就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

追手門大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの詳細

【スポンサードリンク】

関西にある大学の中で追手門大学は伝統的に人気の大学と言えます。関西では中堅大学のレベルという評価ではないか?と思いますけど、偏差値に関してはそこまで高いわけではないのですが、簡単に受かるとは言えないと思います。追手門大学は関西では評判も知名度も高いので、そういったところは知っておきましょう。そして、追手門大学の偏差値に関して知っておかないといけませんが、ここは心理学部が特に難しいです。心理学部は設置されている大学では偏差値が高くなる傾向にありますが、追手門大学でも心理学部の偏差値は高いので、難関学部であるということで知っておいてほしいです。心理学部の偏差値はおよそ50です。心理学部以外の偏差値はどうなっているのか?というと、追手門大学の偏差値は経済学部、経営学部、地域創造学部、社会学部、国際教養学部がありますが、40台前半です。40~45くらいと思っていて良いと思います。追手門大学で受かりやすい学部としてはこういったところが候補になるでしょう。追手門大学に受かるには学部ごとに違う難易度を把握して、そのうえで受験する学部学科まで選んでいきましょう。追手門大学の偏差値は心理学部とそれ以外の学部で差がありますから、そこを踏まえて大学全体の難易度を把握してほしいと思います。

 

追手門大学の難易度としてはそれ以外の指標も見ておきましょう。追手門大学の偏差値は心理学部が高いということが特徴的ですけど、倍率に関してもしっかりとチェックしておくことで、追手門大学の学部ごとの難易度が把握しやすいと思います。追手門大学の一般入試ではA日程、B日程、S日程など細かく入試方式が用意されており、入試方式が複雑なので、それぞれの特徴を理解するところから始めないといけません。そして、それぞれで倍率も違いますけど、そもそも追手門大学では学部によってすでに倍率に差があります。学部学科、さらに入試方式ごとに倍率の数字が違うので、細かすぎて正確には紹介できませんけど、簡単に紹介すると、低いケースで3倍前後、高いと10倍近くとなっています。倍率だけ見ると関関同立よりも高い場合があります。地域創造学部の倍率が低いですけど、ここで3~4倍くらいです。それ以外の学部はほぼ同じくらいです。5~7倍くらいが多いかな?って感じです。10倍近くあるというのはかなり稀なケースなので、今後も存在するか?は分かりませんし。でも、全体的に追手門大学は倍率が高いです。偏差値はそこまでじゃないかもしれませんが、その偏差値の見た目以上に倍率が高いので、追手門大学に受かるのは難しいと思います。関西では評判が良いですし、知名度もありますから当然とも言えますが。追手門大学に受かるにはこのそこそこ高い倍率の壁を突破しないといけないということなのです。

 

追手門大学はセンター利用入試での受験も可能ですが、その時の合格最低点はどうなっているでしょうか?追手門大学のセンター利用のボーダーラインについて知っておいてほしいですが、どの学部についても数字としては近いです。経済学部、経営学部、地域創造学部は65%弱くらいです。社会学部65%強くらいで、心理学部が70%前後くらいです。国際教養学部は60%前後となっています。追手門大学では3科目と4科目があり、4科目の方が少しボーダーラインは低いですけど、だいたいこんな感じなのです。追手門大学のセンター利用の合格最低点については過去のデータになりますから、わずかながら変動はあると思います。そこを理解したうえでセンター試験の対策をしていきましょう。追手門大学のセンター利用のボーダーラインの得点率はその年の倍率によっても変わるということは常に頭に入れておいてほしいですし、そのうえで対策をしていきましょう。センター利用入試で受かるのは難しいかもしれませんけど、可能性があると感じている人は挑戦してみると良いと思います。追手門大学のセンター利用の合格最低点ということで、得点率の数字を頭に入れておいてほしいです。変動があるので、だいたいの数字で良いと思いますけど。

 

追手門大学の合格最低点やボーダーラインは毎年同じ数字ではないです。倍率によって変動します。特に追手門大学の場合には倍率が結構高い場合も多く、合格最低点やボーダーラインは不安定にならざるを得ないというか、その年によって数字が結構変わると思います。センター利用のボーダーラインもそうですし、一般入試における追手門大学の合格最低点に関してもどこかに情報が載っているかもしれませんけど、その数字というのも参考にはなりますが、今は大規模私立大学は多くが定員削減、合格者削減をしていて毎年倍率が上昇しているので、追手門大学も合格最低点は過去の数字と比べて上がる可能性があります。追手門大学の評判は高く、今後も倍率が上がり続ける可能性があります。人気のある大学なのですが、そういう意味では追手門大学の難易度は今後上がる可能性があります。追手門大学の偏差値に関しても今後影響がある可能性もありますけど、追手門大学に入りたいならば大学の評判をチェックして、追手門大学の魅力を理解してほしいと思います。そういったところから追手門大学に入りたい気持ちが強くなるかもしれないので。追手門大学は新キャンパスができたりするみたいなので、その点について特に知っておいて、追手門大学のキャンパスの雰囲気やイメージについて知っておいてほしいです。

 

特に知っておいてほしいのは新キャンパスについてです。追手門大学は既に存在しているキャンパスとは別に新しいキャンパスを2019年に作る予定です。詳細は「追手門学院大学 想像もしなかった自分史がはじまる |新キャンパス計画」に載っています。

 

追手門学院創立130周年記念事業の一環として、茨木市東部において進んでいる「茨木スマートコミュニティプロジェクト」に参画し、一大文教地域の創造を目指して追手門学院の新キャンパスを整備します。 新キャンパスには、追手門学院大学地域創造学部と国際教養学部の移転と全学部1年次生を対象とした初年次教育の拠点化、追手門学院中・高等学校(以下、中・高)の全面移転を行います。 新キャンパス地は2018年春開業予定のJR総持寺駅から徒歩圏内(徒歩約10分)にあり、現キャンパスからも約2キロしか離れていません。2キャンパスを一体的に運用することで学生の利便性を向上させるほか、地域の防災・交流拠点の創出、新しい教育・研究の実践の場を実現し、北摂地区における一大文教地区を誕生させます。

 

上記にあるように、追手門大学では新キャンパスを設置し、そこに一部の学部を完全移転します。地域創造学部と国際教養学部は4年間ここで学ぶことになるので、詳しく知っておいてほしいですが、それ以外の学部の学生も1年生のときには通うようなので、新キャンパスの雰囲気やイメージは知っておいてほしいです。リンク先にキャンパスのイメージ図などもあるので、チェックしておいてほしいです。この新キャンパスは追手門大学の学生の評判がかなり良いみたいです。在学生も新キャンパスの情報はチェックしているみたいで、追手門大学の学生の口コミではそこに通うのが羨ましいという声があります。既存のキャンパスはアクセスがあまりよくないみたいなのです。しかし、新キャンパスは徒歩で通えるので、そこが魅力的という口コミがあります。追手門大学の評判のシンボル的な存在として新キャンパスが今後存在していくのではないでしょうか?これから入学したいと思っている受験生や高校生は新キャンパスにおける情報も知っておいてほしいです。

 

追手門大学に入りたい人、受験する可能性がある人はスタディサプリ進路から資料請求ができるということを知っておいてほしいです。ここで請求できるのは追手門大学の大学案内のパンフレットで、入試情報やキャンパスライフに関する情報が満載です。入試情報に関しては、追手門大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程について細かく分かりやすくまとめてくれています。そして、過去の入試結果から倍率や合格最低点などについても載っている可能性があるので、かなり貴重な資料と言えます。キャンパスライフの情報については、追手門大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気なのか?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?といった情報について、学部学科別に詳しく紹介されているはずです。これを読めば、追手門大学に自分が入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすいですし、今まで知らなかった追手門大学の良いところ、メリットなどに気付ける可能性があります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「追手門大学」と入力して検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあります。そこに氏名や住所を入力して、送信すると自宅に届きます。無料で請求できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

追手門学院大学 (2019年版大学入試シリーズ)

追手門学院大学 (2019年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事