就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

国税専門官の面接で聞かれることや足きりの割合、志望動機や自己PRの考え方は?圧迫面接はある?

国税専門官という職業は国家専門職の中でも結構人気と言え、かなり難しい試験であると言えるでしょう。国税専門官の面接対策は筆記試験の対策をしているときからやっていくと良いと思いますが、特に重要なのは志望動機や自己PRでしょう。国税専門官の面接では足きりがあるとされているため、そのことも考えないといけませんけど、やはり中心となるのは志望動機や自己PRなので、そういった部分に関して特に面接対策を頑張ってほしいのです。いろいろな点が重要ではありますけど、特に国税専門官の面接対策ではまずは足きりの回避という点を念頭に置いてほしいです。そして、国税専門官の面接で聞かれることについておさらいをしていきましょう。

 

国税専門官の面接では足きりを回避することは難しくない?

国税専門官の面接では足きりがあるとされていて、これは評価の中でDとEをとってしまったときにあると言われています。評価基準に関しては何とも言えないものの、D以下の評価で足きりを食らう可能性は低いとされています。ただ、されているというだけなので、何とも言えません。というのも、D以下の人がほとんどいないのであれば、足きりにならないからです。足きりというのは、多すぎる人数を絞るために行うので、一定割合を落とさないといけません。つまり、基準がDだろうが、それ以外だろうが、足きりがあるということは、実際にその基準に該当する受験生がある程度は出てくるという見込みがあるはずなのです。足きりの割合は公表されていないものの、ある程度の割合で足きりが存在していないと意味がないので、国税専門官の足きりの割合は最低でも2割くらいはあるのではないか?と思います。そうであれば、国税専門官の面接で足きりを食らう可能性が低いとしても、滅多にないと言えるほどではないということでしょう。面接が得意、不得意という差も関係あると思いますけど、面接が得意じゃないと自負している人は余計に足きりの心配をすべきです。面接の難易度が高いとは言えないかもしれませんし、国税専門官の面接で足きりを回避する難易度も難しくないかもしれませんが、絶対に油断はできないのと言えます。

 

国税専門官では圧迫面接がある!?

国税専門官の面接では圧迫面接がくるということも言われています。これは全員ではないものの、その可能性は想定しておくべきです。これは国税専門官だけじゃなくて、他の公務員試験の面接でも同じですが、圧迫面接は現実にあり得ます。住民らに対応する可能性がある職種に関しては圧迫面接が考えられますし、納税者への対応やクレームへの処理などをしないといけない国税専門官においても圧迫面接の必要性は存在しているのです。だから、圧迫面接への対応のマニュアルなどはしっかり読んでおいた方が良いと思います。

 

国税専門官の面接で聞かれることは?

国税専門官の面接ではどんなことを聞かれるのか?聞かれる質問に関しては志望動機や自己PRは当然と言えますが、それ以外が問題です。国税専門官の面接で聞かれることに関しては、代表的なのは「税務署に来たことがあるか?」です。税務署に来たことがないとしても、それほど不利にはならないかもしれませんが、熱意があるならば、志望度が高いならば税務署に来たことはあるのではないか?と考える面接官がいるかもしれません。確定申告でもしない限りはなかなか来る機会ないですし、大学生くらいの年齢ならばその必要性はかなり低いので、普通に考えたら来たことない人が多いでしょうけど、最寄りのところにあえて行ってみるというのも手です。そして、さらに重要なのが「ストレスを解消する方法は何かあるか?」というものです。これは志望動機、自己PR以外でほぼ確実に聞かれるであろう質問です。納税者などの対応というのは圧迫面接を必要とするほどの状況であり、多くの職員はストレスを溜めることが普通なのです。つまり、溜まったストレスを解消する術がないと、業務に支障が出るということが考えられます。だからこそ、国税専門官の面接で聞かれることとしてはこれが代表になるのです。国税専門官は休日をはさみつつ、連日勤務をするので、週に1回しかできないとか、そういうストレス解消法は望ましくありません。例えば旅行に行くなど、たまにしかできないことだと評価が落ちるでしょう。理想は家に帰ればできることです。お酒を飲む、ゲームをする、映画のDVDやBlue-rayを見る、ネットサーフィンをするなどです。家に帰りさえすれば、やろうと思えばいつでもできることを候補として考えていくと良いです。

 

国税専門官の面接での志望動機や自己PRの考え方は?

国税専門官の面接で聞かれることとしては志望動機や自己PRが有名ですけど、国税専門官の面接での聞かれる質問で最も対策すべきなのはそこです。志望動機や自己PRが聞かれないということは通常考えづらいです。稀に国税専門官の面接で志望動機や自己PRが聞かれないということがあるかもしれませんけど、滅多にないと思っておきましょう。自己PRと志望動機の考え方に関しては簡単です。自己PRをまず完成させて、その自己PRがあるから志望するという流れにすると良いと思います。国税専門官の仕事内容に関して詳しくまず調べましょう。そのうえで自分が持っている力が生きる部分を探すのです。国税専門官の仕事内容のうち、自分の特性がここならば生かすことができるという部分を見つけて、それを自己PRにすればいいのです。

 

そして、志望動機に関しては、基本的に国税専門官になりたい理由として捉えるべきではありません。なりたいのはそもそもわかっています。採用試験を受けているのだから、それは十分に伝わっています。国税専門官の面接の志望動機で重要なのは、自分が国税専門官になるべき理由です。面接官はどんな人材を採用しようとしているのか?一言で言えば、国税専門官に向いている人、国税専門官として採用すれば仕事をきちんとこなしてくれる人です。したがって、自己PRの内容がそのまま志望動機になります。国税専門官に向いている部分を自己PRで話すわけですけど、それは自分が国税専門官に向いている理由を話すわけです。そして、向いている理由があるからこそ、自分が国税専門官になれば、税務署や国の役に立つことができると言えるのです。志望動機ではそういった内容とともに、自分が国税専門官に鳴ったら、こういったことをしていきたい、こういうことで役に立って行きたいということも話しておくと良いと思います。国税専門官の面接で聞かれることはいろいろとありますが、志望動機や自己PRは特に重要なので、足きりを食らわないように、しっかりと国税専門官の面接対策をしてほしいです。

 

9割受かる鈴木俊士の公務員試験「面接」の完全攻略法

9割受かる鈴木俊士の公務員試験「面接」の完全攻略法

 

 

あわせて読みたい記事