就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

拓殖大学の偏差値や難易度は?倍率や合格最低点、入りやすい学部は?

拓殖大学は毎年正月になると箱根駅伝の本選に出場することが多く、それによって大学名を知っている人は多くいると思います。偏差値がそこまで高いという状況ではないものの、受験する人は多くいると思われます。拓殖大学の難易度は以前よりは高くはなってきているものの、そこまですごい難しいという感じではありません。拓殖大学の難易度については学部ごとに知っておいた方が良いでしょう。学部別に偏差値が異なっていますから、そこを理解しておいてほしいです。河合塾の偏差値を参考にすると、ある程度の難易度が把握できるのではないでしょうか?

 

拓殖大学の学部ごとの偏差値は?

拓殖大学の学部ごとの偏差値を紹介していきますが、学部ごとの差はあまりないです。理系がちょっと低いかな?くらいです。国際学部と外国語学部が45.0であり、政経学部が47.5です。そして、商学部は45.0~50.0であり、学科ごと、入試方式ごとに偏差値が微妙に違っていると言えます。国際ビジネス学科が最も簡単で、会計学科の2月入試と経営学科が難しいです。文系はそういった状況です。理系に関しては工学部しかありません。工学部の偏差値は37.5~47.5とかなり幅があります。工学部の場合には学科が多いですから、それによって偏差値がかなり細分化されている状況なのです。工学部では電子システム工学科が低くて、情報工学科がが高いです。理系に関しては学部は1つしかありませんが、文系はいくつか選択肢があります。その中で入りやすい学部があるとしたら、商学部の国際ビジネス学科、国際学部、外国語学部あたりでしょうか?そこまで偏差値に差はないので、拓殖大学で入りやすい学部と言っても微妙な感じでありますけど。

 

拓殖大学で入りやすい学部があるとしたらそういったところです。ただ、それぞれ学ぶ分野にかなり違いがあるので、拓殖大学で受かりやすい学部を受けるのも良いですけど、それぞれの学ぶ内容はしっかりと理解しておきましょう。そういった感じで、拓殖大学の偏差値を理解しておきましょう。学部ごとの難易度はそこまで大きくはなく、文系学部に関してはとびぬけて難しい学部はないです。拓殖大学に入りたい人はそういった情報をまずは頭に入れておいてほしいですが、さらには倍率などもチェックする必要があります。拓殖大学の倍率というのも難易度に関係しますから。倍率は変動がある場合も考えられますけど、拓殖大学の難易度をはかるためには欠かせないので、傾向だけでも把握しておいてほしいと思います。近年は私大難化の傾向が顕著であり、首都圏の私立大学はどこも倍率が高くなってきています。

 

拓殖大学の倍率はどうなっている?

拓殖大学の一般入試の倍率について解説していきますが、拓殖大学では全国統一試験と2月試験のA、B、C日程がそれぞれあります。この中で倍率が高いのは全国統一試験です。とはいっても、2月試験との倍率の差はさほどありません。全国統一試験の倍率は3~4倍程度です。そして、2月試験の倍率はいずれの日程でも2~3倍程度です。だから、拓殖大学の倍率に関してはそれほど高いわけではないですけど、低いとも言い難い数字でしょうか?これは全体の傾向なので、一部の学部学科などでは例外もありますし、今後同じような倍率になっていくとも限りません。私大難化の傾向の中では、拓殖大学に関しても偏差値がやや上がっており、倍率も上がっているので、今後もそれがさらに進む可能性があるのです。拓殖大学の場合には中堅大学くらいの扱いだと思いますけど、箱根駅伝などで知名度が上がり、さらに難易度が上昇していく可能性があります。一部の学部は割と都心で学ぶことができるので、拓殖大学のキャンパス事情を鑑みると、人気が上がる余地は大いにあるのです。だから、今後は偏差値のみではなくて、倍率も要チェックと言えると思います。

 

あとは拓殖大学の合格最低点なども重要です。合格最低点に関しては対策をするときに必要で、過去問を解くときには拓殖大学の合格最低点があった方が良いです。拓殖大学に入りたいと思っている人はそういった情報も必要ですが、もちろん合格最低点も毎年変動するので、そのことは知っておきましょう。学部学科、入試方式ごとに傾向が違うので、「拓殖大学/合格最低点|大学受験パスナビ:旺文社」をチェックしてもらうのが1番良いと思います。拓殖大学の合格最低点についてはそういった点が重要です。ボーダーラインとも言える数字ですから。過去問を解いて、拓殖大学の対策をしてほしいですけど、合格最低点は恐らく素点じゃないと思いますから、そこは考慮しておいてほしいです。だから、リンク先に載っているのは正確なボーダーラインではないということなのです。素点じゃないということは、実際の合格最低点は載っているものよりさらに高い数字である可能性もあるということなのです。拓殖大学の合格最低点についてはそういうことも頭に入れておきましょう。拓殖大学の難易度はどれくらいか?倍率はどうなっているのか?などはしっかりとチェックして、拓殖大学について理解をしたうえで、対策をしていくと良いと思います。

 

拓殖大学の大学案内が無料で請求できる!

拓殖大学に入りたい人、受験するかもしれないと考えている人はスタディサプリ進路から資料請求ができることを知っておくと良いと思います。ここで請求可能な資料というのは、拓殖大学の入試情報や学生生活に関する大学案内となっているのです。入試情報に関しては、拓殖大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などについて詳しくまとめられています。そして、過去の入試結果から拓殖大学の倍率や合格最低点も載っているでしょう。したがって、かなり貴重な資料と言えるのです。また、学生生活の情報に関しては、拓殖大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気か?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?に関して、学部学科ごとに詳しく説明されていると思います。これを読めば、自分が拓殖大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで知らなかった魅力も感じ取れる可能性があります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「拓殖大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページに移ります。そこに氏名や住所などを入力して送信すると、自宅に届くのです。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

拓殖大学 (2020年版大学入試シリーズ)

拓殖大学 (2020年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事