いて、ノートをとって、テストを受ける必要性がどこにあるの?文系の勉強なんて基本的に全てネットで事足りるのよ。だから、大学に通う価値なんていうのは、大学卒という肩書や有名大卒というブランドしかないと私は思っている。今回の談笑していた学生も恐らくそういう目的で大学に入っているはず。

 

それは正しい、間違っているとかではなく、今の世の中を前提にした場合にそれが1番合理的であるという話でしかない。大学で一生懸命勉強をするということで道が開かれるわけじゃないので、大学で一生懸命勉強する意味は私はないと思っている。あと、これは法政大学ではないのだが、別のとある大学のとある教授がすごい面白いことを言っていたことがある。これは大学で真面目に勉強しようとする学生を非難した話になります。その教授が言っていたことを簡単にまとめると、以下のような感じです。

大学に入って授業をサボらないで頑張ろう!なんて思っている人はバカである、三流以下である。そんなことしているくらいならば、授業をサボってパチンコ行って金稼いで、試験前に友達にノートだけ見せてもらう方がよっぽど効率的に時間を使えている。大切なのはどのように時間を使って目標を達成するかであり、授業に出ることではない。大学の授業はその目標を達成するための手段の1つでしかない。

この教授は凄い良いことを言っていますよね。大学に入って授業を受けることが最大の楽しみであり、快楽であると。そういう人は別に良いんだけど、学生の最終的な目標って単位を取って卒業することだと思うんですよね。勉強をすること自体が目的って人もいると思うんだけど、そういう人はすでに言った通り、文系のケースならば大学に入る必要ないんですよ。もっとお金がかからない、自分のペースで好きに進められて、効率的な方法がありますから。だから、ほぼ全ての文系の学生に言えるのは、大学の授業に出ることが目的になってはいけないということ。会社に入ると、その部分がより求められるのだが、最終目標を達成するために何が効率的か?を考えて実行できる人間が成功しやすいのです。それを突き詰めたら、会社なんかで働くべきではないとなるかもしれないが。大学の単位を取って卒業するための手段として授業に出て教授の話を聞くというのがあるが、それを使うべきなのは、それしか使えない人だと思う。試験前に友達にノートを見せてもらうという手段が使える人はそれを使うべきだと思う。これこそ効率的なモノの考え方であり、きれいごとじゃない現実的なモノの考え方だと思うのです。数日前に書いた、就活のWEBテストを1人で受けるか、協力して受けるかっていう話とも共通する部分はありますけどね。だから、法政大学の学生の行動は頭いいと思いますよ。合理的なモノの考え方ができている可能性があるから。

 

話は戻るけど、この法政大学の教授は学生の態度に怒ったみたいだが、怒ることが学生のためになっているとは到底思えないのです。この学生は何のために授業に出ているのか?って話もあるけど、出席点を稼ぐためだけとかの可能性もあるので、一概に授業に出ることが単位を取るために非効率とは言えない可能性もあります。怒った結果、学生が単位を取れる可能性が上がるわけではないのです。そんな態度じゃ社会人になってから困るとかいう見方もあるかもしれないけど、別に学生時代の態度が悪いからといって、その態度が社会人のときにも同様か?というとそうとは思えないんですけどね。学生のときに態度が悪くたって困ることはほぼないんですよ。教授が怒るくらいで、致命的なデメリットになることはない。社会人になると、仕事クビになったりとか考えられるので、普通は態度を豹変させると思います。私もブログ上では偉そうなこと言ってますけど、私生活では結構謙虚ですからね。人間は裏表があるのだから、そんなもんですよ。教授が怒った理由は恐らくむかついたから。でしょうね。単純に職務放棄としか評価されないようなことをしているだけなので、学生のためになっていないどころか、学生に被害をもたらしているのです。

 

そのうえで学生が教授のノートを盗撮することが悪いと言われても困りますよね。本来、この授業でやるはずだった範囲が全く解説されないまま終わるわけです。勉強をしないといけないという大義名分があるならば、教授が職務を放棄した以上、学生は残された教授の講義ノートから情報を得て勉強するしかありません。つまり、この状況では学生のとった行動ってかなり正当性が説明できると思います。むしろ、教授が帰ってしまって、呆然としているよりもこういう行動が迅速にとれる法政大学の学生はやっぱり頭いいと思う。法政大学の学生の全員が頭いいとは思わないが、そういう人は間違いなくいると思います。それに教授が板書してそれを写すというのが面倒ならば、じゃあ教授のノートを撮影した方が早いよねって話なんです。仮に教授のノートを全部丸々撮影できれば、その時点で教室を出て言っても構わないかもしれません。出席点などの部分がなければ。教授が板書をしてそれを学生が写すというスタイルを続ける以上、教授が板書するペースに合わせないといけないので、板書をそのまま撮影するとしても時間がかかります。でも、教授のノートを撮影すれば、その時点で終了で、教室を後にして、その時間を別の何かに有効活用できます。法政大学の学生は頭いいと思いますよ。個人的には法政大学の学生はイメージアップですね。常識とやら沿って生きている絶賛思考停止中の学生と比べたら、そういう学生の方が個人的にはイメージは良いです。

 

こういうニュースが流れると、一般的には法政大学の評判って悪くなるんだろうけど、私は逆に法政大学の学生は頭いいと思うし、イメージ的にも良いです。中にはこういうことをする学生に向かって、大学辞めたら?とか言っている人もいるんだけど、は・・・?と苦笑いして、呆れるしかないですよ。この学生が大学辞めて何のメリットがあるの?大学にとってはそれ以降の授業料が入ってきません。学生にとっても特に今後のビジョンもない中で大学中退になることのメリットが分からないのですが?大学の評判を下がるような人は排除した方が良いというかもしれないけど、大学の評判を直接落としたのは、この状況をツイートした本人とそれを広めたニュースサイトですからね?教授のノートを撮影した学生がいただけでは大学の評判は落ちません。大学の外部にその情報が漏れないから。だから、彼らは法政大学の評判を落とした張本人じゃありません。張本人はその様子をツイートした人とニュースサイトの人間です。彼らがこの状況を直接ネット上でばらまいたわけですから。だから、同大学の学生だと思うけど、このツイートをした学生の方が、よっぽど大学にとって迷惑な存在なんですよ。しかも、盗撮を叩いている人がいる割には、その教授のノートを撮影している学生を盗撮してツイートしたことに関しては誰も叩かないっていうね。小さいけど、顔は普通に写ってますからね。特定しようと思えばできそうな状況にあるわけです。不倫は叩くけど、不倫を報道し、名誉棄損行為を平気でするマスコミは誰も叩かないっていう、日本人の民度の低さが象徴される瞬間ですよ。

 

話は戻るが、法政大学の当該学生に対して、大学辞めれば?とか言う人の思考が本当に理解できないのです。何でこういうことを平気で言っちゃうのかね?誰も幸せにしないのに。人を叩けるほどの頭をしているとは到底思えないのですが。叩いている人って、結局非常識とか、そこしか理由がないんですよね。まともな人間ならばそんな行動は普通はしないだろ?というある種の同調圧力が理由になっていると思うのですよ。だから、これがダメな理由を具体的に述べる人がいないのです。理由などないが、俺はこういう行為をする奴は嫌いだ。という意思表示でしかないのです。教授が勝手に出て行ってしまった時点で、学生が教授のノートを見るとか、撮影するのはしょうがないと思うんだけど?この状況で学生が悪いと言える要素ってあるんですかね?それに学生からしてみれば、板書を写すよりもそっちの方が明らかに効率的なので、学生のことを思うならば教授がそれを認めない理由もよく分からない。機密事項でも書いてあるならば話は別かもしれないが、そんな大事なノートならばそれを置いて出て行ったりはしないと思います。だから、この学生らを批判している人って、私はきれいごとにしか見えないんですよ。現実的じゃない、合理的じゃない、誰のためになっているのかも分からない意見にしか映らないのです。

 

引用したニコニコニュースには「何が問題なのだろうか いろいろ指摘されているがもはや昔(戦前や戦後間もない頃)の大学の意義と現在の意義とでは全く違う。大学は所詮いい企業に就職するための土台でしかない。本来大学は研究職や教職(旧師範学校)の為に存在していた。彼らも名の知れた大学に入ったから次はいい企業という思いだと思う。全ては日本のくそったれな固定人生制度が原因」というコメントがあったが、まさにそれだと思う。仮にこの学生がしていたことが悪いならば、それをした方が得策になってしまう社会構造が悪いだけだと思うんですよね。こういう学生は不真面目って評価されるのかもしれないけど、真面目っていうのは、大人になると結果を出せる人のことであって、勤勉というだけじゃもはや価値を認めてもらえないのです。だから、過程はよりは結果を出したもん勝ちであり、結果を出せるのは時間を効率的に使って、目的達成への有効な手段を講じられている人なんですよ。同じことしかできない人はほとんど評価されない世界なので、他人から否定されても、人と違ったことをした方が道は開かれる確率は上がるんですよ。その人と違ったことが特定の目的達成のために有効かつ、効率的と言えるならば尚更です。法政大学の私の中でのイメージアップに貢献した当該学生らの将来がいい意味で楽しみです。

 

なぜ日本の大学生は、世界でいちばん勉強しないのか?

なぜ日本の大学生は、世界でいちばん勉強しないのか?

 

 

あわせて読みたい記事