就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

川村学園女子大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報

【スポンサードリンク】

川村学園女子大学に関しては千葉県にある女子大で、文学部、教育学部、生活創造学部の3つの学部があります。川村学園女子大学の難易度に関しては高いとは言えないと思います。それぞれの学部の偏差値を紹介していきますけど、川村学園女子大学の偏差値は全体的に難しい感じではないです。あとは川村学園女子大学の評判なども重要なので、大学の雰囲気などもあらかじめ知ったうえで川村学園女子大学の評判として把握して、受験をしていくと良いでしょう。まずはそれぞれの学部ごとに川村学園女子大学の難易度を知っておいて、学部ごとの特色も理解しながら、受験する学部を選択していくと良いと思います。川村学園女子大学での入りやすい学部なども紹介していきたいと思います。

 

川村学園女子大学の学部ごとの偏差値は?

川村学園女子大学の偏差値に関しては学部ごとに少し差はありますけど、大きくは変わりません。最も偏差値が高いのが教育学部で、河合塾の数字で35.0~37.5となっています。そして、それ以外の文学部と生活創造学部は35.0となっているのです。だから、教育学部の偏差値がちょっと高いとはいえ、全体的にはあまり変わりません。川村学園女子大学の難易度はそういう状況なので、大学全体としては偏差値は高くはないということで覚えておいてほしいと思います。川村学園女子大学の難易度としてはそういった感じなので、入りやすい学部などはないかもしれません。川村学園女子大学の受かりやすい学部は強いて言うならば、文学部と生活創造学部かもしれませんが、言うほど偏差値は変わりませんから。それに教育学部にも35.0の学科があるので、そういった意味では川村学園女子大学の受かりやすい学部に関しては、全体的に難易度がほぼ同じなので、どこを受けてもあまり変わらない可能性があります。ただ、倍率もチェックしておいた方が良いです。川村学園女子大学の倍率というのも、大学の難易度に関する話ですから。そういった部分も含めて、川村学園女子大学の入りやすい学部を知っておくと良いかもしれません。倍率を調べると評判が高い学部とかも見えてくる可能性があります。

 

川村学園女子大学の倍率はどうなっている?

川村学園女子大学の難易度については倍率に関して知っておくと良いと思います。学部学科、入試方式ごとの倍率の傾向をチェックすることは、川村学園女子大学の偏差値とは別に難易度を把握することができるはずですから。実際、川村学園女子大学の一般入試の倍率について紹介をしていきますけど、川村学園女子大学の倍率については学部学科、入試方式ごとの差はあまりないです。川村学園女子大学では一般入試がⅠ期~Ⅳ期まであるので、入試方式は割と細分化されているのです。でも、数字としてはあまり変わらないです。したがって、倍率から川村学園女子大学の難易度はそんなに差がないと言えると思います。偏差値の差もほとんどないですから、入りやすい学部とかもないかもしれないです。川村学園女子大学の倍率に関して、具体的な数字を挙げるとおおよそ1~2倍です。1.5倍前後くらいに考えておくと良いかもしれないです。1.0倍とか、2倍以上というケースもありますが、そこまで多くはないので、川村学園女子大学の倍率としてはそういった数字を想定しておきましょう。倍率は毎年変わる可能性がありますから、そういった想定も必要です。ただ、大きな変化はないと思います。倍率に差がないということは、川村学園女子大学では受かりやすい学部はあまりないと言えると思います。学部学科ごとの特色を調べて、受けたいところを受けると良いと思います。川村学園女子大学の難易度は高いとは言えないかもしれませんが、倍率も把握しておくと良いです。

 

川村学園女子大学のセンター利用におけるボーダーラインの得点率についても知っておきましょう。一般入試では合格最低点が重要ですけど、センター利用入試ではボーダーラインの得点率が重要と言えます。ボーダーラインは毎年変動するので、参考程度に考えておいてほしいのですが、文学部に関しては国際英語が50%、史学科が44%、心理が47%、日本文化が40%となっています。教育学部に関しては、幼児教育が48%、児童教育が40%となっています。生活創造学部に関しては、生活文化が44%、観光文化が41%となっています。主に40%台なので、川村学園女子大学のセンター利用のボーダーラインを確認して、過去問で対策をしていきましょう。センター利用入試の入試科目を調べないといけませんけど、そういった科目で何%獲れるか?確認をしていきましょう。川村学園女子大学のセンター利用のボーダーラインの得点率をしっかりと確認して、センター試験の過去問を解いていきましょう。一般入試では川村学園女子大学の合格最低点が重要ですが、センター利用入試では川村学園女子大学のボーダーラインを頭に入れておきましょう。川村学園女子大学に受かりたい人はそういった入試方式もあるので、理解しておいてほしいです。

 

 

川村学園女子大学のキャンパスの立地条件の評判は?

川村学園女子大学では千葉県にある我孫子キャンパスがメインになります。ほとんどの学生がここで学び、文学部国際英語学科、観光文化学科の学生のみが目白キャンパスになります。我孫子キャンパスは最寄り駅が常磐線天王台駅で、歩いて行ける距離にキャンパスがあります。バスを使うと5分程度みたいです。キャンパスの周辺はこれといって栄えているわけではないみたいです。スーパーやコンビニはありますが。キャンパス内は割と充実しており、特に綺麗な面が際立ちます。川村学園女子大学の学生でも口コミでも綺麗な雰囲気を評価している声があります。カフェ、ラウンジ、売店、そして庭園などがある女子大らしい雰囲気で川村学園女子大学の学生の評判も良い感じです。一方で目白キャンパスは都心にあるので、立地条件は最高でしょう。最寄り駅はJR山手線の目白駅で徒歩2分です。近くには新宿や池袋などもありますし、こちらも学生の評判は良いです。周辺は閑静な住宅街なので、都心にありながらも過ごしやすい雰囲気です。そして、我孫子キャンパス同様にかなり綺麗です。だから、こちらも気に入ると思います。設備に関しては我孫子キャンパスも目白キャンパスもあまり変わらないですけど、立地条件はかなり優れていると思います。受験する学部学科によって就学キャンパスが変わるので、川村学園女子大学に受かりたい人はそこは知っておいてほしいです。それぞれのキャンパスの雰囲気を川村学園女子大学を受験する前に調べておくと良いと思います。

 

川村学園女子大学 (2019年版大学入試シリーズ)

川村学園女子大学 (2019年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事