就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

交通事故をよく起こすのは高齢者よりも若者なのに、高齢者から免許を取り上げろ!という人が後を絶たない謎

【スポンサードリンク】

>今年1月9日の朝、前橋市内で自転車に乗って学校の始業式に向かう女子高校生2人が車にはねられ、意識不明の重体となった。車を運転していたのは85歳になる男性だった。

この男性は普段から物忘れがあり、物損事故も多く、家族が運転免許の返納を勧めていた。しかし従わなかった。警察が自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで男性を逮捕したところ、「気付いたら事故を起こしていた」と供述したという。

通学途中の若い女の子が交通事故に遭い、大けがを負う。逮捕された男性の家族もつらいと思う。事故は被害者、加害者の双方が悲惨なことになる。

この数年、高齢者が加害者となる事故が目立ち、社会問題になっている。どうしたら高齢者の交通事故をなくすことができるのか。

 

高齢者の自動車事故のニュースが最近多くてうんざりなんですけど。これはだいぶ前のニュースだけど引用してみた。私は車の運転しないし、免許も持っていない。多分一生免許はとらないだろう。理由は車を運転したくないから。車が買えないわけではないが、車に憧れもないし、興味もない。そして、運転は怖い。人を殺すかもしれない恐怖を持ったまま運転なんてできない。そんな恐怖を抱えたまま運転を続けていたら、ストレスでこっちが死ぬかもしれない。私自身そういう恐怖を抱えているわけだが、普段は歩行者の側だから、轢き殺される可能性もある。私は基本的に車が嫌いだし、車を運転する人も嫌い。だから、運転もしないし、外出もあまりしない。週に2回くらいしか外出しないのは、交通事故に遭いたくないから。そのため、私は信号を絶対に守るし、横断歩道もないところではできるだけ渡らない。交通法規をガチで守ろうとしている。しかし、引用した「75歳以上は運転免許を取り上げるべきか | ニコニコニュース」の記事にあるように、交通事故は一定の割合で起きる。高齢者の事故が目立つと書かれているが、それは高齢者の事故ばかりが報道されるからだろう。別に高齢者以外が起こしている事故の方が数としては多いはずだが。そして、高齢者のこういう事故が起きると、免許返納の話題が絶対に出てくる。高齢者の免許返納は賛成する人も多いが、反対する人もいる。問題はそもそも何歳から免許返納の制度を作るべきなのか?ということにもなるが、年齢で区切るのが正しいのか?

 

事故を起こす原因はそもそも病気や身体能力の衰えだけではなく、注意が足りなかったり、ちょっとした油断も含まれる。はっきり言って、年齢関係ないと思うんですよね。年齢が関係する部分もあるというだけ。しかも、年齢に関係する部分というのも年齢に常に比例するわけじゃない。70歳の高齢者よりも、20歳の若者の方が身体能力が劣っていることはある。比較対象によってはそういうケースがあるのだ。さらには本人の性格の問題とか、明らかに事故に起因する原因は他にも存在する。でも、なぜか年齢しか注目できないのは、やっぱり日本人の頭が悪いからなのかな?どの年齢にも共通して事故を起こす原因が含まれているはずなのだが?あと、重要なのはそもそも事故を起こしやすい年齢は高齢者よりも若者だってことなんですよね。年齢別の事故発生割合のようなデータがインターネットで調べると出てくる(高齢ドライバーの事故は20代より少ない 意外と知らないデータの真実(市川衛) - 個人 - Yahoo!ニュース)のだが、そこに書いてあるデータでは事故を起こす世代の1位が10代、2位が20代、3位が80歳以上となっています。若者の方が事故を起こしやすいのですよ。このデータを見る限り、高齢者だから事故を起こしやすいとは言い難いです。さっき言ったようにマスコミの偏向報道によって形作られたイメージが大きいということなのです。そして、30代と80歳以上の事故を起こす割合は近年はほぼ同じ割合になっており、30代の人が80歳以上の人と同じくらいの割合ならば、やはり年齢が原因ではないのでは?と思えてきます。30歳以上のケースでは十分運転技術は習熟している人が多いと思うので、その段階の若い人と高齢者が同じ割合となると、高齢者だから事故を起こしやすいとか、年齢が高まると事故を起こしやすいとは言い難いということになると思います。

 

身体的な衰えなど、年齢と事故の発生には因果関係がないとは言えないかもしれないが、そういった部分を含めて、30代と80歳以上が同じくらいの割合となると、高齢者の免許返納を推進する理由がなくなります。つまり、身体的な問題で高齢者は事故を起こしやすいと言えるとしても、そういう問題が少ない30歳が同様の事故発生率が80歳以上と同じならば、身体的な問題以外の原因があるということになるのだから。若い人は別の理由で事故を起こしやすいと言えるのならば、そっちの別の理由にはなぜ注目しない?となります。80歳以上が免許返納に賛成するならば、若者も免許取り上げないと辻褄が合わないでしょう。そんなことはできないでしょうから、高齢者の免許返納は確実に矛盾が出るということです。つまり、高齢者に対して免許はく奪をしろと言われても妥当性ないでしょ?ということになります。高齢者の免許返納には説得をしている家族もいるようだけど、それもおかしいんですよね。要するに、高齢者ほど事故を起こしやすいというイメージから説得をするのだろうが、若い人の方が事故は起こしやすいのだから、説得している家族自身が若くて車を運転していたら、明らかにおかしな状況になります。データ的に言えば、あなたが先に返納すべきだということです。高齢者の免許返納は何歳から?にするのが良いのか?と言えば、高齢者だけに当てはめてもしょうがないのです。高齢者が飛びぬけて事故を起こしているというデータはないので、何歳からとかではなく、別の観点から免許返納について検討しないといけないと言えるのではないでしょうか?実際、高齢者の免許返納はデメリットが多すぎますよね。

 

今後、高齢者の割合はどんどん増えるわけで、車を使えないことの問題が山ほどある気がします。割合的に高い高齢者が車に乗れないとなれば、車を買う人が減るから生産台数が明らかに減るし、売り上げも減る。日本が誇る自動車産業は世界でも屈指なので、それが国内のみであっても、影響は大きいと言えると思います。高齢者の免許返納のデメリットは他にもあると思うのだが、高齢者だけの限定的なデメリットが多いと思う。日本全国に波及するデメリットとしては自動車産業の衰退が大きいでしょう。若い人も今は車はあまり買わないですからね。自動車産業が衰退したらどういう世の中になるのか?は想像ができないが、デメリットになる可能性はあると思います。結局、必要悪として今後も存在し続けると思います。必要悪ってのは事故を起こす人間全員であって、高齢者だけではないのだが。それに事故を起こす原因は先にも述べたように、集中力や注意力の部分が関係しており、それが=年齢に比例して落ちていくとは限らない。高齢者は事故を起こしやすいと思い、若いときよりも集中して運転をする人もいるかもしれないし、逆に若い人は油断して注意散漫みたいなケースもあるかもしれない。

 

つまり、特定の能力の欠如が事故の原因であって、それは年齢と比例的な関係性を見出せるとは限らない。高齢者の免許返納は何歳から?というのは意味がないということ。年齢は相関関係であって、因果関係ではないのだから。能力の欠如を理由に免許をはく奪しろならまだ分かるが、年齢を理由に免許を剥奪しろという考え方はどう見ても意味不明としかならないですよ。高齢者がよく事故を起こすから(データ上はそれも間違いなのだが)、高齢者から免許を剥奪しろってのは、犯罪者にはお米を食べる人が多いから、お米を食べる人は全員逮捕しろみたいな無茶苦茶な理屈ですよ。重要なのは運転能力の欠如や低下であり、加齢が1つの原因かもしれないが、すでに話したように若い人は油断をするかもしれないし、そもそも運転技術が相対的に未熟だろうし、そういった部分も運転能力の欠如や低下と一緒なので、年齢関係ないって話になるのです。

 

能力の欠如を理由に免許を剥奪する制度にすれば、注意散漫で運転しているような事故を起こしやすい若者が見過ぎされて、事故を起こす可能性が低いくらいに全神経を集中させて注意しながら運転している高齢者が排除されるみたいな理不尽な状況はなくなります。それに注意力とかだけじゃなくて、病気とかの部分でも排除できるわけだから、フィルターとしてはこっちの方が絶対に良いと思いますけど。つまり、事故を起こしやすい直接の因果関係を免許はく奪の基準にすればいいのですよ。しかし、そんなことをすると、若者で免許を剥奪されてしまいかねない人たちが大量に出てくる可能性がある。実際、若者の方が事故を起こしやすいデータがあるわけだから、若者の中からも免許を剥奪される人間は大量に出てくるでしょう。それが嫌だから、年齢を基準にして、自分には関係ない高齢者から剥奪しろと主張するのかな?とも思えてくる。しかし、少なくとも年齢を基準にすると、剥奪する必要性が低い人が巻き込まれて、剥奪する必要性が高い人が放置されるというおかしな状況は避けられるのだから、反対する正当な理由は私は見出せませんが。若者から大量に免許はく奪者が出たとしても、こっちの方が明らかに正義だと思いますがね。

 

1回でうかる! 普通免許ポイント攻略問題集 (NAGAOKA運転免許シリーズ)

1回でうかる! 普通免許ポイント攻略問題集 (NAGAOKA運転免許シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事