就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

東京理科と明治大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

東京理科大学明治大学は比較される存在にあるでしょうか?どちらも非常にレベルが高い私立大学です。理科大は理系で評判が高い状況ですけど、明治大学も理系では割と評価されています。東京理科大学明治大学はともに頭いいというイメージが一般的にあるでしょう。したがって、東京理科大学明治大学はどっちがいいか?で悩む人もいると思います。偏差値やレベルを比較すると、東京理科大学明治大学はどっちが上か?という部分は徐々に見えてくるとは思いますが、どっちがいいか?を決める際にはそれ以外の面も考慮しないといけません。ただ、まずは難易度の違いを知ることが大切と言えるため、東京理科大学明治大学の偏差値やレベルを比較していきましょう。今回は理系学部と経営学部のみを比較していきたいと思います。

 

東京理科大学明治大学の学部ごとの偏差値の違いは?

東京理科大学明治大学はどっちが上か?どちらがレベルが高いのか?というのは気になる人が多いと思います。どっちが頭いいか?を決めるのは難しいですが、実際の偏差値を学部ごとに比較していきたいと思います。河合塾の個別日程の偏差値を参考にしていきます。東京理科大学明治大学の場合には理工系の学部と経営学部のみの比較になります。まず東京理科大学の理学部は57.5~62.5、工学部は57.5~62.5、理工学部は55.0~62.5となっています。明治大学理工学部は57.5~62.5です。したがって、ほとんど同じような偏差値です。そして、東京理科大学経営学部は57.5~62.5で、明治大学経営学部は62.5~65.0となっており、経営学部に関しては明治大学の方が高いです。ただ、理系メインの大学にしては東京理科大学経営学部の偏差値も結構高い気もしますが。理工系の学部に関しては、東京理科大学明治大学はどっちが上か?というと、同じくらいです。しかし、経営学部に関しては明治大学の方が難易度は高いです。

 

そういう意味では、理系の受験生に関しては難易度で言えば、東京理科大学明治大学はどっちを選んでもそんなに変わらないかもしれないです。しかし、文系の受験生に関しては差があるということです。東京理科大学明治大学の偏差値やレベルを比較すると、こういう状況ということです。東京理科大学明治大学はどっちがいいか?では、単純に偏差値やレベルの違いを見てもしょうがないです。どちらも有名大学で、頭いいイメージがあるところなので、ブランド力は十分でしょうけど、イメージや雰囲気の面では違いがあるはずですから。東京理科大学明治大学のキャンパスライフはどうなのか?という点に関して知っておきましょう。特にキャンパスがどこにあるのか?は重要です。東京理科大学に関しては、学部学科ごとにキャンパスが割と分かれているので、そこに関しても知っておきましょう。東京理科大学明治大学のイメージや雰囲気の違いを理解したうえで、どっちがいいか?を検討するのもおすすめです。

 

東京理科大学明治大学のイメージや雰囲気の違いは?

東京理科大学明治大学ではキャンパスの立地条件に違いがあります。東京理科大学は神楽坂、葛飾、千葉県の野田などで、学部ごとに違います。明治大学駿河台、和泉、中野、生田にあり、理系は中野か、生田です。経営学部は和泉と駿河台です。東京理科大学は理系であるにもかかわらず、割と都心に近い環境で学べる点が特徴であり、明治大学と共通点があります。したがって、場所が違うので、それぞれでイメージや雰囲気には違いがありますが、どっちを選んでも楽しそうな光景が浮かびます。学部ごとに違いがあるため、東京理科大学明治大学ではどの学部がどのキャンパスか?調べておきましょう。案外は雰囲気は似ているかもしれません。ただ、東京理科大学経営学部に関しては、理学部や工学部の一部学科と同じような場所にあります。したがって、周りは理系の人間が多いです。明治大学経営学部は基本的に周りには文系しかいませんから、どこで雰囲気の違いは感じやすいかもしれません。東京理科大学明治大学では難易度の違いのみならず、こういった面も考慮して、どっちがいいか?を考えていくと良いと思います。

 

東京理科大学明治大学では就職に違いはある?

東京理科大学明治大学はともに偏差値やレベルが非常に高い、頭いいと世間一般dねは思われる大学です。理系分野では割と評価が高い両大学ですが、就職における評価で違いはあるのでしょうか?東京理科大学明治大学に関して難易度は大きな違いはありません。ただ、場合によっては東京理科大学早慶上智と同じ扱いになることがあります。明治大学はMARCHが一般的なので、そこで格差が生まれる可能性があるのです。東京理科大学も学部によって格差はありますけど、大雑把に評価すれば早慶上智レベルとされることがあるので、就職では東京理科大学明治大学はどっちがいいか?と言えば、東京理科大学の方が有利かもしれないです。実際は企業ごとに評価は異なると思いますけど、東理科大学の評価が明治大学より下になる子とは、理系に関しては考えづらいです。文系については明治大学の方が基本的には上か、同じくらいかだと思います。少なからず就職においての評価には違いが出る可能性があるので、東京理科大学明治大学の難易度の実際の違いのみならず、就職においても想像しておくことが必要だと言えると思うのです。

 

大学選びをはじめからていねいに【改訂版】 (東進ブックス 大学受験)

大学選びをはじめからていねいに【改訂版】 (東進ブックス 大学受験)

 

 

あわせて読みたい記事