就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

同性婚にかかわる憲法24条の「両性」を「男女」と解釈する頭の悪い人たち

同性婚などの話題では、憲法24条の話が出てくることが多い。この24条には「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立」といった文言があり、これによって憲法同性婚を禁止している、認めていないと解釈する人がいる。しかし、それはないだろう(笑)と思う。そもそもそんなことを言う人間は、「憲法が何か?」というものを知らないのではないか?と思うのです。憲法は端的に言えば、国家権力を制限するものです。そこに書かれているのは国民の利益の保護であり、当然憲法に婚姻のことが書かれているということは、これだって国民の権利を保護するための規定だろう。婚姻の自由は、婚姻を決めるのは当事者であり、国が関与するものではないということを謳ったものであるはずだ。そう解釈すれば、確かにこれは国民の権利保護となっており、憲法としての機能を果たしている。しかし、同性婚を認めないという解釈を含めてしまうと、これは国民の一部の婚姻を国が制限することを許容している状況と言えます。そうなれば、それは憲法じゃないのです。法律になってしまう。

 

つまり、憲法同性婚を禁止している、認めていないという解釈は、日本国憲法とされているものが憲法でないという前提に立たないと成立しない。だって、国民の権利を制限する性質になってしまうのだから。それは憲法ではなくて法律だ。そもそも「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立」の「両性」を「男女」と解釈する人間は相当バカだと思うのです。なぜこのバカどもは文字通り読んでしまうんだ?(笑)文字通り読むと、今言ったことが起きるわけです。憲法が国民の権利を制限するという、ありえない事態を招くのです。ここでいう「両性」は確実に「当事者」と解釈するのが妥当だ。なぜならば、憲法にある婚姻の自由の規定は、国家が関与しないという点が重要なのであり、言い換えれば当事者の意思のみで成立するという点に重点が置かれていると解される。ってことは、男女に限る必要がない。男女に限ると憲法憲法じゃなくなる。男女に限らないと解釈すれば、憲法憲法として国民の権利保護の役割を果たす。さあ、どっちが正しいと思う?(笑)

 

だから、同性婚を認めていない法律が存在するのであれば、それは確実に違憲と判断するのが妥当だと思う。そうしないとつじつまが合わないのです。それに一部の政治家どもは同性婚が認められない理由として、「憲法同性婚を想定していなかった」ということを述べたことがあるみたいだが、想定していなかったことはこの論点に関して一切関係ない。想定していなかったのは事実かもしれないが、憲法に婚姻の自由の規定が載ったいきさつを分析すれば、同性婚を制定当時に想定していなかったとしても、「両性」は当事者を意味するのだから、同性婚が認められないことにはならない。両性を当事者ではなく、男女を解釈すると憲法は法律の性質に変わるから、この解釈はあり得ない。

 

さらに言えば、仮に両性を男女を解釈するとしても、それは憲法同性婚は保障されていないを意味するにとどまる。保障されていないって何か?っていうと、保障されている状態の否定だ。例えば、婚姻の自由が憲法上になければ、結婚に関して国が口出ししていいということになる。しかし、口出しを絶対にしないといけないわけではない。これは口出しが許されるにとどまる。つまり、保障されていないとはそういうことだ。同性婚憲法上保障されていないとは、無条件に認められるわけではない=認められるケースがあってもよいとなる。だから、同性婚を阻んでもいいけど、そのときの妥当な理由はあるのか?という点が問題になる。「想定していなかった」は当然理由にならない。「想定していなかった」は、憲法同性婚を保障していない理由であり、保障していない中で阻んでもいい理由ではないからだ。

 

私としてはやはり「両性」を男女と解釈することの問題をもっとクローズアップすべきだと思います。同じ考えの人もいるみたいけど。両性は当事者あって、男女ではない。男女と解釈すると、憲法が国民の権利を制限するという、日本国憲法憲法ではないという状況を生みだす。憲法憲法ではないという解釈を許すのです。日本ではそもそも国民の三大義務なんてものが憲法に載っているのだが、これも実際は批判はありますよ。ただ、結局憲法は国民を拘束しないので、憲法に書いてあるからを理由に、例えば税金を納めない人が逮捕されたりはしません。納税にかかわる法律に違反した場合に、納税義務がある人がその義務を履行しない場合などで逮捕されるのです。だから、結局、憲法同性婚を認めない状況が違憲であることの根拠にはなっても、同性婚を認めない状況の正当性の根拠になんかなり得ないのです。何度も言うが、後者の根拠になるとしたら、それは憲法が国民の権利を制限することになるから。憲法を遵守するのは国家であり、国民ではない。同性婚が認められていない日本って、国にかかわる人たちの中に随分頭の悪い人たちが多くいるんですなあ(笑)という感想しかないです。憲法が国民の権利を制限する状況を正しいと思ってしまう、頭のおかしな連中が国の仕組みを作ってるんだなと思えば、憲法制定当時に同性婚を想定できなかったことも十分に頷けますよ。

 

憲法とは何か (岩波新書)

憲法とは何か (岩波新書)

 

 

あわせて読みたい記事