就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

京都産業大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっているのか?

【スポンサードリンク】

関西の大学の中で特に規模が大きいのは京都産業大学になります。京都産業大学は関西でも屈指の有名大学で、学部も文系、理系ともに多く揃っています。京都産業大学は偏差値で言えば、50弱から50強くらいでしょう。つまり50前後ということになると思います。文系、理系ともに学部が充実しているので、大規模な大学ですし、関西では評判は良いでしょう。京都産業大学の評判はかなり良いと思うのです。したがって、それだけ難易度は高くなっていると思いますから、京都産業大学の偏差値のみならず、いろいろな情報を集めて対策をしていってほしいと思います。

 

京都産業大学の偏差値の高い学部やそうじゃない学部

文系で言えば、京都産業大学で偏差値が高い学部は現代社会学部の現代社会学科、外国語学部の英語学科、アジア言語学科あたりになります。これらは河合塾で言うと偏差値が55.0です。かなり高いです。逆に偏差値が低いのは経済学部経済学科、法学部法律学科、あたりかな?こういったところが偏差値47.5とかになります。京都産業大学の偏差値は文系学部は全体的には47.5~55.0くらいです。だから、学部学科ごとにかなり幅がありますし、一般入試の入試科目において3科目、2科目などがあるので、それによっても偏差値はちょっと変わります。京都産業大学の難易度は学部学科により異なるので、その選択が重要なのです。京都産業大学の偏差値は学部学科ごと、入試科目の数によって異なっている状態なので、細かくチェックしておくと良いと思います。偏差値も京都産業大学のレベルを認識するのには重要ですが、一般入試ではなくてセンター利用入試を受けるつもりの人もいるでしょう。そういった人にとってはセンター利用入試のボーダーラインの得点率が非常に重要です。

 

京都産業大学のセンター利用入試のボーダーラインの得点率については、学部学科が多いので紹介が大変ですが、簡単に紹介していきます。パスナビに載っているボーダーラインを載せていきたいと思いますね。経済学部が70%前後、経営学部が70%前後、法学部が65~70%、現代社会学部が70~75%、外国語学部が70~80%、文化学部が70~75%、理学部が65~70%強、総合生命科学部が65~70%強、情報理工学部が70%強くらいです。京都産業大学のセンター利用入試は学部ごとに2科目と3科目、3科目と4科目などに分かれていて、さらにセンタープラス方式もあります。そういった形でセンター利用入試が細分化されているので、同じ学部内でもそういった違い、あとは学科ごとの違いによって、京都産業大学のセンター利用入試のボーダーラインは異なります。京都産業大学のセンター利用のボーダーラインの得点率については、センター利用入試を受験する人はもちろんですが、それ以外の人についても知っておいてほしいと思います。

 

京都産業大学の倍率の数字はどれくらいなのか?

京都産業大学の倍率に関しては、何とも紹介が難しい状況になっています。学部学科がまず多いわけですけど、それぞれごとに入試の形態がいくつかあるわけです。おおまかに言うと前期、中期、後期があって、前期と中期はまた細分化されて科目数とか、得点の計算方式が違うパターンに分かれています。つまり、学部学科が多いだけではなく、それ以外にも細分化されている要素が多くあって、かなりバラバラな状態なのです。前期、中期、後期の中では後期が特に高いです。ほぼ10倍超えは当たり前で、20倍以上というケースもあります。前期と中期も高いのですが、これはケースバイケースです。低いと5倍弱くらいで、高いと10~15倍くらいです。だから、京都産業大学では低くても5倍近くの倍率を想定しておいた方が良いと思います。そして、高いと10倍は超えるわけで、関西の有名大学ということで、京都産業大学は評判が良いのでしょう。人気です。ただ、それだけ難易度が高いということです。京都産業大学の難易度は以前よりも上がっています。偏差値はそこまで変わっていないかもしれませんが、倍率がヤバいですから。本当に学部学科、前期中期後期別に紹介していきたいのですが、そうなると数が多すぎてやってられないので、簡単に大枠だけ紹介しました。とにかく倍率が高くて難しいですよ?ということは伝わったと思うので、もっと詳細を見たい人は京都産業大学のホームページをチェックしてみてください。

 

京都産業大学のキャンパスの口コミを紹介

京都産業大学のキャンパスの立地はどうなっているのか?というと、多くの学生の口コミを見ると、口を揃えて言うのは山の中にあって不便であるということです。キャンパスの立地条件においては、京都産業大学の評判をチェックすると、あまり良い口コミは聞こえてこないです。周りにあるのはコンビニくらいという声もあるので、周辺状況においてもそこまで充実している印象ではないのでしょう。ただ、全ての学部が一か所にキャンパスに集まっているため、広さはかなりあり、開放感が感じられるということも言われています。実際、キャンパスの中には緑が結構見られるので、そこも併せて自然の中で学べるという意味では開放感はある気がします。京都産業大学のキャンパスの雰囲気はそういう特徴があるのですが、オープンキャンパスを利用すると雰囲気を掴みやすいと思います。あと、建物の中には綺麗なものもあり、気に入る人は結構いると思います。ただ、キャンパスが広いためにキャンパスの中にも坂があったりして、そこも地形的な特徴と言えると思います。最寄り駅は国際会館駅北大路駅となっており、そこからバスを使うようです。京都産業大学のキャンパスの評判はこういったところになっていますが、各自で受験前に見学に行っておいた方が良いと思うので、実際に京都産業大学のキャンパスの雰囲気や立地条件、周辺環境といったものをチェックしておきましょう。

 

京都産業大学の大学案内が無料で請求できる!

京都産業大学に入りたいと思っている人や受験する可能性がある人はスタディサプリ進路から資料請求が可能ということを知っておいてほしいです。ここで請求できるのは京都産業大学の大学案内で、入試情報や学生生活の情報が特に満載となっています。入試情報については、京都産業大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などを分かりやすく細かくまとめてくれていますし、過去の入試結果から倍率や合格最低点も載っています。学生生活の情報については、京都産業大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどういう雰囲気なのか?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?などについて、学部学科ごとに紹介をしてくれています。これを読めば、自分が京都産業大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすいですし、今まで知らなかった京都産業大学の魅力などを知ることができて、入りたい気持ちが強くなる可能性もあります。スタディサプリ進路のトップページに「京都産業大学」と入れて検索して、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあります。そこに氏名や住所を入力すると自宅に届くのです。無料なので、良かったら参考にしてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

京都産業大学(一般入試〈前期日程〉) (2019年版大学入試シリーズ)

京都産業大学(一般入試〈前期日程〉) (2019年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事