就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

明治学院と國學院はどっちが上で頭いい?偏差値やレベルとイメージや雰囲気の違いは?

【スポンサードリンク】

明治学院大学國學院大學というと、結構レベルが近いイメージを持っている人も多いと思います。明治学院大学國學院大學は一応同じ大学群としてくくられることが多く、レベルはほとんど変わらないとされています。しかし、現実はどうなのか?明治学院大学國學院大學の難易度はほぼ一緒と言えるのか?また、明治学院大学國學院大學の違いはどんなところにあるのか?について知っておくと良いと思うのです。どちらも難関大学に近いレベルで、かなり難しいと言えると思います。頭いいという雰囲気はそんなにないかもしれませんが、私大難化が続けば、明治学院大学國學院大學もそのうち頭いいという印象が芽生えてきやすいと思います。私大難化の中で、両者の偏差値はともに上がってきていますから。河合塾の個別日程の偏差値を使って、明治学院大学國學院大學はどっちが上なのか?という部分をまず説明していきたいと思います。

 

明治学院大学國學院大學の学部別の偏差値は?

明治学院大学國學院大學のレベルをそれぞれ確認していきますけど、まずは文学部になります。文学部は國學院大學の看板学部となっていますが、明治学院が55.0~57.5、國學院大學が52.5~60.0となっています。どちらかと言えば、國學院大學の文学部の方が偏差値の幅が広いです。つまり、かなりレベルに差があるということになります。でも、これを見ると、文学部に関しては差がありません。したがって、明治学院大学國學院大學の文学部の比較で言えば、どっちが上とかはほぼないでしょう。学科次第です。次は法学部になりますが、明治学院大学國學院大學の法学部に関しては、明治学院が52.5~57.5で、國學院が55.0~60.0となっています。なんと文学部よりも法学部の方が偏差値が高くなっているのが國學院大學なのです。そして、法学部に関しては明治学院大学國學院大學では差があります。同レベルではないです。法学部に関しては、明治学院大学國學院大學ではレベルに差があり、國學院の方が上と言えそうです。

 

そして、経済学部ですが、明治学院の経済学部が57.5~60.0とかなり高いです。國學院の経済学部は57.5~60.0となっており、明治学院大学國學院大學の経済学部の比較に関してはほぼ同じと言えるのです。どちらも非常に高いレベルで、MARCH下位レベルくらいありますから、本当に難易度が高いと言えるのです。明治学院大学國學院大學の学部ごとの難易度の比較ではこういったところになります。國學院大學の学部はあまり多くないので、明治学院大学と被っているところはそんなにありません。文学部、法学部、経済学部で比較をすると、明治学院大学國學院大學はどっちが上か?というのは、そんなに差はないと思います。というか、ほぼ同じです。あとは明治学院大学は心理学部と国際学部の2つの偏差値が高く、そういったところを含めると明治学院大学の方が上と言えるとは思いますが。特定の学部同士での比較で言えば、どっちが上か?というのは差はないと思います。私大難化の中で、どちらも頭いいという印象が強くなってきています。以前のレベルとはかなり違いますから。あとは明治学院大学國學院大學のそれぞれのイメージなどを検討していきたいと思います。

 

明治学院大学國學院大學のイメージや雰囲気の違いは?

明治学院大学國學院大學の2つの大学はレベルは近いですけど、イメージは同じではないでしょう。レベルが近い分、頭がいいとか、そういった意味でのイメージは同じような感じかな?とは思いますけど。明治学院大学キリスト教系の大学、國學院大學神道の大学ですから、雰囲気は違います。どっちがいいとは言えませんが、それぞれの雰囲気に関しては、好みの面があると思うので、そういった面を知っておきましょう。ただ、違いと言ってもキャンパス内の雰囲気の違いはすでに話したようなキリスト教系か、神道か、という違い部分のみであり、明らかにここが違うとはいいがたいです。学部の数が違うので、それぞれの学生の数が異なり、どちらかと言えば明治学院大学の方が賑やかかもしれませんが、明治学院大学は白金キャンパスではなく、横浜キャンパスに通う学生も多くいるので、そこまでキャンパス内の学生数の違いもなさそうです。渋谷はそんなに広い土地がとれないので、明治学院大学のキャンパスの方が一般的には広いはずです。あとはこれは偏見も入るかもしれませんが、明治学院大学の学生の方がキラキラしたような雰囲気を感じやすい可能性があります。そういった面が違いとして考えられます。

 

明治学院大学國學院大學では就職の差はあるのか?

学生本人の頑張りが重要なので、就職率とか、就職実績などを単純比較してもしょうがないです。一般的には同じレベルの大学であるがゆえに、企業がこの2つでそんなに差をつけることは考えづらいです。つまり、明治学院大学國學院大學の場合、どっちが有利か?と言えば、大学名で差が生まれるとはほぼ思えません。だから、あとは本人の頑張り次第です。MARCHには届いていないものの、一般的には準難関大学という位置づけだと思いますし、明治学院大学國學院大學の学生は頭いいというイメージの人事も結構いるのではないでしょうか?だから、大企業が狙えるラインにはいるでしょう。ただ、就職は本人がなんとかしないといけないもので、面接などの人物試験がどれだけ得意か?これに尽きます。面接が苦手な人は東大でも厳しいですよ。企業からすれば東大のコミュ障よりもFランの饒舌な人間の方がマシだと思うでしょうから。だから、就職は大学名が良いに越したことはないかもしれないが、面接などの人物試験ができなかればどうしようもないと思っておきましょう。明治学院大学國學院大學の就職においては差はないと思いますが、どちらの大学に入っても、それ以外の大学に入学しても、人物試験への適性がないとどうしようもないのです。

 

【コミック版】大学選びをはじめからていねいに (東進ブックス 大学受験 TOSHIN COMICS)

【コミック版】大学選びをはじめからていねいに (東進ブックス 大学受験 TOSHIN COMICS)

 

 

あわせて読みたい記事