就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

野球選手の50mタイムが速すぎ!おかしい!←別におかしくないでしょ(笑)

【スポンサードリンク】

プロ野球選手やアマチュアの野球選手の50m走のタイムが異常に速いと、日本記録を超えているものもあったりして、おかしいんじゃないの?という指摘があるようなのです。私はこれを2chまとめサイトで見たのだが、陸上界からも反発みたいなのがあるらしいのです。50m走の日本記録は5秒75らしいのだが、プロ野球のテレビ中継を見ていると、選手の50走のタイムが時折紹介され、その中には5秒台のタイムが続出していると。5秒7という紹介のされ方も多くされており、日本記録に匹敵、または超えている記録が意外と多くあるということに気付かされる。この5秒75という日本記録は陸上短距離のトップ選手であった朝原宣治氏のものなのだが、陸上短距離のトップ選手が現役時代に打ち立てた記録を野球選手が抜かせるはずがないという疑問を持っている人は多くいるらしいのだ。

 

しかし、私はこれは別におかしいことじゃないと思う。というか、野球選手の方が陸上の短距離の選手より足が速かったらなんかマズいの?(笑)と思うんだけど。野球選手の50mタイムが速すぎたらいけない理由でもあるの?これって、ほとんどイメージでしょうね。陸上短距離のトップ選手より足が速い野球選手がいるはずがないという、ほとんど感情論だと思うんですよ。つまり、いるはずがないという論理的な客観的な理由をほとんど見たことがないのだ。100mだったらいるはずがないという感情論も共感できなくはないものの、50mだったら話は別ですよね。なぜならば、100mと50mは勝つために必要な力が異なるからだ。100m走は前半の加速力とトップスピードの最高値、そしてトップスピードを維持し続けられる時間で決まると思う。ただ、50mはほぼ加速力が特に重要である。50mの間でトップスピードに乗ることはできるかもしれないが、トップスピードに乗ったところでそんなに距離が残っていない。だから、トップスピードの最高値とそれをできるだけ長く維持し続ける力が100mと比べたらそこまで関係ないのです。ってことは、トップスピードの最大値も無関係ではないが、加速力に優れている選手、いち早く自身のトップスピードに乗れる選手が勝てる競技ってことです。100mだと、後半に強いとか言われる選手もいるのだが、そういう人は多分向いていないんじゃないかな?つまり、100mと50mは競技として別物であって、野球選手の50mタイムが速すぎると感じるとしても、それを陸上選手のタイムと比較する意味はありません。この2つを比較して、批判をしている人はその時点でおかしいと思います。

 

で、野球選手と陸上の短距離の選手では、加速力に優れているのはどっちですか?と言えば、私は野球選手だと思います。野球選手って、短い距離をいかに速く走るか?の練習をしている。陸上選手になると、加速力を高める練習をしていないとは言わないが、1番短い距離でも100mなので、それを前提とした練習をしていると思う。これは私の実体験の話ですけど、私は大学1年のときに体育の授業で、現役の陸上部の同学年の学生と50mを走ったことがあります。私は中学時代は野球部出身で、足は速い方でした。ただ、3年間運動をほぼしていないという状況だったのです。で、スタートから40mくらいまでは私が勝っていたのだが、後に抜かれてしまいました。さすが陸上部だなと思いましたけど、私は3年間ほぼ運動をしていない割には頑張ったと思いましたよ。でも、経験則から言えることは加速力に関しては野球出身者の方が優れているなって感じがするんですよね。

 

私は50mで負けてしまったわけだが、理由はスタミナですね。元々私はスタミナがなく、50mや100mのタイムは部活内で1位か2位くらいだったが、3000mのタイムを測ったときには最下位争いですからね。本当にスタミナがないのは自覚していた。すぐに乳酸が溜まってしまうのです。元々のスタミナのなさと3年間運動をほぼしていないせいで、それがより顕著になり、50mすらもたなかったのです。トップスピードに乗った後に失速するのが早すぎたというか、そもそもトップスピードに乗る前に先に疲れがきてしまったという感じかもしれない。中学3年のときの50mのタイムよりも、大学1年のときのタイムが遅くなってましたからね。ブランクはでかいなと思いましたよ。9秒58の世界記録を出したレースにおけるボルト選手に関しても、映像を見る限りでは、他の選手に差をつけ始めたのは40m付近からですよ。100mではすごい差がつくケースであっても、50mまでならばそんなに差がつかないんでしょう。これは単なる一例だけど、加速力に優れている選手ならば意外と太刀打ちできるんじゃない?と思います。

 

20~30mに特化した練習をしている人間と100mを走る前提で練習をしている人間では差が出ると思います。野球選手は塁間の20~30mなどの非常に短い距離でいかに速く走れるか?(短い距離の中でいかに加速力を高められるか?)の練習を日ごろからしている。つまり、50m走に必要な能力を身に付けることがしやすいのは、私は野球選手だと思います。加速力が非常に重要で、加速力を高めるための練習を日ごろからしているような人が勝つのは不思議じゃないと思うのです。加速力という面に関して、実際あったケースなんだけど、日本代表にも選ばれたことがある多田修平という選手がいるのだが、彼は世界大会で金メダルを取ったことがあるジャスティン・ガトリンという選手とあるレースで対決をしたときに、スタートからずっとリードして、70mくらいまで勝っていたんですよ。でも、そこから抜かれてしまって、負けたというケースがあります。

 

普通に考えたら多田選手とガトリン選手どっちが足が速い?と聞いたら、陸上に詳しい人ならば100%ガトリンと答えるだろう。しかし、それはあくまでも100mの話ですよね。これが50mだったら?現実的に多田選手はガトリン選手に対して70m付近まではリードしていたわけだ。つまり、加速力に関しては多田選手の方が優れているが、トップスピードの最高値はガトリン選手の方が優れていると。したがって、先にトップスピードに乗ったのは多田選手かもしれないが、ガトリン選手のトップスピードの値と比べてかなり差があるため、ガトリン選手がトップスピードに乗った後はどんどん差が縮まり抜かれてしまうと。短い距離ならば多田選手がガトリン選手に勝てる余地はあるし、仮に負けたとしても差はほとんど生まれない可能性もある。つまり、そういうことなんですよ。100mの実力の差と50mの実力の差は=じゃないってこと。加速力さえ優れていれば、トップスピードにより早いタイミングで乗れる人ならば、100mの実力で劣っている選手が50mで勝てる余地は大いにある。

 

そういったことが理由で、野球選手の出した50mのタイムがおかしいみたいな言い方をしている人がおかしいと思うのです。野球選手の50mのタイムが速すぎる!おかしい!という主張は陸上の短距離の選手と比較をした場合でしょうけど、再度言うけど、その比較に意味はありません。それに野球選手のタイムは手動で測っているという指摘もあるが、手動っていうのは誤差が生まれやすいという話であって、早く出やすいというわけではないだろう。遅く出る可能性だってあるのだ。反論になってない。中にはスタートの合図であるピストルの音が伝わる速さなんて話を持ちだしている人もいるが、一般的な50mのタイム計測でピストルを使うケースなんて聞いたことがない。私の経験上でも体育祭などの機会以外では、スタートの合図でピストルなんて使っていない。それに野球選手や野球部の人間が50mのタイムを測るときには陸上用のトラックではないだろうし、陸上用のスパイクを履いているとも思えない。タイムが遅く出やすい要素すら存在する。いろいろな理由はあるが、50m走のタイムにおいて、野球選手が陸上の短距離の選手よりも速いとしても、私にはまったく違和感はないってこと。だって、競技として別物だから。野球選手の50mのタイムがおかしいと言っている人は、恐らくイメージで判断をしているだけなんじゃないか?と思うのですよね。つまり、イメージで物事を判断してしまうってことです。あとは100mの話をそのまま50mに応用しちゃっている時点で、考える力がないのでは?と思うのだが、そういう意見は結構散見されましたよ。

 

「野球選手の50mのタイムが陸上短距離のトップ選手のタイムよりも速かったら、9秒が出るのにこんな時間がかからないはずだ!」とか、「じゃあ、イチローが高校生の県大会でトップになれるのか?」とか、いずれも100mの話じゃないですか?50m話なのに、100mの話にすり替えている人が結構いるんですよ。無意識のうちにやっているんだろうけど、野球選手の50mのタイムをおかしいとか、いちゃもんつけている連中はこういうパターンが結構多い。50mの話なのに、100mの話に勝手に変えているんですよ。話にならないですよね。50mの枠内で議論をする能力がないわけですから、論外ですよ。ネット上でいろいろな意見を見ると、おかしいというだけで何がどうおかしいのか?を説明しているブログとかがほぼ見つからないですからね(笑)

 

それに「こんないい加減タイムを公表しているならば、陸上界に失礼」とかぬかしてる奴もいるけど、根拠も述べずに野球選手の50mタイムがおかしいと言っている奴の方がよっぽど失礼だと思いますがね。それに野球選手の50mのタイムを使って、野球選手は陸上の短距離の選手よりも足が速いなんて主張をしている人を見たことがありません。ただ、計測した事実を言っているだけで、陸上界との優劣なんて誰も述べていません。それを失礼なんて捉えるのは、思考力に問題があるのか?よほど精神がねじ曲がっているのか?のどっちかだと思いますよ。それに50m走のタイムが野球選手の方が速くない根拠なんかないわけだから、彼らが言っているのは小学生レベルの文句ですよ。文句があるならば、野球選手が50m走では陸上短距離のトップ選手には絶対に勝てない、または野球選手の50mのタイムが実際よりも速すぎるという明確な根拠を出してから言え。感情論じゃなくて、客観的な根拠を出すべきなのだ。そんなものがあるのならね(笑)私に言わせれば、すでに話したように50mと100mは必要になる能力が全く異なるのだから、競技として別物なのよ。しかし、それをほぼ同じものと考えている連中が批判をしているんだろうが、根本的に間違っているとしか言いようがない。

 

小・中学生のための足がグングン速くなる本 運動会で1等賞になれる! スポーツで活躍できる!

小・中学生のための足がグングン速くなる本 運動会で1等賞になれる! スポーツで活躍できる!

 

 

あわせて読みたい記事