就職しないで、ブロガーになった人のBlog

就職して雇われてお金を稼ぐという従来の働き方にとらわれない、未来の生き方を模索していきましょう。

津田塾大と日本女子のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違いは?

津田塾大学日本女子大学はどっちが上か?なんとなくのイメージだと津田塾大学かもしれません。私立の女子大の中ではトップに君臨してきたイメージが強いですから。実際、今でも津田塾大学の偏差値はそれなりにありますけど、津田塾大学が私立の女子大のトップか?というと、微妙です。やはり日本女子大学の存在が大きいと思います。津田塾大学日本女子大学の偏差値やレベルを比較すると、どっちが上か?は判断しやすいので、その難易度の面を見ていきましょう。女子大の中では頭いいと言える2校なので、どっちも難しいとは思いますが。また、津田塾大学日本女子大学のイメージや雰囲気の違いも調べたうえで、どっちがいいか?を考えると良いと思います。

 

津田塾大学日本女子大学の学部ごとの偏差値の違い

津田塾大学日本女子大学の難易度の違いを見ていきますが、河合塾の個別日程の偏差値を参考にしていきます。とはいっても、共通学部がほぼないのです。それぞれ微妙に学部名が異なっており、ジャンルが違う状況となっているので、比較は難しいですが、近いところを見ていきます。津田塾大学の学芸学部と日本女子大学の文学部は1番近いかな?と思います。津田塾大学の学芸学部は50.0~57.5で、日本女子大学の文学部は55.0~57.5です。つまり、日本女子大学の方がレベルは高い状況です。ただ、津田塾大学の学芸学部は理系も入っているので、日本女子大学の理学部も見ていきましょう。理学部の偏差値は50.0~55.0となっています。意外と高いなと思えるでしょう。こういった学部で比較すると、津田塾大学日本女子大学のレベルの差はほぼないと言えます。

 

それ以外だと、津田塾大学総合政策学部があり、こちらは60.0です。したがって、かなり難易度が高い状況です。日本女子大学で最も難しい学部は家政学部と言え、ここは52.5~62.5となっています。それなりにいい勝負かもしれません。こうして見ると、津田塾大学日本女子大学は偏差値やレベルの差はあまりないです。1990年代くらいまでは津田塾大学は女子大の中では抜けた存在であり、一時期は早慶に近い存在だったとされています。しかし、現在はMARCHレベルも怪しいと言え、日本女子大学と難易度の差はありません。津田塾大学の難易度は以前と比べて明らかに落ちてきています。日本女子大学に関しては以前よりは上がった面もあるでしょう。今後どうなるか?は微妙ですけど、津田塾大学日本女子大学はどっちが上か?というと、現状では同じくらいという評価になります。有名な女子大なので、どちらも頭いいという印象はあるはずですが、優劣はほとんど存在しないと思っておきましょう。後はそれぞれの大学のイメージや雰囲気の違いを認識してほしいです。特にキャンパスライフを送るうえで必要な部分については、しっかりと頭に入れておきましょう。

 

津田塾大学日本女子大学のイメージや雰囲気の違いは?

津田塾大学日本女子大学では、それぞれ学部の数が違うので、大学の規模に差があります。日本女子大学の方がやや大きいと言え、そこはまず大きな違いでしょう。それ以外ではキャンパスの立地条件に違いがあります。津田塾大学は東京都小平市に本部があり、日本女子大学は東京都文京区に本部があります。それぞれ小平と目白にキャンパスがあるため、基本的には津田塾大学は郊外、日本女子大学は都心に近い状況と言えるのです。津田塾大学総合政策学部千駄ヶ谷にキャンパスがあり、日本女子大学は神奈川県川崎市の西生田にキャンパスがあり、人間社会学部の学生はここに通います。ただ、メインキャンパスを比較すると、津田塾大学日本女子大学では郊外と都心という違いがあるため、そこは覚えておきましょう。どっちがいいか?は人によって違いますけど、キャンパスライフの雰囲気では明らかな差があります。だから、大学ごと、学部ごとにキャンパスの違いを理解しておくことは大切です。それぞれの大学の難易度などを比較しながらも、こういった部分でイメージや雰囲気を比較しておくといいと思うのです。

 

津田塾大学日本女子大学では就職に違いはある?

津田塾大学日本女子大学ではどっちがいいか?については偏差値やレベル、イメージや雰囲気のみではなく、就職についても知っておくと良いでしょう。津田塾大学日本女子大学では就職において、どっちが有利か?というと、以前であれば津田塾大学だったでしょうけど、現在ではほとんど差はない可能性があります。ただ、以前のイメージが人事の頭に残っている可能性もあり、仮にそうであれば津田塾大学の方が有利になる可能性があります。ただ、そこまで大きな差にはなるとは思えませんが。どちらも有名女子大で、偏差値やレベルは上位ですし、人事にとっても頭いいイメージがあるでしょう。就活では評価される大学と言えると思います。だから、どちらかと言えば津田塾の方が良いのかもしれませんが、絶対にそっちが良いとは思いません。津田塾大学日本女子大学の就職を考慮すると、どっちも同じくらいの評価になる気がします。

 

大学選びをはじめからていねいに【改訂版】 (東進ブックス 大学受験)

大学選びをはじめからていねいに【改訂版】 (東進ブックス 大学受験)

 

 

あわせて読みたい記事