就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

同志社社会学部の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

【スポンサードリンク】

同志社大学社会学部は同志社大学の中でも上位の偏差値を誇っています。河合塾の偏差値でだいたい60.0~62.5となっています。したがって、かなり難しいと言えます。同志社大学がまず難しい大学ですけど、その中で社会学部の難易度は高いのです。学科が多様化していて、それによって評判が良いということも言えると思います。同志社大学社会学部の難易度は非常に高いですけど、学科ごとに難易度はちょっと違います。学科ごとにどれくらいの偏差値なのか?というのは知っておくと良いと思います。同志社大学社会学部を受験する際には学科を選ばないといけませんし、それぞれの難易度から受験する学科を選ぶというのも良いでしょう。学科ごとの違いも知っておかないといけませんが。

 

同志社大学社会学部の学科ごとの偏差値は?

同志社大学社会学部の偏差値は5つの学科ごとにやや異なっています。社会学科、社会福祉学科、メディア学科が62.5で、産業関係学科、教育文化学科が60.0となっています。それぞれの学科で難易度が少し違うのです。個別日程の偏差値になりますけど、全体的にレベルが高いですが、産業関係学科と教育文化学科に関してはやや偏差値は低いと言えます。学科選びをするときには偏差値を見ながら、それぞれの学科の特色を調べておいた方が良いと思います。同志社大学社会学部のレベルをまずは認識しておいてほしいですが、そのためには偏差値違いの要素も知っておきましょう。特に重要なのは倍率になります。同志社大学社会学部の倍率に関しては全体的に高いです。近年は首都圏や関西の有名私大が合格者数を減らす措置をとっていますが、同志社大学も例外ではないのです。ここ数年は段階的に倍率を上げており、今後どうなるか?という点も含めて注目ということです。同志社大学社会学部の倍率はここ数年あがってきているので、それによって偏差値も高まっているという評価ができると思います。偏差値の高さを見ると、同志社大学社会学部は評判が高く、学生に人気であると言えると思います。本当に全体的に難易度が高いです。

 

同志社大学社会学部の倍率の詳細について

同志社大学社会学部の倍率に関しては、学科ごとに違いはありますが、数字としては高いです。全学部日程は5~7倍くらいですが、個別日程に関しては社会学科が7倍、社会福祉学科が6倍、メディア学科が10倍、産業関係学科が6倍、教育文化学科あ4倍程度となっています。全学部日程の倍率もそれなりに高いですけど、個別日程の倍率も十分に高いです。特に10倍近くある学科もあるので、そういったところから同志社大学社会学部の中でも特に難易度が高いと言えます。メディア学科は特に倍率が高いので、同志社大学社会学部でも評判が特に良いと言える可能性もあります。ただ、どの学部も倍率はそれなりにあるので、同志社大学社会学部を含めてすべての学部が評判が良いと言えると思います。それ以外の学科もそれなりに倍率があるので、同志社大学社会学部の偏差値の数字以上に難しいと感じる可能性があります。今の時代は難関大学に受かるのが本当に難しくなっており、浪人して再度挑戦する人が増えたり、例年以上に併願の数を増やして1つでも受かるように確率を高めたりという策を多くが講じており、自然と各有名大学の倍率は上がります。同志社大学も例外ではなく、例年以上に近年は難易度が上がってきているのです。同志社大学社会学部のレベルは倍率を見ると認識しやすいかもしれないです。

 

同志社大学社会学部のセンター利用のボーダーラインは?

同志社大学社会学部のセンター利用のボーダーラインの得点率は学科ごとに結構差があります。パスナビの数字を紹介していきますけど、社会学科が85%、社会福祉学科が83%、メディア学科が77%、産業関係学科が73%、教育文化学科が82%となっています。産業関係学科の得点率がやや低いので、同志社大学社会学部のセンター利用のボーダーラインにおいてはここが狙い目になるでしょう。センター利用入試で受験ができるので、センター試験の過去問を解いて、その結果によってはセンター利用入試を受験しても良いでしょう。そのためには目安となるボーダーラインの数字が重要になります。センター利用入試の入試科目を調べて、この得点率を超えられるか?どうかをセンター試験の過去問で確かめておきましょう。同志社大学社会学部の難易度に関して重要な情報になります。あと合格最低点も重要です。一般入試の同志社大学社会学部の合格最低点についても理解をしておきましょう。同志社大学社会学部の合格最低点は全学部と個別の違いよりも、学科ごとに違いはあるものの、同じ学科であれば全学部と個別の合格最低点はほぼ同じです。一般入試の合格最低点は学科の偏差値に多少比例しています。パスナビの数字を見ると、社会学科が385点、社会福祉学科が365点、メディア学科が387点、産業関係学科が370点、教育文化学科が374点となっています。いずれも500点満点中ですが、全学部と個別の違いはほぼありません。学科ごとにそれぞれの入試方式ごとの同志社大学社会学部の合格最低点はほぼ同じと思っておきましょう。でも、合格最低点は毎年変化するので、目安として参考程度に考えておきましょう。

 

同志社大学社会学部の学生の口コミは?

同志社大学社会学部の評判について、最後に知っておきましょう。学生の口コミからどういった学びをするのか?について軽く知っておくと同志社大学社会学部の魅力なども理解できますから。同志社大学社会学部の評判として特徴的な面を知っておいてほしいですけど、厳密に言えば学科ごとに詳しい学びは変わります。今回は社会学部全体として言われている口コミについて紹介していきます。同志社大学社会学部の口コミとしては、基本的には真面目に授業を受けていれば単位が取れる授業が多く、難しいと感じる授業は少ないようです。社会科学系の学部でも数学を使うことがほぼないと思うので、そういった部分でも楽に感じるのかもしれないです。ゼミに関しては3年次からとなっていますが、1,2年次もゼミに似た少人数の授業が行われるようです。3年次のゼミは事前に行われるゼミの説明会に参加し、そこでの話を聞いて希望のゼミを選び応募しますが、人気のゼミは希望が通りにくいようです。そして、ゼミでは卒論が必須のようなので、ゼミに入れば卒論は絶対に書かないと卒業ができないのです。社会学部は学科が5に細分化されているので、それぞれの学科ごとに学生数は多くなく、全体的に少人数の濃い教育が実施されており、学びの環境としては評判が良いです。同志社大学社会学部の評判に関してはこういった感じで簡単に紹介してみましたが、学科ごとに違いを明確に認識して、どの学科を志望するか?考えていきましょう。

 

同志社大学の大学案内が無料で手に入る!

同志社大学に入りたい人、受験する可能性があるという人はスタディサプリ進路から資料請求ができることを知っておきましょう。ここで請求できるのは同志社大学の大学案内のパンフレットで、入試情報や学生生活の情報が特に多く詰まっています。入試情報に関しては、同志社大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程について丁寧に分かりやすくまとめられています。また、過去の入試データから倍率や合格最低点の情報も載っているので、かなり貴重な資料と評価できるのです。学生生活の情報については、同志社大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気で活動しているのか?卒業後の進路はどんな感じか?就職率や就職実績はどうなっている?について、学部学科ごとに詳しく紹介されています。これを読めば、自分が同志社大学に入ったらどういう四年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで知らなかった同志社大学の魅力などに気付くことができて、入りたいという気持ちがさらに強くなる可能性もあります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「同志社大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあります。そこに氏名や住所を入力して送信すると自宅に届きます。無料で請求できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

同志社大学(社会学部−学部個別日程) (2019年版大学入試シリーズ)

同志社大学(社会学部−学部個別日程) (2019年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事