就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

明治学院と東洋のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の違いと就職の比較

明治学院大学東洋大学というのは併願する人も結構いる組み合わせかもしれないです。大学のランクとしては必ずしも同じではないものの、近年はほとんど同じようなレベルになっています。特に東洋大学の難易度の伸びは著しく、頭いいイメージがどんどん定着していっているかもしれません。明治学院大学はMARCHの下として、ある程度は頭いいイメージが今まであったと思いますけど。東洋大学の場合には文系だけでも結構いろいろな学部があるもの、主要学部に関しては明治学院大学と同じような偏差値やレベルになりつつあります。難易度がすごい近いので、明治学院大学東洋大学を併願する人もいれば、明治学院大学東洋大学はどっちがいいのか?と、迷う人も出てくるのではないか?と思うのです。共通する学部もそれなりに多いため、明治学院大学東洋大学はどっちが上なのか?学部ごとに比較をしていきたいと思います。あとはイメージや雰囲気がどのように違うのか?という部分もチェックしていきたいと思うのです。

 

明治学院大学東洋大学の学部ごとの難易度の比較

明治学院大学東洋大学はどっちが上なのか?偏差値をチェックすれば分かりやすいです。河合塾の個別日程の難易度を比較していきますけど、明治学院大学東洋大学は割とレベルは近いと思います。実際に偏差値をチェックするとそれが分かりやすいです。共通する学部で言えば、例えば文学部はどうなっているのか?というと、明治学院大学は55.0~57.5で、東洋大学が52.5~60.0です。学科や入試方式が多様なので、東洋大学の偏差値はかなり幅があります。この状況だと、全体的には同じくらいの数字かな?と思います。法学部に関しては、明治学院大学が52.5~57.5で、東洋大学が55.0~57.5です。法学部については東洋大学の方が難しいと思います。経済学部に関しては、明治学院大学が57.5~60.0で、東洋大学が52.5~60.0となっていますから、明治学院大学の方が高いでしょう。後は社会学部の比較になりますけど、明治学院大学が57.5~60.0で、東洋大学が52.5~60.0なので、これも明治学院大学の方が高いですかね?

 

講師て共通する学部を比較してみると、全体的にはかなり近いです。明治学院大学東洋大学ではどっちが上か?というと、明治学院大学の方が上な気はします。ここでは出していませんが、国際学部や心理学部の難易度が特に高いです。だから、そういったところも含めると、明治学院大学の方が確実に上ということになると思います。しかし、東洋大学の偏差値は以前よりもかなり上がっており、明治学院大学と比較をしていいレベルになってきていると思うのです。ともに60.0がといくつかありますから、子の難易度は明治学院大学としては想像できるとしても、東洋大学としてはなかなか想像できない数字でした、近年は関東の私立大学は全体的に偏差値が上がっていますけど、特に顕著なのは東洋大学で、本当に日東駒専のレベルではないです。両者とも難易度がかなり上がり、明治学院大学のみならず、東洋大学も頭いい印象を持つ人が増えたでしょう。こうやって偏差値やレベルの比較をすると、それが分かりやすいです。ただ、明治学院大学東洋大学ではどっちがいいか?というと、多くの人は明治学院大学を選ぶのではないか?と思います。それはそっちの方が難しいというイメージがまだあるからです。大学のレベル自体は非常に近くなっていますけど、明治学院大学東洋大学の比較では前者の方がまだ人気じゃないか?と思うのです。

 

明治学院大学東洋大学のイメージや雰囲気の違いは?

明治学院大学東洋大学は偏差値やレベルの面では違いがあまりないですが、大学のイメージなどは違いがあると言えます。雰囲気がどのように違っているのか?を知っておきましょう。オープンキャンパスなどを利用するのが良いと思いますけど、全体として言えることは、東洋大学はかなり学生が多いです。白山キャンパスに関しては主要学部(文学部、法学部、経済学部、経営学部、社会学部など)の学生のみが就学しているものの、それでもかなり多いです。明治学院大学のメインキャンパスである白金キャンパスは国際学部や心理学部を除く3,4年生のみなので、相対的に学生数が少なく、静かな雰囲気を感じられると思います。横浜キャンパスの方が相対的に賑やかかもしれないです。どっちかというと、明治学院大学は小規模で、東洋大学は大規模なので、雰囲気では明らかな違いがあります。そして、明治学院大学キリスト教系のイメージで、女子学生が多いという印象もあります。逆に東洋大学はスポーツなどでも話題性があり、男子学生の方が多いイメージです。人によって感じ方に違いはありますけど、明治学院大学東洋大学のイメージや雰囲気の比較ではそういう違いはあると思います。

 

明治学院大学東洋大学では就職に違いはある?

就職実績などはそれぞれの大学で比較をすると良いですけど、人事としての評価に違いはあるのか?という点が重要です。これに関しては、日東駒専に属する東洋大学成成明学に属する明治学院大学では人事の印象に差がある可能性はあります。例えば、学歴フィルターとかは機械的にやるので、MARCHはMARCHとして括られてしまい、早慶レベルに匹敵する立教大学経営学部などはMARCHとして扱われるでしょう。つまり、東洋大学明治学院大学と同じようなレベルであったとしても、日東駒専のイメージが強ければ、東洋大学明治学院大学よりも下に見られるということです。今後、日東駒専から東洋大学が抜けた存在であると、世間で一般的になれば別ですが、日東駒専という大学群自体がずっと残ったままだと、東洋大学日東駒専レベルと見なされてしまうのでしょう。人事によるということも言えますけど、明治学院大学東洋大学ではどっちがいいか?というと、就職のことを考えたときには、明治学院大学の方が良いと言える余地はあります。しかし、東洋大学はOB、OGが特に多く、その点ではメリットがあるので、一概にどっちがいいか?というのは難しいです。レベル的には明治学院大学の方が上というイメージは多くが持っていると思うので、そっちの方がリスクは小さいかもしれないです。就職では明治学院大学東洋大学はっどっちがいいか?は難しいですが、明治学院大学の方がおすすめと言えるのではないでしょうか?

 

明治学院大学の大学案内が無料で請求できる!

明治学院大学に入りたい人、受験するかもしれないと考えている人はスタディサプリ進路から資料請求ができることを知っておくと良いと思います。東洋大学に関しては有料のようですが、明治学院大学は無料で取り寄せることができます。ここで請求可能な資料というのは明治学院大学の大学案内で、入試情報や学生生活について特に満載となっています。入試情報に関しては、明治学院大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などについて詳しくまとめられています。そして、過去の入試結果から明治学院大学の倍率や合格最低点に関しても載っているでしょう。したがって、かなり貴重な資料と言えるのです。また、学生生活の情報に関しては、明治学院大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気か?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?に関して、学部学科ごとに詳しく説明されていると思います。これを読めば、自分が明治学院大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで知らなかった魅力も発見できる可能性があります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「明治学院大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページに移ります。そこに氏名や住所などを入力して送信すると、自宅に届きます。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

 

あわせて読みたい記事