就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

女性軽視を問題視する人たちが女性軽視をする呆れた状況にいい加減にしてくれと思う

【スポンサードリンク】

一部で盛り上がっている女性を軽視したとされている週刊SPAの記事だが、やっぱり日本人って考える力がない人が多いのかな?こんなものまで作っちゃってwww「キャンペーン · 週刊SPA: 女性を軽視した出版を取り下げて謝って下さい · Change.org

 

「ヤレる女子大生」のランキングを発表し、具体的な大学名を載せた記事に対して女性軽視とか、謎クレームが届いているらしい。ヤレるというワードに反射的に飛びつく人が多くいたんだろうが、このクレームははっきり言って支離滅裂だ。ヤレる女子大生という部分に不快感を抱いた人がいたんだろうが、不快感を抱いている時点でおかしいのよ。なぜならば、ヤレる女子大生に不快感を抱いたってことは、そのワードにマイナス要素を抱いたってことでしょう?つまり、そういう女性のことをマイナスの存在と見なしているってことなのよ。分かりやすく言えば、不埒な女性がいたとして、その人を悪く言っているのと同じなの。別の例で言えば、自分の彼女に対して、世間で不細工扱いされているような有名人に似ているよなと言ったら、絶対に彼女は不快感を示すはずなんですよ。でも、その不細工扱いされている有名人と同一視されることに不快感を示した時点で、その有名人には見られたくないという意思表示をしたのと同じですよね。つまり、その有名人には自分にとってのマイナスの要素、不快感を覚える要素が存在しており、当然ながら自分はその有名人にはなりたくないと思っているだろうし、その感情が想起している時点で、その有名人を相当侮辱しているんですよね。なりたくないなんて感情は対象を軽視しないと出てこない感情ですから。で、実際にこういう行動は多くの女性がとると思うんですよ。男性の場合も同様だろうけど。

 

ヤレる女性というのは相対的な話で言えば、恐らく現実に間違いなく存在する。そもそもお金を払えばそういった行為ができるお店はあるわけだから、そこで働いている人たちは間違いなく(相対的に)ヤレる人たちだろう。で、ヤレる人たちという扱いを受けることが不快感につながるとしたら、要はそういうお店で働いている人たちに不快感を抱いているのと同じなんですよ。そういう人たちという目で見られたくないと言っているわけだから。お店で働いている人たちだけではないです。大学生の中にも実際にいるだろうし、それは単なる趣味、嗜好の問題であって、法律の範囲内ならば人の自由なんだろうけど、それに不快感を感じている時点で、特定の人間を悪く言っているのと同じである。つまり、女性軽視なんて批判をしてはいるが、あなたちは特定の女性を軽視しているのに、それに気付かないで、こんな批判を平気でするのだ。自分たちが不快感を覚えたら、それが=悪いことだと感じる女性がたくさんいたというは分かったが、私が「女の人はハイヒールの音とかうるさいし履かないでくれる?」と言っても当然聞かないだろう。こういう批判をする時点で、都合のいい範囲でしか物事を考えないから。

 

日本人はこういうことを平気でやるんですよ。いわゆるトレードオフの概念がないということ。例えば、すごいタイムリーな話で、広島東洋カープの丸選手の人的保障で、長野選手が巨人から広島に移りましたよね。そのときに「長野って広島で言うところの誰?」みたいな5chのスレッドが立っているのをたまたま見たんですよ。そしたら、「松山」って声が結構あったのだが、そのレスに対しては「長野と松山じゃ実績が違う!長野に失礼」というレスがあったのだ。確かにタイトルを取ったことがある長野と松山の2人では、実績が違うというのはそうかもしれないが、「長野に失礼」って言葉を言った人間は気付いていないのだろう。その発言が松山選手に対して失礼に当たることを。つまり、この時点で松山選手というのは、長野選手と比べるような存在ではないと言ってしまっているからである。長野選手と比べて明らかに選手として格下であると言っているのだから、どう見ても松山選手を見くびった発言ということになる。バカだからこういう矛盾するようなことを平気で言うのだろうが、今回のケースも同様である。要するに俗に言うやりマンの女性をバカにしたも同然なのだ。

 

ヤレるというワードが女性軽視と言うならば、さっきも言ったけど、ヤレるというワードにマイナスの要素を感じていると告白したのも同然であり、ヤレる女性と思われたくないという心理があることになる。つまり、そういう女性であると思われたくないと思っている時点で、その対象であるそういう女性を軽視(侮辱)しているのも同然なのだから、結局やっていることは週刊SPAの記者と同じだよね。ということになる。しかし、当の批判者らは正義面して、署名活動までしている。呆れましたよ。頭がおかしいんじゃないか?と。確実にこの批判者は正しいことをしていると思っているのだろうが、支離滅裂なのですよ。言っていることが矛盾しまくり。女性軽視を問題視するならば、こんな抗議をすべきじゃないのですよ。実際、5chでもこの話題に関しても盛り上がっていて、男性の意見が多いわけだが、「抱かれたくない男ランキング」とかに抗議がきていないことの矛盾を指摘している人もいました。有名人だと、国分太一氏などが言及したみたいね。

 

こういう記事を書くと、女性に危害が及ぶ可能性が高まるからダメとか言っている人もいたけど、何で危害の可能性が高まるんだろうね?その因果関係がそもそもない。ヤレるというのは、そういう状況に持ち込みやすいということを言ったまでであり、それは犯罪行為などを含むという話ではないだろう。都合のいい妄想にもほどがある。それに仮に危害の可能性が高まるとしても、何でそれでSPAが悪いことになるんだ?原因を作ったということは言えるとしても、だったら包丁で人を殺した人がいたら原因を作った包丁の製造会社は謝罪でもすべきってことなんかね?不快に感じる女性がいるからダメならば、それと同じ理屈で不快に感じる男性がいる限りダメだろうの理屈がなぜか通じない、信じられない人がネットにも多く散見されるんですよ。まあ、私が見る限りでは、男性全般は、この記事に対する批判に対してあまり賛同していないみたいですね。

 

そして、冒頭で示したリンクには「こういう記事で、性犯罪に遭う女性は後を絶ちません」とか書いてあるが、何それ?wデータでもあるんすか?適当なこと言ってるんだったら、それは絶対に問題発言ですよね。名誉棄損案件だと思いますけど。本当にこういうのを見るとウザいという感情しか出てこない。因果関係が不明だし、因果関係があったとしても原因になっているだけで問題ならば、さっきも言ったように、凶器を作っている会社は毎日謝罪のオンパレードになってないとおかしいよね?まとめブログには「(この記事を批判している人は)正論が通じる相手じゃない」という指摘もあったが、本当にそのように感じています。実際、抱かれたくない男ランキングとかも今回のとあまり変わらないと思うけど、そういうのをスルーするってことは、やっぱり都合のいい範囲でしか考えない人たちなんだなと、改めてその認識が強まりました。文章からじゃ伝わりづらいと思うけど、私はこの記事書いているとき、軽くキレてますから。マジで。

 

バカとつき合うな

バカとつき合うな

 

 

あわせて読みたい記事