就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

東洋学園大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインについて

【スポンサードリンク】

東洋学園大学は東京都の文京区にメインキャンパスがある私立大学です。立地的に東洋大学に近いですし、大学名も似ているため、混同する人もいるかもしれませんが、別個の大学になります。都心にキャンパスがあるので、東洋学園大学の評判は高いです。東洋学園大学の偏差値はそこまで高いわけではないですが、3学部体制となっているので、それなりに規模はある大学になります。東洋学園大学ではグローバル・コミュニケーション学部、現代経営学部、人間科学部の3つの学部があり、それぞれで学ぶ内容は違いますが、偏差値はそこまで違いがあるわけではありません。東洋学園大学はキャンパスの立地が良いので、これから伸びる可能性がある大学だと思いますし、少しずつ知名度が上がってくる可能性もあるので、知っておきましょう。

 

東洋学園大学の偏差値は高いのか?

東洋学園大学で偏差値が高いのはグローバル・コミュニケーション学部になります。国際系の学部は今は人気で、いろいろな大学で新設が進んでいるので、受験生のニーズが高いということになりますけど、東洋学園大学でも偏差値が高いのは国際系の学部になります。東洋学園大学のグローバルコミュニケーション学部の偏差値は河合塾のもので、37.5~40.0となっています。この数字は一般的にはそんなに高くはありませんけど、東洋学園大学の中では偏差値は高い方になるのです。ちなみに現代経営学部と人間科学部はは35.0となっており、相対的に偏差値は低いのです。狙い目の学部としてはこのあたりになるでしょうか?東洋学園大学の難易度としては、こういった偏差値を見ると分かりやすいと思います。東洋学園大学に受かりたい人は簡単とは言いませんが、難しいわけではないと思うので、一般入試で受ける人は対策をきちんとやれば可能性は十分にあると思います。東洋学園大学の難易度に関する情報としては倍率についてもチェックしておきましょう。

 

東洋学園大学の倍率はどれくらいの数字なのか?

東洋学園大学に受かりたい人にとっては倍率という数字も重要です。東洋学園大学の倍率を見れば、そういった部分からの東洋学園大学のレベルも把握できます。それに倍率という数字から評判もチェックできるでしょう。倍率が高くなっている学部学科こそが東洋学園大学では評判が高いと言えるわけですから。東洋学園大学の一般入試の倍率については、数字としては結構高いケースもあります。東洋学園大学は学部学科ごとに1~4期まで入試方式があって、1期のみAとBに分かれています。そして、この1期に関しては標準的な倍率で、いずれの学部学科も2~3倍くらいとなっています。ただ、2期以降は倍率の数字が全体的に高いのです。1期以外の入試方式は5~20倍強くらいのかなり差がある倍率になっています。学部学科、2~4期ごとに結構バラバラで、低いと5倍くらいで、高いと20倍以上という感じになっています。そして、この1期以外の入試方式はどの学部学科が、2~4期のうちどれが、何倍か?という部分が毎年大きく変わっているみたいなのです。2017年以前はここまでの高倍率じゃないケースも結構あって、2018年以降に倍率が一気に上がった感じみたいです。東洋学園大学の偏差値はそこまでじゃないと思いますが、倍率に関してはちょっと高いので、東洋学園大学の難易度については倍率からもチェックしておいてほしいです。

 

東洋学園大学のセンター利用入試で必要な得点率は?

東洋学園大学の入試の倍率は1期は普通だとしても、2~4期はどの学部学科も倍率は比較的高いということで覚えておきましょう。これだけ倍率が高いということは東洋学園大学の評判も良いということになるかもしれません。倍率が高くなればなるほど、人気が上がってきているという見方もできると思いますから。倍率の情報も重要ですけど、センター利用入試においても東洋学園は受験できます。そのボーダーラインの得点率を知っておいてほしいです。東洋学園大学のセンター利用のボーダーラインは学部学科ごとにA方式、B方式があり、それぞれで数字が微妙に違います。グローバル・コミュニケーション学部のグローバル・コミュニケーション学科はA方式が52%、B方式が40%となっています。英語コミュニケーション学科はA方式、B方式ともに50%程度となっています。現代経営学部はA方式が50%、B方式が42%程度となっています。人間科学部はA方式が50%程度、B方式が45%程度となっています。これが東洋学園大学のセンター利用のボーダーラインの得点率になります。これは目安なので、毎年同じ数とは限りませんが、だいたい同じくらいの数字になると思います。東洋学園大学のボーダーラインはセンター利用入試を受ける人にとっては必要な情報なので、頭の中に入れて、センター試験の過去問を解いていきましょう。

 

東洋学園大学のキャンパスの立地条件の口コミ

本郷キャンパスがメインキャンパスとなり、ここで多くの学生が学びます。東京ドームが近くて、都心の真ん中にあるため、学生の評判はかなり良いです。最寄り駅は水道橋、本郷三丁目、後楽園で、徒歩5分くらいとアクセスも良いです。周辺環境としては遊ぶ場所、飲食店などが豊富にあるため、非常に充実した学生生活を送ることができるでしょう。学食もありますが、周辺にお店が多くあるので、そういったところで昼食をとる学生も多くいるという口コミがあります。キャンパスの中は広くはないみたいですけど、全体的に綺麗で過ごしやすいみたいです。そして、図書館とパソコン室が充実しており、特にパソコン室は最新鋭の設備が用意されているみたいです。全体的に東洋学園大学のキャンパスの評判は良いです。東洋学園大学の学生の口コミをチェックすると、キャンパスの評判がよく分かると思いますけど、オープンキャンパスに行ってみるとキャンパスの雰囲気も分かりやすいと思うので、そういったところを知りたい人はオープンキャンパスなどを利用して、東洋学園大学のキャンパスの雰囲気や交通アクセス、設備面の充実度などを調べてみると良いと思います。

 

東洋学園大学の大学案内が無料で手に入る!

東洋学園大学に入りたいと思っている人、受験する可能性があるという人はスタディサプリ進路から資料請求ができるので、知っておいてほしいと思います。ここで請求できるのは東洋学園大学の大学案内で、入試情報やキャンパスライフの情報が満載です。入試情報に関しては、東洋学園大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などを細かく分かりやすくまとめてくれていますし、過去の入試結果から倍率や合格最低点なども載っているでしょう。だから、かなり貴重な資料なのです。学生生活の情報に関しては、東洋学園大学学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルの雰囲気はどんな感じか?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?などについて、学部学科ごとに紹介されています。これを読めば、東洋学園大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすいですし、今まで知らなかった東洋学園大学の魅力を知ることもできるでしょう。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「東洋学園大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあります。そこに氏名や住所を入力して送信すると自宅に届きます。無料で請求できますから、良かったら参考にしてみてほしいです。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

 

あわせて読みたい記事