就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

サートゥルナーリアと比較してディープが怪物級という謎の考え方

【スポンサードリンク】

競馬の話なので、興味がない人は全く面白くないと思います。あらかじめ知っておいてほしいです。2019年の日本ダービーを家のテレビで観ていましたけど、まさかの展開でしたね。正直言って、3強とは言われていたが、なんとなく荒れそうな気はしていました。距離不安の馬がいましたし、あとは当日のあの暑さは相当なもので、馬券を買いに渋谷まで行きましたけど、本当に暑かった。この猛暑で、荒れそうな雰囲気を感じていました。終わってみれば12番人気の馬が優勝ということで、日本ダービーにおいてここまでの穴馬が優勝するというのは見たことないです。勝ったロジャーバローズに関してはフロックなのか?本当にそれなりに強かったのか?秋以降分かるんじゃないですか?そんな中で、単勝1倍台のダントツ1番人気だったサートゥルナーリアはスタート前から入れ込んでおり、そのせいもあってか出遅れ、中団よりも後ろで競馬をするというまさかの展開でした。

 

最終的には追い込んできたものの、ゴール手前で足が止まって最終的には4着と。ダントツの1番人気が馬券圏内からも外れたのは衝撃的でしたけど、予想の範囲内かな?とは思います。負けたサートゥルナーリアに関しては皐月賞の前の時点では怪物という言い方もされており、確かにそれまでのパフォーマンスは素晴らしいものでしたよ。それが日本ダービーでは出遅れてしまい、敗因はこの出遅れが大きいとは思いますが。出遅れた原因は気性なのかな?と思います。ただ、最後脚がとまっていたので、スタミナもどうなんだ?という気もしないでもないですけど。暑さや入れ込みすぎという原因という可能性もあるかもしれないですけど。サートゥルナーリアを怪物扱いしていた人たちはその評価を翻した可能性もありますが。個人的には2000mだったらまだ怪物の可能性は残る気がします。2400mでも条件が変わればまた違うかもしれません。しかし、個人的に気になったのは、今回のサートゥルナーリアの敗戦を見て、「ディープインパクトなどの怪物級の馬とは違う」というコメントなのです。

 

要するに、これはディープインパクトは怪物であり、サートゥルナーリアはそのレベルには達していないということなのでしょう。さらには「ディープインパクトみたいな怪物なら、あの位置からでも勝てた」というコメントもありました。私はこういうコメントをした人の思考力がちょっとよく分からないのです。何よりもおかしいのは、ディープインパクトが怪物だったというのは、当時の話でしょう?ということです。当時というのは、2005年の話です。2005年に3歳だったディープインパクは同世代の馬と比べてずば抜けた力を発揮し、3冠を達成しました。確かに3冠馬である以上、怪物と呼んでも良いかもしれません。しかし、2005年の当時で怪物になれたディープインパクトを、なぜ2019年のレースにおいても怪物と評価するのでしょうか?2019年の日本ダービーのレースにおいて、ディープインパクトをあえて持ち出している人は、ディープの怪物級の実力ならば勝てた(少なくともサートゥルナーリアには先着できた)んじゃないか?ということを言いたいのでしょう。でも、2005年と2019年ってメンバーが違うんですよ。さらに言えば、馬場状態も違う。当時と比べて今は前残りの傾向が割とあるので、追い込み脚質のディープインパクトには不利なのでは?と思います。

 

最も大きいのはやっぱり戦っている相手が違うということです。2019年の場合はともかくとしても、少なくとも1998年はディープでも敵わないと思う。特に1998年の日本ダービースペシャルウィークがとんでもなく強い勝ち方をしているわけです。この馬に勝てたとは思えませんね。そして、菊花賞セイウンスカイが絶妙な逃げを見せて、後続を封じており、これもちょっと厳しいかな?と。つまり、私の推測ですけど、1998年にディープインパクトが3歳で存在していたら、1冠も獲れなかった可能性があり、怪物級なんて評価はされなかったでしょう。世代によって戦っている相手が違うのだから、2005年世代で怪物になれたディープインパクトがそれ以外の世代の馬と戦った時に、同じような成績を残せたか?というのは全く分かりません。つまり、2019年の今年のダービーでディープを引き合いに出している人がいるけど、2019年世代の中でディープインパクトが2005年当時と同様に怪物級でいられたか?そんなことは全く分からないのです。検証のしようがないから。だから、サートゥルナーリアよりも弱い可能性ありますよ。距離が変われば特にそうでしょう。中山の2000mとかだったら、サートゥルナーリアの方が強い可能性は割とあるんじゃ?と思う。

 

ディープインパクトの世代って、ディープ自体が抜けた存在だったというのもあるけど、それ以外で目立った馬は全然いなかったと思う。ディープ以外の馬が(他の世代の馬と比べて)弱すぎて、怪物級に見えたという可能性も残る。違う世代の馬で言えばハーツクライには負けてるし、3歳で引退してしまったキングカメハメハが5歳まで現役だったら、ディープが古馬になってから対決して負けた可能性もある。キングカメハメハ神戸新聞杯までは無茶苦茶強かったからね。ただ、たられば言ってもしょうがない。そして、ディープインパクトと2019年の世代を比較することも無意味です。怪物級という評価は同世代または前後の世代を比べたものであり、直接対戦していない世代と比べても怪物級と言えるか?は全く分からない。検証のしようがないことなので。サートゥルナーリアが怪物級に再びなるか?どうかは分からないが、日本ダービーの敗因を分析すると、今後は2000mくらいまでを使う可能性が高いのではないか?と思う。菊花賞には行かないでしょう。凱旋門賞も東京2400でスタミナ不安が露呈すると厳しすぎるし、無理だろうと思えてくる。秋は天皇賞が最大目標かな?と思います。

 

 

あわせて読みたい記事