就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

大阪市立と同志社はどっちが上で頭いい?偏差値やレベルの比較とイメージや知名度の違いは?

【スポンサードリンク】

大阪には大阪市立大学という非常に有名な大学があります。これは公立の大学ですけど、非常に難しいです。関西にはもっと難しい国立大学がいくつかありますけど、大阪市立大学は普通に難易度が高いでしょう。ただ、この大阪市立大学のレベルはどれくらいなのか?というのは、比較が難しいです。比較対象がないので。さすがに京都大学大阪大学よりは簡単だろうという想像はつくものの、じゃあ私立大学と比べたら?ということで、大阪市立大学同志社大学はどっちが難しいのか?ということについて考えてみたいと思います。イメージはちょっと違いますよね。私立大学の同志社の方がは中やかな雰囲気を感じます。大阪市立も同志社も頭いいと言えるはずですから、難易度は十分に高いです。ここでは大阪市立大学のレベルを同志社大学と比較して、どのくらいの難易度なのか?というのを考えてみたいと思うのです。比較対象としては多分同志社大学あたりが適切かな?と思うのです。関西では特に有名な私立大学かつ、関西で最も偏差値が高い私立大学になります。

 

大阪市立大学同志社大学はどっちが上か?

大阪市立大学は学部ごとに偏差値が異なっているのですが、まずは文系学部に関して見ておきます。大阪市立大学の文系学部の偏差値と同志社大学の文系学部を比較していきたいと思います。大阪市立大学同志社大学はどっちが上か?について、偏差値を比較するという手もありますけど、基本的には同志社大学の方が高いです。私立大学の方が偏差値は高く出やすい傾向にあるので、偏差値で比較するのがフェアという感じはしません。そうなると、比較が難しいですね。漠然とした言い方をすると、大阪市立大学同志社大学はかなりレベルは近いと思います。学部ごとによって状況は違いますけど、全体的に言えばレベルは近いと思うので、大阪市立大学同志社大学ではどっちが上か?というのは、正確な比較ができないので、ほぼ同じという言い方になると思います。受験の難易度に関して言えば、割と近いと言えますが、W合格では大阪市立を選択する人が多いと思います。それはそもそも大阪市立のような国公立大学を受験する人の場合には、そちらが第1志望のケースが多いからです。大阪市立大学同志社大学のW合格ではそうだったとしても、それで大阪市立大学の方が上になるわけではありません。あくまでも両者を併願する人はそういう選択をする可能性が高いのではないか?ということです。

 

特に理系に関しては国公立が選ばれる確率は高いです。イメージ的に設備が優れていますから。したがって、大阪市立大学同志社大学では理系学部においては大阪市立大学を選択する人の方が多い可能性があります。大阪市立大学では理学部、工学部、生命科学部、医学部がありますが、同志社大学と暮らせると設備が充実している可能性はあります。理系の人はそういったところを事前にチェックしたうえで、大阪市立大学同志社大学はどっちがいいか?の比較をして選んでいく必要がありますけど、一般的には国公立大学の方が有利となると思います。きちんと研究をしたい人にとっては設備面は重要ですから。文系の場合にはそういったところを比較する必要はあまりなく、研究設備よりはキャンパスの立地条件の方が重要という認識じゃないでしょうかね?理系は設備で場所をとるので、そもそも立地的に良いところにあるケースは少ないですし、国公立大学だと尚更です。しかし、文系学部に関しては立地的に良いところにある大学は多いです。特に私立大学に関してはその傾向があるので、今出川キャンパスの学部は特にそうですけど、同志社大学はキャンパスの立地が良い気がします。大阪市立大学の場合にはそもそも同志社大学とは都道府県が違いますが、どちらかと言えば同志社大学の方がキャンパスの立地は良いと感じられる可能性は高いと思います。キャンパスのイメージや雰囲気というのは大阪市立大学同志社大学を比較するときに絶対に関係する部分だと思います。

 

これはレベルがどっちが上か?という話ではないですけど、キャンパスの立地も大阪市立大学同志社大学ではどっちがいいか?を考えるときには重要でしょう。学費の問題もあるので、そういった点では大阪市立大学の方が有利です。ただ、同志社大学が確実に勝っている面があるとすれば、それは知名度やブランド力でしょう。関西はどうか?分かりませんけど、関東ならば確実に同志社大学の方が有名です。芸能人の出身者がクイズ番組とかに出ているので、そういった点において知名度は全国区でしょう。大阪市立大学の有名人って誰がいるのか?というと、私は1人も思いつかないのです。そういう人が多いんじゃないでしょうか?知名度が高いということは、当然ながらブランド力も高いと言えると思います。大阪市立大学同志社大学ではどっちが上か?というのは比較がしづらいですが、レベルは近い存在だと思うので、何を優先するか?の部分で選び方が変わるということです。大阪市立大学同志社大学では文学部、法学部、経済学部、商学部などが共通で、特にこういった文系学部だと悩む人が多いんじゃないでしょうか?文系も理系も頭いいと言えるでしょうし。大阪市立大学同志社大学ではどっちがいいか?というのは、結構悩む人が多いと思うんですよね。

 

大阪市立大学同志社大学では就職の有利、不利はある?

関西で言えば、この2つの大学はほぼ同格として扱われており、就職における人事の反応も一緒じゃないか?と思います。大阪市立大学同志社大学では確かに学生の雰囲気とかは異なっていると思いますから、大阪市立大学同志社大学のイメージが同じというわけではないものの、学歴のランクとしてはほぼ一緒なので、就職においてどっちがいいか?というのはあまり変わらない気はします。理系は大阪市立大学の方が良いかもしれませんが、文系はどっちも変わらない気がします。関西では間違いなく頭いいと思われるレベルの大学です。大阪市立大学同志社大学の偏差値はともに高いので、学歴としてはほぼ同ランクであり、どちらも学歴フィルターの影響はほぼないでしょう。そして、学歴によって差がつくことはほぼないと思われ、大阪市立大学同志社大学では就職においてどっちがいいか?という区別はできないと思います。一般的に言えば大阪市立大学同志社大学では知名度が違いますが、就職においては人事は大阪市立大学について詳しくみんな知ってますよ。したがって、大阪市立大学同志社大学ではどっちがいいか?について、就職を考慮する必要はほぼないということです。

 

 

あわせて読みたい記事