就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

都庁の教養試験の足きりのボーダーラインは何割?何点?6割や7割では足りない?捨て科目はOK?

【スポンサードリンク】

東京都庁は都心で働くことができて、都の行政にかかわることができるという部分から非常に人気の仕事です。地方公務員の中でも人気の試験なので、都庁で働きたいと思っている人はしっかりと対策をして、本番に臨まないといけません。都庁に受かるには筆記試験の教養試験と論文試験をクリアしないといけないのですが、都庁の場合には足きりがあるとされています。足きりの数字というのは毎年変わるようですが、教養試験のボーダーラインはほぼこの足きりと言ってもいいくらいです。都庁の教養試験の足きりが何割か?というのは非常に気になりますよね。何割とれれば確実ということはないものの、何割とれればまず大丈夫という目安は存在します。そのボーダーラインが何点か?というのが気になると思います。都庁の教養試験の合格ラインについては、結構高いレベルが求められる年もあるので、しっかりと対策をしていきましょう。

 

・都庁の教養試験の足きりのボーダーラインは何点か?

都庁の教養試験における足きりのボーダーラインというのは毎年変動が割とあるのです。例えば、平成30年は22点、平成27年は30点という予想がありました。足きりの確実な合格ラインを知ることは不可能ですが、予備校などが出している数字なので、ある程度は信用ができると思います。つまり、都庁の教養試験の足きりは何点か?というと6~7割ということです。平均が6割から7割なので、都庁の教養試験でのボーダーラインは何点か?と言えば、それが1つの回答になります。難しい年とそうじゃない年に分かれるので、どうしても都庁の教養試験の足きりのボーダーラインには違いがあります。7割5分必要な年もあれば、5割強くらいで大丈夫な年もあるので、これは受けてみないと予想ができませんし、受験生の得点状況の集計をしないと予測も出せないとのです。都庁の筆記は何割とればいいのか?に関しては、結構差があるので、都庁の筆記試験の合格ラインとしては事前の予測はほぼできないということは知っておきましょう。ただ、どんなに高くても30点を超えることは滅多にないので、事前の過去問とかでそのくらいの点数がとれていれば、心配は少ないと思いますが。

 

都庁の教養試験の問題の難易度それ自体は一般的に言えば高くはないです。ちゃんと対策をすれば、都庁の教養試験の足きりの最低ラインである6割は可能でしょう。ただ、7割以上とるとなると、難易度は一気に上がる場合もあります。公務員試験の中ではやさしい方だと思います。ただ、対策をしないと合格ラインを超えることはまず不可能で、時間をちゃんとかけて丁寧に対策をすれば、都庁の教養試験の足きりのボーダーラインを超えることはできる可能性は高いと思います。問題の難易度は最初は難しく感じるかもしれませんが、過去問と同じような問題が出るので、ちゃんと対策の時間をとれば、問題はないのではないでしょうか?ボーダーラインを超えること自体はちゃんと戦略をとることで可能となるでしょう。都庁の場合にはボーダーラインが30点付近になる年もあるので、7割以上必要な年もあるという意味では、捨て科目は作らない方が良いとは思いますけど、捨て科目は都庁でも作っても良い気がします。問題数が少ない科目であれば、捨て科目の影響は小さいです。数的処理に関しては特定のジャンルの問題を捨てるくらいで、全体的に捨てるというのは厳しいですけど、一部だったらありでしょう。ただ、都庁の教養試験では捨て科目はできるだけ作らないで対策をするということを考えましょう。

 

都庁の教養試験の対策では、ボーダーラインを意識しながらやっていく必要があるということです。都庁の教養の足きりにならない合格ラインの点数をとるために、捨て科目なども計算していきましょう。あとは時間配分というのも重要なのです。都庁で筆記落ちする人の原因としては、ボーダーラインに届いていないということが言えますけど、時間が足りないという人もいるのです。慣れれば問題ない人が多いですが、数的処理が苦手だと、時間ととられてしまい、時間内に全問解き終わらないということがあります。数的処理が苦手な人ほど、都庁の教養試験の時間配分をしっかりと考えておきましょう。都庁の筆記試験は時間配分がかなり重要なので、そういった部分は筆記試験の合格ラインを超えるために重要です。過去問で対策をするときにはそういった点をちゃんと頭に入れておきましょう。

 

公務員試験というのはどの試験種においても、過去問をしっかりとやり込むことで、徐々に点数は上がっていきます。地方公務員の試験種に関しては、地方上級を除いては問題のレベルはそこまで高くはないと思います。だから、都庁の教養試験のレベルも割と標準的であり、簡単な方に入るかもしれないです。専門記述や小論文は置いておいて、教養試験の難易度に関してはそこまでではないと思いますから、時間をかけて対策をするということを覚えておきましょう。都庁の教養試験のボーダーラインは何割か?何点とればいいのか?に関してはいろいろな考え方がありますけど、例年の平均ということで言えば6割くらいとれれば可能性はあるということです。7割以上とれればかなりの確率で大丈夫じゃないか?と思われます。都庁の教養試験は何点以上を目指すというよりは、1点でも多くという意識が必要でしょう。都庁の教養試験の対策は早めにやっておきましょう。他の試験種の対策もあると思うので、対策は大変だとは思いますけど、都庁で働くという夢を持っている人は、まずは筆記試験のボーダーラインを越えられるように、足きりに遭わないように対策をちゃんとやってほしいと思うのです。

 

 

あわせて読みたい記事