就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

神戸女子大学と摂神追桃はどっちがレベル高い?頭いい?イメージや雰囲気の違いと就職などの比較

【スポンサードリンク】

神戸女子大学と言えば関西では名門の女子大の1つになると思います。神戸女子大学に入りたいと思っている人もいると思いますけど、神戸女子大学のレベルはどれくらいなのか?というのは知っておくと良いのではないでしょうか?神戸女子大学は関西では知名度は高いと思いますけど、どれくらいのレベルなのか?頭いいのか?などは気になると思います。比較対象としては関西なので、産近甲龍(京都産業、近畿、甲南、龍谷)ですかね?関関同立のレベルには明らかに達していない気がします。したがって、神戸女子大学産近甲龍はどっちが上なのか?について考えてみたいと思います。神戸女子大学の正確なレベルを把握するためにそういったことを事前に知っておくと良いでしょう。神戸女子大学は難しい女子大に入るかもしれませんが、最高でも産近甲龍のレベルだと思うのです。

 

神戸女子大学産近甲龍はどっちが上か?

神戸女子大学は学部ごとにちょっと状況が異なっています。河合塾の偏差値を見ると、下は40.0、上は55.0くらいとなっています。したがって、相当差がありますけど、文系に関しては50.0くらいかな?と思います。すると、この数字は産近甲龍の下位レベルにギリギリ相当するかな?って感じです。そういった意味では、神戸女子大学は頭いいと言えるレベルか?は微妙かもしれませんけど、関西の女子大という括りでは上の方なので、神戸女子大学は頭いいというイメージはあるのではないか?と思います。産近甲龍も近年は難しくなってきているのです。合格者削減がかなり激しいので、倍率が上昇し、合格最低点も上がってきているので。十分に難関大学と言えるのではないか?というイメージもあります。したがって、神戸女子大学産近甲龍はどっちが上か?というと、産近甲龍になりますけど、割と近いかもしれないです。神戸女子大学産近甲龍の比較で言うと、どっちが人気なのか?は分からないですけど、間違いなく併願は多いと思います。甲南大学とかは雰囲気が近いと思うので、近畿大学はちょっと難しいのであれですけど、難易度としては甲南大学京都産業大学神戸大学に近いかな?と思います。だから、併願する人は多くいると思います。そして、特に甲南大学神戸女子大学の雰囲気に似ていると思うので、神戸にキャンパスがありますから、そういった意味でも人気でしょう。

 

神戸女子大学産近甲龍の比較ではイメージや雰囲気もしていきたいところですけど、まずはそういったところが異なっています。で、神戸女子大学摂神追桃(摂南、神戸学院追手門学院桃山学院)はどっちが上なのか?についてもついでなので見ておきましょう。摂神追桃の偏差値の平均は恐らく40弱~40台後半くらいまでです。したがって、神戸女子大学の偏差値とかぶるところもありますけど、全体で言えば神戸女子大学の方が上だと思います。神戸女子大学摂神追桃はどっちが上か?という点については、神戸女子大学の方がレベルは高いと言えると思います。関西の有名私大と比べてもそん色ないわけですから、神戸女子大学は頭いいと言えるのではないでしょうか?評価していいと思います。神戸女子大学産近甲龍の比較においては産近甲龍の方が上と言えると思いますけど、神戸女子大学摂神追桃では、神戸女子大学の方がレベルは高い状況です。女子学生はこういったところを併願するケースも多いと思いますけど、どういったレベルの違いがあるのか?はなんとなく把握しておくと良いです。そして、産近甲龍摂神追桃を併願するときには、両方のイメージや雰囲気なども知っておきたいところです。大きく違うのは女子大か?共学か?というところですけど、キャンパスの立地なども違いますから。キャンパスの立地については、大阪だったり、京都だったり、兵庫だったりとそれぞれで大きく違うので、そこでイメージや雰囲気の違いが生まれます。

 

神戸女子大学産近甲龍摂神追桃のイメージや雰囲気の違い

神戸女子大学は女子大なので、明らかに産近甲龍摂神追桃とは雰囲気は違いますし、イメージも異なっているでしょう。学生数の違いというのがまず大きいかもしれませんね。当然ながら、神戸女子大学の方が学生数は少ないです。逆に産近甲龍摂神追桃に関しては学生数はかなり多いので、より賑やかに感じられると思います。逆に神戸女子大学は落ち着いた雰囲気が特徴ということが言えます。女子大と共学の雰囲気は違いますから。そういったところは理解しておいてほしいです。神戸女子大学と違って、産近甲龍摂神追桃は大規模大学のところが多いですから、そこは重要ですし、あとはスポーツで活躍しているところが多いです。特に産近甲龍はスポーツで有名な大学が多いです。そういった特徴はやはり共学ならではです。神戸女子大学がスポーツで有名になることはあまりないと思いますが、そういうイメージを気にしない人が多いと思うので、神戸女子大学産近甲龍摂神追桃との比較ではどうでも良いという人もいそうですね。ただ、すでに話したように神戸女子大学は神戸にキャンパスがあって、それ以外は大阪や京都にキャンパスがあったりするので、どちらかというと都会的なのは大阪や京都かもしれません。

 

神戸女子大学のイメージや雰囲気としては神戸ということでオシャレなイメージがありますが、都会的なのは摂神追桃ということになると思います。ちなみに就職に関してはどうか?というと、それぞれ強みが違います。OBやOGが多いのは摂神追桃になりますし、知名度自体もこちらでしょう。ただ、女子大は就職サポートが相対的に手厚くなることが多いです。学生の数が少ないために、就職課の人間が使える1人あたりの時間が多くなり、結果的に面接対策などもしっかりと面倒を見てもらうことができます。また、女子大は一般職の求人が来るので、これが共学の大学との違いになります。したがって、女子大は結構就職に有利なのです。就職において、神戸女子大学摂神追桃はどっちがいいか?というのは難しいです。大学のレベルはそんなに変わりませんから、頭がいいと言えるか?は人によって違うものの、こういった部分で比較をしていくというのも重要でしょう。神戸女子大学のレベルは摂神追桃とはそこまで違いがないと思いますから、実際に大学を見学したりして、そのうえで決めると良いと思うのです。

 

【コミック版】大学選びをはじめからていねいに (東進ブックス 大学受験 TOSHIN COMICS)

【コミック版】大学選びをはじめからていねいに (東進ブックス 大学受験 TOSHIN COMICS)

 

 

あわせて読みたい記事