就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

和暦や元号はめんどうくさいから廃止してすべき?いらない、廃止してほしいという声は意外と多い?

【スポンサードリンク】

平成はそろそろ終わりを迎えますが、新たな元号は何なんだ?という期待をする声もある一方で、元号は廃止してほしいという声もあるのです。元号や和暦というのはめんどうくさいと感じている人がいるのです。私もその1人ですね。元号や和暦の存在意義が分かりません。廃止してほしいと思っています。めんどうくさいというのが主な理由だが、基本的に元号や和暦はいらないとか、めんどうくさいと感じている人の理由は大半がそういったものだと思います。「【悲報】17歳と47歳の元号に対する考え方が違いすぎると話題にwwwwwww:哲学ニュースnwk」には、17歳と47歳で元号に対する考え方が異なっているという部分が載っているのだが、ちょっと興味深い。17歳の若者の方が元号や和暦を支持しており、47歳の中年の方がいらない、廃止すべきと考えているのです。私は逆だと思ったんですけど、そうなんだ?wという感じです。

 

でも、よくよく考えてみたらこれは当然かもしれません。和暦や元号の煩雑さを良く知っているのは47歳の方でしょう。いろいろな書類を書くときに和暦で書かないといけないことは多いですから。私だと就活とか、公務員試験を受けていた時期もあるのだが、そのときに履歴書を書くときに和暦なのでめんどうくさかったです。学歴欄、職歴欄、資格欄とかは和暦で年度を書かないといけないので、そのたびに面倒だなと思っていました。17歳だと履歴書などを書く機会はほとんどないでしょう。アルバイトくらいかな?そうなると、和暦や元号の煩雑さに気付いていない可能性もある。この17歳の子が和暦や元号を残すべきとする理由は伝統とか、そういったことが理由らしいが、それが理由ならばなくなっても困らないですわな。実害はない。実際、デメリットはあっても、メリットはほとんどないと思うのですよ。強いて言うならば「日本らしさ」みたいな部分が失われるとか、よく分からない、実体のないメリットです。正直言って、そんな部分に私は一切興味がないので、どうでも良いです。

 

和暦や元号のメリットがほぼない中では、伝統だから、慣習だから、という理由しかないんですよね。だから、和暦や元号は廃止すべきという声がどうしても出てくる。マイナス面の方が明らかに大きい気がします。中には西暦を使えば良くて、和暦や元号を廃止する必要はないという声もあります。それはそうなのかもしれないけど、和暦や元号を廃止すべきとならないと、結局和暦や元号は使われますよ。エスカレーターの片側を空けたりして、そこを登ったりするのはいけないことというのは知っている人は多いはずだが、みんなやめないでしょう?それと同じだと思います。今まで当たり前だった履歴書などの和暦や元号の使用をやめることは厳しいと思います。だから、社会全体で和暦や元号の使用は慣習によって継続されるだけだと思います。すると、その煩雑さに巻き込まれる人も継続すると。和暦や元号を廃止すべきとならないと、和暦や元号がめんどうくさいという部分の被害に遭っている人を救済することは出来ないと思います。だから、和暦や元号を廃止してほしいという声は、そういった面でも共感できます。

 

上記で挙げたまとめサイトには、計算するのがめんどうさくさいという声に対して、計算すらまともにできないとか、47歳にもなっても平成何年か分からないはアウトとか、明らかないバカ丸出しの論点ずらしのコメントもあるんですけど、和暦や元号の廃止論では絶対にこういうおかしなことを言ってくる人間がいるんですよね。計算ができる、できないというよりは、明らかに西暦よりも頭に浮かびづらいことなのだから、めんどうくさいは間違いなく正しいんですよ。実際、平成に関しては、西暦の数の下2桁に12を足すだけということも言われていますが、12を足す作業が必要なのだから、2秒くらいは時間はかかりますよね。つまり、明らかに西暦よりも和暦や元号の方がめんどうくさいというのは紛れもない事実なんですよ。2秒という差であっても西暦のみを使っていれば、その2秒を節約できるのだから、明らかに得策だよねという話であり、これは素早く和暦や元号に換算ができる人であっても、生じる現象です。つまり、全員にとって和暦や元号を廃止して、西暦のみの使用を認めた方が実生活では明らかにメリットが大きいのです。そういったことを理解できない人が論点を変えて、おっさんを叩きたいだけなのか?こういうことを言うんですよ。精神年齢の程度が知れますねw「和暦や元号を廃止した方がメリットが大きい」という論点を平気で変えるわけですからね。

 

でも、実際和暦や元号は廃止すべきという声が多くなっても、廃止されないでしょう。そして、和暦や元号のめんどうくさい状況にこれからも私たちは巻き込まれていくということになります。世界の常識に従うならば、西暦のみだろうなと思います。日本人は本当に常識にうるさいくせにこういったところは、例外なのかな?と思うが、政府が対応しないだけで、実は国民の多くが和暦や元号を廃止してほしいと思っている可能性もありますけど。和暦や元号はいらないという声がどれくらいあるのか?は分からないが、結構割合は高いんじゃないかな?和暦や元号はいらないという声がかなり強くなっても、日本政府は頭が固いでしょうから、絶対に和暦や元号の廃止はしないと思います。メリットがほとんどない中で、デメリットは普通にある状態でも、政府が和暦や元号を廃止してほしいという国民の声を聞くことはまずないでしょう。そういう対応すらも日本らしさなんでしょう。

 

平成くん、さようなら

平成くん、さようなら

 

 

あわせて読みたい記事