就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

専修大学国際コミュニケーション学部の偏差値や難易度は?倍率や評判と何を学ぶのか?について

【スポンサードリンク】

専修大学の神田キャンパスがついに潤ってくる時代になってきました。専修大学と言えば、メインキャンパスは生田で、神奈川県川崎市にあります。神田キャンパスでは法学部のみが学んでいたのですが、2020年度から新学部が神田キャンパスに誕生し、それに加えて商学部もいずれ移転をするということになっています。神田キャンパスに新しくできるのは国際コミュニケーション学部になります。日本語学科と異文化コミュニケーション学科があり、今風の学部だなという印象も強いです。そんな部分の詳細が「国際コミュニケーション学部が新たに誕生します | 専修大学」のページに載っています。

 

>言語・文化・歴史等の多彩な科目と多くの海外体験を通して真の国際性を養成。“国際化の進む日本で”“日本から海外に向かって”という2方向でのグローバル化が進展する現在に、確かな国際理解をふまえて立ち向かえる人材を育てます。学びの場は神田キャンパス。同キャンパスで学ぶ法学部・商学部と連携した科目も用意され、より視野を広げることができます。

 

日本語学科

日本語の持つ様々な特徴や性質に、学問的・理論的観点からアプローチします。また、国内外で増え続ける日本語教育等のニーズにこたえ、学ぶ側と教える側の両視点から日本語習得のプロセスを理解し、日本語を科学的に分析する手法も修得します。日本語のエキスパートとして、グローバル社会で活躍できる人材を育みます。

 

異文化コミュニケーション学科

多彩な言語を学びつつ、全員が留学を体験。世界の地域や文化への知識を深め、幅広いコミュニケーション力をつけることで、貿易や観光、運輸、マスコミ、国際関係機関など国際的コミュニケーション力を必要とする様々な分野で活躍できる人材をめざします。

 

専修大学国際コミュニケーション学部の偏差値は?

神田キャンパスという都心に近い場所にあって、国際分野に強くなれる人間を育てるという意識があるのでしょう。この専修大学国際コミュニケーション学部の偏差値はどのくらいになるのか?注目です。河合塾の偏差値では、日本語学科、異文化コミュニケーション学科いずれもA日程という、最も募集人数が多いと思われる入試方式で55.0となっています。この数字は専修大学の中では真ん中か、ちょい上くらいです。日東駒専は今はかなり難化しており、数年前まではMARCHレベルに受かっていた受験生がニッコマレベルになってしまうような現象が起きています。専修大学も全体的に偏差値が上がっており、57.5を記録している学部学科もあるので、MARCH下位レベルに匹敵するケースもあるのです。専修大学国際コミュニケーション学部の難易度に関しては、そのレベルではないですけど、偏差値で言えば成蹊、成城、明治学院の下位レベルくらいはあります。つまり、もはや日東駒専の難易度が上がりまくっている中で、専修大学国際コミュニケーション学部のレベルもかなり高いことが予想されるのです。

 

専修大学国際コミュニケーション学部の倍率も高いでしょう。安全志向が高まっている中では、1人の受験生が大量に受験校を用意する傾向にあるので、MARCHや日東駒専大東亜帝国の倍率は全体的に毎年どんどん上がってきています。したがって、専修大学国際コミュニケーション学部の倍率においても5~10倍くらいは想定しておいた方が良いでしょう。入試方式によっても倍率は異なりますけど、キャンパスの立地や人気になりやすそうな学部の系統ということを踏まえると、倍率は高いと思います。ここを受験する人は専修大学国際コミュニケーション学部の入試科目など、基本的な情報をしっかりと調べておきましょう。専修大学国際コミュニケーション学部で何を学ぶのか?という点も重要ですが、入試に関する情報も特に重要です。偏差値は高くなると思われますし、すでに話したように日東駒専は近年ものすごく難化しているので、ライバルに勝つためには、情報をしっかりと理解して、受験勉強に生かす必要があります。専修大学国際コミュニケーション学部の入試科目は発表になる時期を見計らって調べていくことが重要なのです。

 

専修大学国際コミュニケーション学部は人気学部となる?

専修大学国際コミュニケーション学部の学ぶ内容やどんな勉強をするのか?に関しては、ちょっと漠然としている部分はあるものの、「国際」とつく学部はたいていどの大学でも人気になりやすいです。そして、難易度が高くなる傾向にあります。将来的には専修大学国際コミュニケーション学部は同大学の中で最も難しい学部になる可能性を秘めており、偏差値が相対的に他学部よりも低い今は狙い目とも言えるかもしれません。青学の国際政治経済、明治の国際日本、明治学院の国際、関学の国際学部などはいずれもそれぞれの大学の中で1,2位を争う偏差値になっています。したがって、専修大学国際コミュニケーション学部の偏差値も相当上がる可能性はあると思います。将来的にはMARCH下位レベルに匹敵するところに行くかもしれないです。やっぱり神田キャンパスという強みがありますから。都心で学べるというのは専修大学国際コミュニケーション学部の難易度にも関係してきますし、評判にもつながります。キャンパスの立地条件によって大学の評判や人気は変わってくるというのが近年の傾向なので、専修大学国際コミュニケーション学部の評判も高くなり、人気学部となることは言えるのでしょう。

 

具体的な評判としては、実際に学生が入学してそこで学ぶ人がある程度増えないといけないので、具体的な専修大学国際コミュニケーション学部の評判がどうなっているのか?というのは、数年経ってみないと分からないものの、ある程度の学ぶ内容は調べられますし、専修大学国際コミュニケーション学部でどんな勉強をするのか?もなんとなくは想像できると思うので、あとはそれ自体がどう身になって、今後の生きるのか?という部分です。入試科目とか、偏差値などのレベルの部分も重要ですけど、専修大学国際コミュニケーション学部の評判として、入学後のことも詳しく知っておくことが重要になるので、そういう点も大学に直接問い合わせてみる、ホームページをチェックするなど最低限のことはやっておくと良いです。専修大学国際コミュニケーション学部に興味がある人は学部のレベルとか、入学後の詳細について調べたうえで、勉強をして受験していきましょう。

 

【コミック版】大学選びをはじめからていねいに (東進ブックス 大学受験 TOSHIN COMICS)

【コミック版】大学選びをはじめからていねいに (東進ブックス 大学受験 TOSHIN COMICS)

 

 

あわせて読みたい記事