就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

原爆投下は正しいか?正当性はある?間違ってなかったの割合が日米で違う理由

【スポンサードリンク】

日本人は「感覚の正解を決めたがる」ということを、ちょっと前に話しましたね。日本の現代文教育を批判した「現代文は感情論の集大成!役に立たない、やる意味がないどころか害悪な存在である - 就職しないで、ブロガーになった人のBlog」という記事で書いているのですが、日本人は人によるという感覚を持てないですよね。特定の感覚が正しくて、それ以外は間違っているという主張をしたがる。だから、現代文という科目が成立してしまっているのだろうが。今日は終戦記念日だが、空気も読まずに原爆投下は正しいという主張の話をしよう。私が正しいと思っているか?どうかは別だが、世の中には原爆投下は間違ってなかったという主張をしている人もいます。日本の場合は少数派だけど、アメリカだと多いみたいです。日本の場合、例えば西村博之氏は原爆投下は正しかったという立場の人間なんです。いわゆる功利主義の立場から、原爆を投下していなければ、戦争が長期化し、死者の数がもっと増えていたという理由から、彼は賛成みたいです。原爆投下は正しいか?の議論において、この理由は結構言われているものであって、原爆投下は正しかったという主張の根拠によく使われます。ただ、そういう意見には反対意見もある。原爆投下に賛成という立場の人間に対して、食って掛かってくる人間がいる時点で、やっぱり「感覚は人による」という感覚が日本人にはないんだなと思えてくるが。

 

西村氏のような意見は合理的な側面は観測できるものの、それに反対する人は多くが感情論である。多くの死者が出ている時点で間違いだったという意見もあるし、民間人が亡くなっているのだから間違いだという意見もある。これに関しては、原爆投下がなければもっと死者が出ていたかもしれない時点で、多くの死者が出たから間違いだったという意見は一蹴されるし、民間人じゃなくて軍人が死んで良い理由はあるのだろうか?とも思う。軍人が死んで良い理由がなければ、軍人と民間人を区別しないといけない理由がなくなるためだ。また、こういった部分はほとんど感情的な反対理由になるが、理屈で説明している反対理由もある。それは原爆投下は完全なる蛇足であり、あれがなくても戦争は終結間近だったという意見です。これは西村氏などが言う戦争が早期決着したから死ぬ人が減った良かったという意見を覆すことができる可能性がある意見になります。ただ、これに関しては証拠があるのか?という疑問はあるけどね。西村氏の言う原爆投下を正当化する理由に対して、唯一反論できる論理的な理由と言えば、これだろうか?と思う。しかし、この意見にも穴がないわけではない。

 

原爆投下が間違ってなかったという意見がある。それとは別に原爆投下をしなくても戦争は早期解決していたという説があるけど、それが仮に正しいとしても、それを原爆投下が間違っていたという主張としてすることが正しくはならない場合があるのです。ちょっと分かりづらい文章になってしまっているから、分かりやすい例を挙げましょう。例えば、就活で圧迫面接ってあるじゃないですか?圧迫面接も賛否が結構分かれていると思うんですよ。圧迫面接に反対という人、間違っていると思う人はいっぱいいると思うんですけど、だからといって圧迫面接をする面接官に向かって、「圧迫面接をやるあなたは間違っている!」なんて言う人はいないでしょう?何で自分の中では正しいと思っていることをそのまま相手に言わないのでしょうか?それはそれが仮に正論だったとしても、それを言うことで自分にもたらされる利益が損なわれてしまうからです。一言で言えば「内定を取れる確率が一気に下がってしまうから」です。つまり、就活生の目的は内定を取ることであり、立場が上である企業に歯向かうよりも、納得いかないものがあっても、それにいちいち反発しないで受け入れていった方が良いという判断なのでしょう。ただ、この就活生が無事にその会社から内定を得て、入社したが、あまりに労働環境が酷いので退社をしたら、改めて「あの会社は採用時に圧迫面接をやる酷い会社だ!」と批判をするかもしれません。この状況では批判はできるんですよ。なぜならば、批判をすることで自分にもたらされる損失はほぼないからです。

 

アメリカが原爆を投下しなくても戦争は終わっていたという主張を、現代でする人も全く同じです。現代でその主張をしても、その主張をした人は一切困りません。日本にはそういう世論があるということがアメリカに伝わったとしても、アメリカが日本に対して不利益なことをするとは想像できませんから。ただ、戦争当時だったら話は違うのですよ。日本が事前に原爆投下をアメリカがしようとしていることを察知し、「原爆投下をしなくても戦争は終わる!お前らのやろうとしていることは無意味な殺戮だ!」なんて主張したらどうなりますか?アメリカの機嫌を損なうだけなんですよ。実際、原爆投下はある種の実験も兼ねていたなんて話もありますし、原爆投下が戦争の遂行や終結に必ずしも関係があったか?と言えば、そうではない可能性もあります。そうなれば、確かに原爆投下という手段が、戦争の遂行や終結に関しては無意味であるという主張は正論と言える可能性はあります。ただ、その正論を当時のアメリカに放って、何の解決になるのか?と言えば、ならないですよね。アメリカを怒らせるだけじゃないですか?正論を言って、相手を怒らせてより不利益な状況をもたらされるかもしれないならば、それを言わない方がマシという可能性もあります。戦っている相手がロボット同士ならば良いですよ。ただ、人間同士であり、感情を持っている以上、正しいと思える理屈をぶつけて、相手の行為の正当性を消し去ろうとする状況は、かえって最悪の状況をもたらす可能性があるということ。

 

アメリカを怒らせることが、日本に対して不利益をもたらすということが言えて、さらに原爆投下に反対の立場の人間が、より多くの死者が出たから反対とか、そういった理由が中心だとしたら、アメリカを怒らせかねない、正論を叩きつけるという行為は、このケースではやってはいけない行為になります。それこそ、家にカギをかけて防犯をしている人の中には、何で泥棒が悪いのに、全く悪くない自分が防犯のためにカギをかけないいけないのか?面倒な手間をかけないといけないのか?と思っている人もいると思います。確かに家にカギをかけないといけないのは泥棒がいるせいで、泥棒のために何で自分がこんな手間を毎回負担しないといけないのか?という気持ちそれ自体は正しいでしょう。でも、カギもかけずに毎回外出し、泥棒に入られたら、カギをかけないで生活していたその人がバカだろと罵られると思うんですよね。それは泥棒がいることを前提にして、いかに自分が不利益を受けないで生活をするか?を考える方が真っ当だという世論があるからなのです。泥棒が悪いんだというのは正しいとしても、泥棒が悪いからカギをかけないで生活をすることを肯定すると、その方が不利益が大きいでしょう?という部分に世論は共感しているんですよ。だから、泥棒がいるせいで何で・・・と思いつつも、みんな家にカギをかけるんです。

 

アメリカに対して「原爆投下をしなくても戦争は終わっていた。だから、必要なかった」という部分を当時のアメリカにぶつけることができたとしても、それを本当にぶつけたら、家にカギをかけないで生活をしていたら泥棒に入られたというケースと全く同じ結果を生む可能性があるのです。そして、原爆が投下されてしまった後、それを言っても何の影響もない中で、その主張をしても何も変わらないのです。そもそもこれは原爆投下が間違いだったという主張というよりは、原爆投下をする必要がなかったに近い主張なので、原爆投下それ自体を抑制する考えではないのです。必要があればやってもいいという主張にも置き換えられますから。つまり、原爆投下が間違っていた理由と原爆投下が必要なかったという理由はリンクしません。原爆投下がよくない理由というのは、原爆投下それ自体の善悪の分析に終始している場合が多く、原爆投下が必要なかった理由は、原爆投下の前後の影響などを含めて合理的に判断している理由だからです。原爆投下それ自体は間違いだったと思ったとしても、あの状況で原爆投下は間違いだという反対意見をアメリカにぶつけることが正解だったと言えるのは、結果的に死者数をもっと増やす状況を肯定できる人間だけだと思います。

 

現代において、原爆投下する必要がなかったという意見を言う人は、その意見を言うことのデメリットがない状況で発言できてしまい、別の言い方をすれば、戦争遂行中には言えない(さらに言わない方がメリットもある)わけだから、原爆投下がよくない理由にはなるかもしれないが、原爆投下が間違っていた理由にはならない(原爆投下をそのまま見過ごしていた方がアメリカを怒らせずに被害が少なかった)可能性があるということ。原爆投下が間違いだったということは投下されない方が良かったということになり、あの状況で投下を防ぐにはアメリカを説得するしかないが、戦況が明らかに不利であった日本側がアメリカに対してそれができたか?と言えば、厳しいと思います。そもそも必要なかったという理屈をぶつけても、アメリカにとっては必要性を当時感じていたからやったんですよ。その必要性の中身に関して、感覚の齟齬がある状況だと思います。だから、強いて挙げるならば、必要性を感じている相手に対して、必要ないという説明をアメリカの感情を一切逆なでせずに、できる方法があるならば、それに限ってはあの状況で原爆投下が間違っていた理由として正しくなるということだろうか?必要なかったが正しいとしても、あの状況で原爆投下をしたことが間違ったか?と言えば、=ではありません。

 

あとは国際法上違法なのだから、間違っていたという意見もあるが、前も同じような話をしたことがあるけど、法律に違反しているから間違いが言えるためには、法律が絶対的に正しい存在じゃないといけないわけだが、現実は日本人は法律に文句言いまくっているわけ(例えば、少年法に文句を言っている人間は山ほど見てきた)で、すでに存在する法律が絶対的に正しいという考えの人はあまり多くないってことが言えます。その時点で、日本人は法律が絶対的に正しくはないという認識なのだから、その日本人が国際法違反を根拠に原爆投下の是非を語ることはおかしいという反論も可能なわけです。都合のいいときだけ法律を正当性の根拠にして、都合の悪いときには法律に文句を言うわけですからね。だから、原爆投下の是非を国際法違反を理由にする意見に関しては、個人的には賛同できません。

 

アメリカでは原爆投下は正しかったという人も多いが、日本ではその逆だと。これはまさに立場が違うゆえに生じる、人間の感覚の違いです。私はどっちが正しい、間違いを決めるつもりもありません。合理性の面から考えてはみたが、合理性で決めることが正しいか?どうかは別だと思います。西村氏は合理性から善悪を考えたようだが、原爆投下の正当性は説明しようと思えばできると思います。ただ、納得しない人が日本では多数ということなのです。原爆投下は正しいか?というテーマはたまに議題になることもありますが、正解はないです。立場が違うので、感覚がそれぞれで違うのは当たり前だと思っていますから、正解を決めたいとも思わない。原爆投下の正当性はあるのか?正しいか?というのは、何とも言えませんが、核兵器を持っている国というのは、あの当ときから比べたら確実に増えました。それをどのように使うか?というのは分からないものの、原爆の脅威を世界中の人は知っているが、皮肉なことにその脅威は世界中でどんどん大きくなっているのです。原爆のような脅威が再び世界にとどろく可能性があるというのは、否定できないと思います。

 

 

届かなかった手紙 原爆開発「マンハッタン計画」科学者たちの叫び

届かなかった手紙 原爆開発「マンハッタン計画」科学者たちの叫び

 

 

あわせて読みたい記事