就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

順天堂大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインなどの情報

【スポンサードリンク】

順天堂大学はスポーツで有名な大学になりますが、箱根駅伝などの常連ですし、全般的に陸上競技にて有名な大学と言えます。そして、医学部を筆頭に医療系の学部が多いのも順天堂大学の特徴になります。順天堂大学はスポーツ系、医療系の学部が多く、そういった部分で評判がいいと言えると思います。順天堂大学の難易度は学部ごとに異なっていますけど、知名度はあるので、順天堂大学の難易度は高いと言えると思います。順天堂大学に入りたいならば、どの学部を受けるか?決める必要がありますけど、文系の受験生はほぼ一択でしょうか?国際教養学部があるので、そこを受験する人が多いと思います。文系学部は国際教養学部のみとなっていると思いますが、偏差値は河合塾のもので50です。だから、高いわけではないが、低いわけでもないです。

 

順天堂大学の偏差値は高いのか?

理系の学部は医学部が70、スポーツ健康科学部が47.5~57.5、医療看護学部が55.保健看護学部が52.5~55.0となっています。それぞれの学部ごとの偏差値が違いますし、学部ごとに順天堂大学の評判も違うと思いますから、そういった点も調べたうえで受験した方が良いと思います。順天堂大学の難易度にかかわる情報と評判に関する情報をともにチェックしておいてほしいです。順天堂大学の偏差値は学部ごとに違いがあり、学科ごとにも異なっているので、そこは知っておかないといけないでしょう。どの学部も偏差値は結構あります。医学部はもちろんですけど、それ以外の学部に関しても偏差値は高いと言えます。文系の国際教養学部についても偏差値は低くないので、ちゃんと対策をしないと受からないと言えるかもしれません。

 

順天堂大学知名度は高いです。病院で名が通っていますし、スポーツでも有名なので、全国的に評判が良いと言えると思います。順天堂大学は評判や人気が高いということが予想されるので、それだけレベルも高くなりやすいでしょう。順天堂大学に受かるにはそういったことをまず頭の中に入れておきましょう。特に医学部は難易度が相当高いので。その他の学部もそれなりにレベルが高いということは認識しておいてほしいと思います。順天堂大学のレベルに関しては、倍率についてもチェックしておいた方が良いと言えると思います。順天堂大学の倍率は大学のレベルを評価するときに使える指標ですし、こういったところもチェックしておきましょう。順天堂大学の倍率に関しては学部学科、入試方式などによって違っています。過去の倍率をチェックすると、結構違いがあることに気付きます。

 

順天堂大学の倍率に関する傾向

順天堂大学の一般入試の倍率について紹介していきますけど、文系学部の国際教養学部の倍率に関して、国際教養学部は前期と後期がありますが、いずれも3倍前後くらいで普通という感じです。この倍率は普通くらいでしょう。医療看護学部の倍率は4~5倍というのが例年なので、国際教養学部よりは倍率が高いということになります。医療看護学部の倍率もそこまで高いわけではないのです。スポーツ健康学部の倍率はこの2つの学部と比べるとかなり高いです。スポーツ健康科学部は通常の3科目方式と高得点方式の2つがあるようなのですが、10倍以上の倍率となっているケースが多いです。スポーツ科学科が特に高くて、いずれの入試方式でも10倍以上です。それ以外の学科も10倍前後となっており、10倍を切っている学科、入試方式もありますが、スポーツ健康科学部の倍率はかなり高いというのは知っておきましょう。やはり順天堂大学のスポーツの評判は良いということなのでしょう。ここまで倍率が高いと順天堂大学の評判の高さが実感できます。医学部の倍率に関してはA方式とB方式がありますけど、A方式は例年15倍前後で、B方式は年度によって違いがあり、20~30倍くらいの倍率になっています。したがって、順天堂大学の医学部の難易度は入試方式ごとに違うということになると思います。保健医療学部は2019年からの設置なので、まだ倍率は分かりません。順天堂大学のレベルは医学部はもちろん高いですし、倍率を見る感じだと他にも難しい学部がある感じですね。

 

順天堂大学のセンター利用入試で必要な得点率

順天堂大学の難易度に関しては、それ以外でも重要な情報があって、それが順天堂大学のセンター利用のボーダーラインになります。センター利用のボーダーラインに関しては学部ごとに結構違うので、センター利用を受ける人はそういった点もチェックしておきましょう。学部ごとに紹介していきますが、医学部はセンター利用も複数の入試方式がありますけど、どれも90%程度となっています。医療看護学部が75~77%、保健看護学部が70%前後、国際教養学部が78~80%となっています。そして、スポーツ健康科学部はセンター利用入試がA~D方式に分かれており、学科にかかわりなく、A方式は80%前後、B方式は75%前後、C方式は75%前後、D方式は70%前後となっています。順天堂大学ではセンター利用入試にはセンター併用方式もありますが、それも学部学科ごとでほぼ同じような数字となっています。この順天堂大学のセンター利用のボーダーラインは毎年多少変わる可能性があるので、知っておきましょう。センター利用入試で受験する人はこういう順天堂大学のボーダーラインもだいたいの数字を頭の中に入れて、センター試験の過去問を解いていきましょう。最後に順天堂大学のキャンパスライフに関する評判をチェックしておいてほしいです。

 

順天堂大学のキャンパスの特徴や評判は?

順天堂大学のキャンパスの評判について最後に知っておいてほしいですが、順天堂大学では学部ごとにキャンパスが異なっています。学生の口コミをキャンパスごとに紹介しますけど、まずは本郷キャンパス(医学部、国際教養学部、医療看護学部の3,4年)についてです。御茶ノ水駅から徒歩5分と通いやすい環境で、周辺も充実しているようです。学内ではなく、周辺で食事をする学生も多くいます。コンビニがあまりない点が気がかりみたいですが、全体的に飲食店が充実しており、都心にも近いために順天堂大学の学生の評判は高いです。そして、さくらキャンパス(スポーツ科学部)は最寄り駅が京成線の酒々井駅で、そこから徒歩20分程度かかるので、アクセスはよくないですし、周辺環境は田舎であるという順天堂大学の学生の口コミがあります。自然に囲まれているため、落ち着いた環境で勉強ができる点は学生の口コミとしては評価されているようですけど。

 

三島キャンパス(保健看護学部)は周辺が田舎のような雰囲気という口コミもありますが、できたばかりのキャンパスで全体的に綺麗という評判があります。最寄駅から徒歩10分と通いやすいが、坂がきついみたいです。周りに遊ぶところはないが、コンビニやカラオケ店はあるようです。最後に浦安キャンパス(医療看護学部1~2年)ですが、最寄駅からは距離があり、徒歩だと30分くらいかかるという口コミがあります。バスや自転車を利用する人が多いようです。キャンパス周辺はあまり栄えていないが、海が近いために自然を感じられるロケーションとなっています。隣が舞浜駅であり、学校終わりにディズニーランドに行く人も結構いるみたいです。こういったところが順天堂大学のキャンパスの評判になりますが、順天堂大学の学生の口コミを見ながら、それぞれ志望する学部ごとのキャンパスに見学に行ってみると詳細が理解しやすいでしょう。

 

 

順天堂大学(スポーツ健康科学部・国際教養学部) (2018年版大学入試シリーズ)

順天堂大学(スポーツ健康科学部・国際教養学部) (2018年版大学入試シリーズ)

 
順天堂大学(医療看護学部・保健看護学部) (2018年版大学入試シリーズ)

順天堂大学(医療看護学部・保健看護学部) (2018年版大学入試シリーズ)

 
順天堂大学(医学部) (2018年版大学入試シリーズ)

順天堂大学(医学部) (2018年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事