就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

阪南大学の偏差値や難易度と倍率は?合格最低点や評判、キャンパスの雰囲気は?

【スポンサードリンク】

阪南大学というと、関西ではそれなりの規模を誇る大学です。関関同立産近甲龍ほど大きくはないものの、5つの学部を持つ大学となっています。阪南大学の難易度は必ずしも高いとは思えませんが、阪南大学の偏差値やレベルはそれぞれごとに異なっているので、そういったところをチェックしましょう。後は学部や入試方式ごとの倍率も重要です。また、阪南大学の評判というのが重要なので、大学の雰囲気などを阪南大学の学生の口コミから理解しておくということも重要になります。阪南大学の評判も含めて、大学の特徴を理解しておくと良いのではないか?と思います。まずは学部ごとの難易度をチェックしていきましょう。

 

阪南大学の学部ごとの偏差値はどれくらい?

阪南大学というのは5つの学部がありますが、偏差値それ自体はものすごい差はありません。河合塾の偏差値で言えば、最も高いのは経営情報学部で45.0~47.5です。次は流通学部で40.0~42.5です。次が経済学部で37.5~42.5で、最後が国際コミュニケーション学部と国際観光学部が37.5~40.0で同じとなっているのです。阪南大学の難易度は学部ごと、そして入試方式ごとに異なりますから知っておきましょう。1番低い学部、入試方式と1番高いところを比べると結構差はあるかもしれませんが、1番難しい学部でも偏差値は50はありません。学部単位の偏差値で言えばこんな感じです。阪南大学では偏差値に差があるので、入りやすい学部というのも一応存在しています。受かりやすい学部としては、偏差値を基準にするならば国際コミュニケーション学部か、国際観光学部になります。そういったところが阪南大学で入りやすい学部になっています。阪南大学の受かりやすい学部を狙って受けるということもできますけど、それぞれの学部ごとに特徴が異なっているので、そういった面を把握したうえで受けてほしいです。

 

阪南大学の倍率や合格最低点は?

阪南大学の難易度として重要なのは偏差値だけではないのです。阪南大学の倍率についても重要な入試データとして把握しておきましょう。阪南大学の倍率に関しては、一般入試は前期2教科、前期3教科、そして後期入試の3つの入試方式があります。学部ごとに結構傾向が出ています。まず前期2教科と3教科に関しては学部ごとに違いはありますが、この2つの間ではあまり差はないです。同じ学部ならば前期2教科も3教科もほぼ同じ倍率です。国際コミュニケーション学部、国際観光学部、経済学部に関しては5~6倍くらいです。そして、流通学部と経営情報学部は8~9倍くらいです。したがって、普通に倍率は高いです。後期入試に関してはどうなっているのか?というと、国際コミュニケーション学部、国際観光学部、経済学部、経営情報学部は8~9倍くらいです。流通学部に関しては過去には20倍以上の倍率を記録したことがあるので、今後要注意です。後期入試の倍率に関してはこういう感じです。阪南大学の偏差値とは違って、倍率はかなり高い傾向があります。

 

阪南大学の合格最低点というのも重要です。合格最低点は阪南大学の対策をする際のボーダーラインの数字と言えます。阪南大学の対策をする際には合格最低点をもとにやっていくことになりますから、ちゃんと理解しておきましょう。阪南大学の合格最低点に関しては学部ごとに違いはあまりなく、入試方式が同じであればだいたい同じような数字になっています。ボーダーラインとしての数字なので、阪南大学の対策をしていくときには意識してほしいですが、毎年変動が少なからずあるので、そこは覚えておいてほしいです。阪南大学の合格最低点に関して、前期2教科は200点満点中140~150点程度です。前期3教科については300点満点中210点前後となっています。後期入試は150~160点程度となっているので、阪南大学の合格最低点はそういった傾向があります。阪南大学の対策をするときにはこういうボーダーラインを意識してやっていきましょう。入試科目に関しても学部ごと、入試方式ごとに調べておくと良いです。阪南大学の偏差値などを含めた難易度について調べたら、最後に阪南大学のキャンパスの評判も理解しておきましょう。

 

阪南大学のキャンパスの立地条件の評判は?

阪南大学のキャンパスは3つありますが、そのうち本キャンパスでほぼ全員が学びます。国際観光学部の学生のみ別のキャンパスを使うことになっているようです。ただ、国際観光学部が使う南キャンパスは本キャンパスから徒歩圏内なので、かなり近いです。したがって、ここでは本キャンパスの立地条件や雰囲気などを紹介していきます。阪南大学の本キャンパスは近鉄南大阪線河内天美駅から徒歩10分となっています。本キャンパスはかなり敷地面積は広そうで、キャンパス全体や建物自体が綺麗です。阪南大学のキャンパスの雰囲気としては気に入る人が多いと思います。実際、学生の口コミでもそういった部分は言われています。最寄駅から近いという点に関しても、評判は高くなっているのです。設備としては食堂がやや狭いらしくて、混んでいる時間帯は座れないこともあるという口コミがあります。ただ、建物の中も綺麗と言われており、カフェテリアなどもあるみたいです。ただ、キャンパスの周りは住宅街の雰囲気が強いみたいで、あまり充実しているような面はないかもしれません。飲食店はあるようですが。こういったところが阪南大学のキャンパスの評判で、簡単に紹介してみましたが、実際の雰囲気を味わいたいならば、オープンキャンパスなどに行ってみると良いと思います。阪南大学のキャンパスの特徴について知っておきましょう。

 

阪南大学 (2020年版大学入試シリーズ)

阪南大学 (2020年版大学入試シリーズ)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 教学社
  • 発売日: 2019/08/09
  • メディア: 単行本
 

 

あわせて読みたい記事